スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感想文 後半

感想文 後半


でもね、だんなさんと2人でずっといたことのも悪い影響もあるのだ。(悪い影響っていうか、あたしが勝手に引き起こした問題かな。だんなさんが悪いわけではありません。)

いつかの日記にも書いたけど、甘えさせてくれるだんなさんといつも一緒で、あたしはどんどん甘えん坊の、1人立ち出来ない困ったちゃんになってった気がするんだよね。。
普通の社会生活と違って我慢することがあまりないし、「やだ」って言ったらだんなさまが代わりに何かやってくれるし、落ち込んだりすねたりもし放題。だんなさんはさぞかし困ったでしょう・・・。
日本に帰ったら、もっと厳しい人間関係や状況に鍛えられようと思います



あともうひとつは、トークの切れ味の低下、があげられる。
だんなさんと話すときは、比較的まったりした、のんびりした内容が多い
感じることも似てるし、物事に対するお互いの反応もなんとなく予想できるし、あ・うん、じゃないけど、声高に何かを主張しなくても、わかりあえる。
他人との、酒の入った勢いあるトークも、ガールズトークