スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浮き島を考える

12月21日

あー、すんごくよく寝れたー、この部屋このベッド。
一応4:50amくらいに日の出を見るために目覚ましセットしてたんけど、スヌーズ3回くらい鳴らしたあげく、ベッドから出ることも出来ず、なんとか起き上がって窓を見たら、白かったから多分朝もやかなー・・、と思ってすぐあきらめて寝た

8時半くらいにやっとちゃんと起きたよ。

なんかさ、昨日の夜がもう夢みたい・・・
また今夜もここに泊まったら、あの夜がやってくるのかなぁ。確かめるためにももう1泊したいけど、2泊してる時間はないのだ・・・


朝ごはんは10時でお願いしたから、それまで朝のお散歩。
あーーー、ほんっっとに気持ちいいーーー!!なんて贅沢
RIMG3297.jpg


また広場に行って、行きかう人をぼーっと見てた。
既婚の男の人は、みんな腰にコカの葉っぱが入った小さなバッグをつけてて、挨拶代わりにそのコカの葉っぱを交換して噛む、っていうのを昨日ガイドさんから聞いてたんだけど、おぉーーーほんとに交換してるしてる・・・!
RIMG3272.jpg


昨日に比べたら商店もまだ閉まってるとこ多いし、人も少なかったけど、みんな何してるわけでもなく広場にいたり、小さな声でしゃべるとことか、やっぱりミステリアスだなぁ。。



朝ごはんは何ものってないシンプルなパンケーキ。今日も窓から湖を見ながらいただいた。
素朴で美味しい。ごちそうさまでした。
]RIMG3307.jpg




帰りの船は12時に船着き場に集合って言われてたから、家族とお別れ。
また、3年後、5年後に子供を連れて戻ってきてね、って言ってくれた。
日本語を知りたがってたから、あいさつとかを日本語とスペイン語で書いた紙を渡したら、とってもよろこんでくれた。
タキーレ島、来て、そして1泊して、ほんとによかった・・・
RIMG3310.jpg




港に着いたら、船は12時半発だ、って言われてちょっと待つ。
ちょっと時間あったけど、リマに住んでるっていうペルー人旅行者のおばちゃんが、コカの葉っぱをプレゼントしてくれたりして、そこまではよかったの。
でも、12時半になっても、全然ツアーの他の参加者が戻ってこなくて、イライラしだす
あたし達、今日プーノの郵便局から日本に荷物を送りたかったから、郵便局が閉まるまでにプーノに着きたくて、あせってたの。
結局出発は12時45分くらい。





そして、ウロス島に寄る。
RIMG3325.jpg

チチカカ湖を有名にしてるのが、このウロス島をはじめとする、浮き島。
RIMG3321.jpg

あたしも一回この草で出来た浮き島に乗ってみたくて、ウロス島が入ってるツアーを選んだんだけど、これがねぇ・・・・。




うちらの船を待ち構えてたように、島民が集まってきて、ガイドの説明に合わせて、浮き島の作り方を実演して見せたり、各自の家に連れってて、民族衣装を着せてくれたり、写真まで撮ってくれたり。
RIMG3334.jpg

その後はおみやげを「カッテクダサーイ」って日本語で勧めてきたり、観光客の国の言葉で歌を歌ったり。
RIMG3339.jpg



あー、最悪だよこれ・・・
全然同じ目線じゃない。これじゃあ奴隷か、動物園の動物みたいじゃないか!


自分がこの島に生まれてたら、って思うとぞっとする。。
タキーレ島との違いは一体どうだ?
観光客が来なくなったら、島民の暮らしは一気に成り立たなくなって、浮き島はなくなるよ。まったく依存してるから。
お金をちらつかせてこういう生き方を提案したのはこちら側かもしれないけど、それまでの独立した生活をやめて観光化の道を選んだのはこの人達。
西川も、彼らがほんとはこの島には住んでなくて、朝プーノから出勤してきてるほうがまだ救われるよ、、と言ってた。


本当は、この人達の生活が観光でまかなわれてる、ってここまでわかってるなら、たくさんお金を落としていくのが最善なのかもしれないけど、なんかそれも出来ないあたし達・・・

タキーレ島はあんなによかったのに、帰りがどんどん遅れて郵便局に間に合わなくなるかも、っていうのと、このウロス島とで、なんか思い出が汚れていく感じがした。。





プーノに着いたら、結局郵便局は夜8時までで(働き者!!)、しかも窓口のおばちゃんがすごくいい人で、救われた
ダンボール以外は、全て郵便局の備品を使わせてくれたし。
こういう時、気持ちをすくってくれるのは、やっぱり「人」なんだな。
(日本まで、5kgで約180ソル≒5400円でした。)
スポンサーサイト

タキーレ島最高レベル

12月20日

チチカカ湖ツアーのために早起きしたら、西川が明け方はすごい雨だった、って。
へー、全然気づかなかったなー、って思ってたら、出発する7時頃、またどしゃぶり

桟橋から船に乗っても、まだまだ重い雲から雨がたくさん落ちてて、どうすっかなーこれ、って思ったけど、一度寝て起きたら晴れてた!!
ついでに波もすごい高かったけど。少し酔った。。


タキーレ島に到着。まぁツアーだからしょうがないんだけど、

船着場から島の広場まで歩いて、
RIMG3219.jpg
RIMG3227.jpg

→そこで自由時間15分くらいあって、
RIMG3224.jpg
RIMG3226.jpg

→ガイドさんの説明、
RIMG3233.jpg

→昼食、
RIMG3236.jpg

→島民のみなさんの踊り。
RIMG3237.jpg


うぅ、この枠にはまったかんじ、やっぱり苦手だわ・・・
既婚者と未婚者の民族衣装の違いとか、既婚者しかコカの葉っぱは噛んじゃいけない、とか、男性は結婚指輪の代わりに特別なベルトを巻く、とか説明は勉強になったけど。個人で来てたらわかんなかっただろうしね。
昼ごはんもとってもきれいなとこで、美味しかったんだけど、1人20ソル(≒600円)はびっくりした・・・。超観光客価格。。クスコの金太郎でさえ、特製インカ丼が21ペソで高くて頼めなかったっていうのに。


やっぱツアーは・・・なぁ。。



それでその後、タキーレ島に一泊するうちらは、ツアーから離脱してリマンドレスさんっていう小さい男の人の家にもらわれていきました。
タキーレ島はホテルなんてもちろんないから、普通の民家に泊まらせてもらうの。
「すごく眺めがいい場所にあるんだよ」って言ってたからどんなとこかなー、と思ったら、ほんとに斜面にあってチチカカ湖一望!!
夕焼けがばーーん!!と見えるらしいよ
RIMG3239.jpg

お部屋はこんな。床は草が敷き詰められてるの。
RIMG3238.jpg


リマンドレスは背が小さいし童顔だから年齢不詳だったけど、32歳で子供も2人いるんだってー
6歳のロシオちゃん。おにいちゃんのリバルドくんは今学校だって。
RIMG3244.jpg



宿代は1人15ソル≒450円、夕食1人15ソル≒450円、朝食1人10ソル≒300円だと。
少し割高な気もしたけど、「お金は気持ちよく使おう」byユダヤ人大富豪。うん、そうだ



部屋に入ったら、なんかふっと疲れて、2人で靴も脱がずに、足はみだしたままベッドで寝ちゃった
3時ごろのろのろ起きて、島内をお散歩。
道のところどころに門があって、これが気に入った
IMG_0235.jpg
IMG_0239.jpg
RIMG3246.jpg


チチカカ湖や回りの島を見渡せる高台まで行った
RIMG3260.jpg


寝起き+標高が高いのもあるけど、ゆーーーーっくり歩いてゆーーーーっくりしゃべる。
おじいちゃんとおばあちゃんみたいだった。
少ない言葉数でも体に染み込んでくるようで満足。満ち足りている

この島はいいわ~~。来てよかった


高台の頂上で、ボタンになりそうなかわいい木の実を見つけたり、
IMG_0246.jpg

放し飼いのひつじの声が1匹だけすごく甲高くて、ビデオ撮って遊んだり。
RIMG3259.jpg


風もなくて、岩に座って湖と村を見下ろしてるだけ。
いい所だなぁ。。
RIMG3251.jpg



あたしが田舎が瀬戸内海の大島なんだけど、そこの展望台から見える瀬戸内海をなんか思い出したよ



その後はまた、さっきツアーで来た広場まで行ってみた。
そしたら、おみやげ屋さんのビルの上に村の女の人がたくさんいて、何してるのかな?、と思ったらぞろぞろみん
な降りてきた。
RIMG3269.jpg

それで言葉もほとんどかわさず、流れ解散で、黒いストールの背中を向けてゆっくり帰ってく。
RIMG3270.jpg


ミステリアスな島だなぁ。。ドラクエとかの町みたい。違う国なのはもちろんそうだけど、違う世界だなぁ・・・






それで日が沈む前に家に帰ってきて、子供達と遊んだり日記を書いたり。
夕日は、大パノラマですごかった。。
RIMG3279.jpg
IMG_0265.jpg
RIMG3292.jpg



そして、その夕焼けの余韻の湖が窓から見える、超ロマンチックな食堂で、ろうそくの灯りで夜ごはん。
シンプルな食事もよく似合ってた。
あぁー、やっぱり海とか湖とか、水のそばに住むっていいなあ。自分の家にこの部屋があったら最高だなぁ。。
IMG_0281.jpg



この宿、いままでの8ヶ月の旅行の中でも最高レベル
部屋に戻って、ろうそくの炎を見ながら、2人で「幸せだねぇ~」「あ~幸せだね~」とくり返しました。
IMG_0289.jpg

パノラマプーノ

12月19日

宿にあさごはんが付いてると、やっぱ気が楽でいい。
特にあったかい飲み物があるのが
クスコのエルプーマ、って宿、おすすめです。


朝10時半のバスでプーノに移動なので、ちょっとネットしてパッキングして、9時半過ぎに出発した。
あークスコ、いいとこだったなー。。



バス、2階の最前列最高!!乾ききらなかった靴下も干して超プライベート空間。
IMG_0219.jpg


足を前に投げ出せるし、180°パノラマ!!(フロントガラスのシールが邪魔だったけど・・・。)
IMG_0224.jpg




渋くてどこまでも広い、タイプな景色がずっと見れてよかった。
道のアップダウン、くねくねもないし、パノラマ代、とか加算されてもいいくらい、楽しい移動だった。
RIMG3210.jpg
RIMG3211.jpg


途中のバスターミナルで、ローカルのスナックを買って食べるのも面白いし
いつもより寝なかったよ





プーノに着いたのは、夕方5時半。7時間かかりました。
前にペルー来たときもプーノ来ようとしたんだけど、バスのストライキかなんかで行けなかったんだよね。8年越しで今度は来られて、うれしいな
バスの中で勧誘された、へスースさんの宿、Ollanta Innってとこに、条件もよかったしそのままチェックインした。
1人素泊まり一泊15ソル(≒450円)、プライベートバストイレ付きのダブルルームで、Wifiもあり。うむうむ。


時間も遅かったから、チチカカ湖ツアーとボリビア・ラパスまでのバスチケットもここで手配してもらいました。
ウロス島とタキーレ島に行く往復交通費40ソル≒1200円/人(ホテルまでの送迎込み)、ラパス行きのバスチケット35ソル≒1050円/人。
まぁコミッションがなければこんなことしないだろうから、自分で全部手配した方がもっと安いんだろうけど、時間の節約ね。

トータル150ソルだ、って言われて、ちょっと渋ってたら、「じゃあいくらならいい?」って言われて、140(cien cuarenta:シエンクアレンタ)って言ったつもりが、150(cien cincuenta:シエンシンクエンタ)って言っちゃって、そのまま150・・・

40と50、いっつも混乱しちゃうんだよなぁ・・・
これで身をもって覚えたぞ
まぁ、へスースさんいい人そうだし、「お金は気持ちよく使おう」byユダヤ人大富豪、だね。



ボリュームたっぷりの夜ごはんを食べて、日本に送る荷物用のダンボールをお店でもらって、明日に備えて寝ました

日本寄りの1日

12月18日

ベッドで目が覚めたら、全身が痛くてすぐに動けなかった・・・
うぅぅーー。


朝ごはん食べた後、今日チェックアウトする、っていうじゅんやくんと一緒に、プーノ行きのバスチケットを探しにアルマス広場をうろうろ
今日もう移動する、って元気だなぁ・・・。もう完全に復活したらしいよ。じゅんやくん27歳だから、1歳しか違わないはずなんだけどなぁ。。
アルマス広場の旅行会社ではチケット30ソル(≒900円)とか45ソル(≒1350円円)、とか言われたけど、バスターミナルに直接行ってみたら、15ソル(≒450円)だったよ
うちらも明日のバスのチケット先に買っといた。2階席の一番前




じゅんやくんを見送って、そのまままたおみやげ市場へ。
そこで、とうとう古布1枚買っちゃったYOーーー!!!
RIMG3217.jpg


模様なし、アルパカの毛の茶色そのままの激渋の一枚
同じ部活の友達からの結婚記念のプレゼントで、くるみの木のテーブルをオーダーメイドで作らせていただいたんだけど、日本に帰ったら受け取りなんだ。そのくるみちゃんにかけたらかわいいかなー

向こうの言い値が初め60ペソ。あたしは40ペソから始めたんだけど、すごい欲しいよーっていうのが読まれたのか、48ソルまでしか負けてくれなかったー

穴も開いてるし汚れもあって、こんなぼろ布に48ソル(≒1440円)も出したの?!って言う人もいるかもしれないけど、これはなーーーんか気に入っちゃったんだよねー。

あーいい買い物した





もう持ち金もなくなってきちゃったから、2時半ラストオーダーの日本食レストランへ。金太郎、ってとこ。
内装が素晴らしくてびっくり・・・。超おしゃれ
木の机といすとか、これどっから持ってきたの?!って感じ。
RIMG3188.jpg
RIMG3192.jpg


かつ丼とかき揚丼を頼んだよ。
「今混んでるんで、45分後に出来上がるように作っておきます!」ってすごく感じのいい店員さんに言われて、うろうろウィンドーショッピングしたあと戻ったら、


陶酔の美味しさ・・・
2人とも夢中すぎて何もしゃべらない。
RIMG3186.jpg


天ぷらにはごま塩と天つゆ両方ついてるし、ごはんももちろん完全な日本米
お漬物もひかえめでおいしいし、かつのだしも100点満点日本の味
雰囲気もほんとによくて落ち着くし、ここはほんとにすごい



また買い物して帰ろうと思ってたんだけど、2人ともぽわーん、ってふらふらになっちゃって出来ず。
ごはんってドラッグになるんですね・・・




ホルヘさんのとこで靴だけ受け取って、宿に帰りました。
まだ出来上がってなくて、ちょっと最終過程を見学
RIMG3196.jpg

飼ってるねこちゃん。かわいい
RIMG3195.jpg


それで靴はねー、











こちら!!!

だんなシューズ。
RIMG3197.jpg
妻シューズ。
RIMG3199.jpg



あーかわいいかわいい。。
超満足
RIMG3200.jpg






それで部屋に戻ってパチパチしてたら、サンフランシスコ村で一緒だったかずくんが宿に訪ねてきた
あたしのアヤワスカ体験を話してたら、興奮したのと思い出したので涙出てきて、かずくんに「涙目になってるよ」って言われた・・・。
でも、同じのを通り抜けた人と分かち合えてよかった。。なんか滝のようにしゃべりまくっちゃった



夜ごはんは、日本人が何人か集まって食べるっていうので、あたし達もご一緒させてもらうことに。
それまでクスコの街を少しだけ観光。12角と14角の石だけ見に行って満足したよ。
夜のクスコは、オレンジの光と石畳がマッチして、ロマンチック。
RIMG3202.jpg




それで、日本人10人集まって夜ごはん
最初韓国料理に行ったら、予算オーバーで、店を替えました。
またアヤワスカで禁止されてるにんにく食べちゃった。ガーリックブレッド。
RIMG3203.jpg



今までの旅行の話、日本でのそれぞれの生活とか、久しぶりにたくさん日本語しゃべれてよかった

あとね、あたしは自分が夫婦で旅してるから、彼氏や彼女を日本に置いて長期旅行してる人にすごい興味があるのよー
海外旅行興味がないから、って一緒に行くのを断られた人や、時間やお金のタイミングが合わなくて一緒に来れなかった人。
理由は色々あるんだろうけど、片方が世界一周にすごく興味があって、もう片方が全然関心ない、って2人の関係に支障が出ないのかな?他の趣味や関心を共有すればいいから、それでもいいのかな
または、行きたくても一緒に行けなくて、相方だけが世界一周してたら、それもその後の関係に支障が出ないのかな?旅行中、それか帰ってきた後、「こんないいこと楽しいことあってね!、・・・」って話されたら、一緒に行けなかった方は悲しくなったりイラッとしちゃったりしないのかな。


あたしがその立場だったら絶対旅行に行きたい方だから、自分だけ行って相手は行かない、もしくはその逆、っていうのは考えられない
一緒に世界一周しよう、って言ってくれるだんなさんがいて、あたしはほんとによかったなぁ・・・


色んな「2人の形」があるんだね。



それでざくざくつっこんでたら、ある男の人が旅の途中で彼女と別れた話をしてくれて、ごめんなさい
でも、すごくリアルで、とても共感した。
旅の後に出会ってたら、ずっと付き合ってたかもしれない。でも、もう起こったタイミングは変えられないし、自分がやりたいことをしてその結果になったならしょうがない。



でも、そうわかっててもつらいよなぁ。。そのことだけで、もう記憶に残る旅だよなぁ。。






なぜかなかっなか料理が出てこなくて、大した内容でもないのに、コース料理みたいに3時間くらいかけて食べた。
出るころには、雷+大雨になっちゃって、フードをかぶって帰りました。



雨の音を聞きながら、部屋でクラシックを聞くの、すごい久しぶりだった

マチュピチュは見えたか?

12月17日

韓国人スーが、マチュピチュ行きのバスに5時半には乗りたいっていうから、5時起床・・・。雨・・・
(麓のマチュピチュ村からマチュピチュまで、バスが出てる。歩いても行けるけど、すごい上りだし、あたし達にはもう元気がなかったから、お金払って乗りました。バス片道1人US7。国際学生証は使えなかった。)

1人だったら、「雨だし多分他の観光客も遅めに来るに違いない」と思って絶対二度寝してたなぁー。
でも、バス停着いたら、結構な人の列が出来てて、30人乗りくらいのバス3台目だった
へー、みんな気合入ってるな~~。オフシーズンなのに、こんなに人いるんだ。。



マチュピチュの入り口についても、すごい人。
多分、一番のバスが着くよりも早く、歩いて上って来た人もいたみたい。
RIMG3095.jpg



なんでこんなに早起きしてがんばったかっていうと、マチュピチュを見下ろせるワイナピチュっていう山に上れる人数が、1日400人って限られてるから
これ400人はいないよなー、って思いながらそわそわ並んでたけど、7時の回の40番と41番をゲットできました
よかった~~


なので、マチュピチュに入った後は、ワイナピチュに直行した。
でも、雨は上がったものの、一面霧。すぐ先も見えないから、遺跡の中が迷路みたいで面白かったけど。
RIMG3097.jpg

リャマ?アルパカ?が霧の中から現れた。
RIMG3103.jpg

前にペルー来たときも、こういう写真撮ったなー
IMG_0138.jpg



ワイナピチュ登るなら軍手があった方がいい、って聞いてたけど、ほんとに階段がすごい急だったから、持って来てよかった。
手すりにつかまたから、軍手がさびでくさくなったよ。
RIMG3109.jpg




しかし、登ってても、下には何にも見えない。。
RIMG3117.jpg



頂上について、みんなでのんびり待つ。
IMG_0162.jpg


大阪出身の日本人の男の子2人とも会って、おしゃべりしながら待つ。
やっぱ、大阪の人って東京とは違うのかな。こういうテンション久しぶり。すごい楽しかった
IMG_0164.jpg


霧が晴れそうになって「あ!来そう来そう!!」とか騒ぐと、マチュピチュいい気になってまた隠れたりするから、構ってもらいたくなるようにちょっとしばらく騒がずに無視するくらいの感じでいこう、ってしてたら、ほんとに徐々に晴れてきた!!!
RIMG3132.jpg



それで見えたのが、これ
RIMG3147.jpg






全部で1時間半くらい待ったけど、みんなで一緒に待ってたから、その時間もすごく楽しかったよ
ありがとう


ワイナピチュの後は、もう1つの小さい山(名前忘れちゃった)にも上って、また違う角度からマチュピチュを見下ろした。
世界中に遺跡ってたくさんあるけど、やっぱりこういう風に『体験型』じゃないとつまんないよね。
実際中に入れたり、こうやって山を登ったり、自分の体を動かして感じられないと、なんか、ふーーん、で終わっちゃうんだもん



マチュピチュ遺跡の内部は結局ほとんど見ず、色んな高いとこに上って全景を思う存分見た感じ。
あたしは前に1回来たことあるしね。
IMG_0200.jpg
RIMG3173.jpg




マチュピチュ村までは、下りだし、バスは使わず階段を降りて帰った。
でも、昨日の線路歩きと、今日の山登りが結構膝に来てて、階段を降りるのボヨボヨだったよ・・・


もう歩けない、と思って、帰りは出来るだけクスコの近くまで電車で帰りたい、と思ったけど、チケットすごい高くって、やっぱり水力発電所までだけ乗ることにした(昨日線路沿いに歩いた分だけ)。
IMG_0206.jpg


そしてまた駅からタクシー乗り場まで1時間の歩き。。
きつかったーー
もう歩けない、ってくらい歩いたよ。



帰りの乗り合いバスに、フランス人の家族(父・母・男の子)が乗ってて、なんと家族で世界一周してるんだって。なんか、自由なフランスっぽいなー。日本だったら子供がいじめられそうだもん。。
しかも、男の子は10歳くらいなんだけど、今回の南米旅行中に、スペイン語しゃべれるようになったらしいよ。3週間がんばって学校に通ったあたしよりも全然色んな単語知ってるし、やっぱり子供ってすごいんだ、って実感した。


水力発電所から、クスコまでの直行の乗り合いバスを拾えたものの、長時間バンに乗ってるのはすごいきつかった
足伸ばせないし、バスみたいに歩き回れないし
クスコに着いたの、夜中12時回ってたよ・・・

マチュピチュに徒歩を使って1泊で行くのは、これ相当きついわーーー
交通費は確かに往復で約2800円/人くらいで行けたけど、もし次来る事があったら、往復電車だなぁ~・・・



しかも、同じ宿(エルプーマ)に戻ったら、予約しといたはずなのに、うちらの部屋がない!!
予約を頼んだ従業員のお兄ちゃんが忘れてたっぽい
もう夜中だしめッちゃ疲れてるのに、口論して(スペイン語で)、プライベートのいい部屋を、ドミトリーと同じ料金で使わせてもらうことになりました・・・。
寝たの夜2時だよーー





※あれ?今日の写真なんかちっさくなっちゃった
プロフィール

くじら日記

Author:くじら日記
2009年12月23日に結婚しました。
だんなさんは鍼灸師、わたしは病院での研修医を終えて、1年間の休みを取っての世界一周新婚旅行。
日記を、人が見てもいい文章で書くのってどうやってやるのかな…?と思いつつ、旅の記録を残したくてやってみました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。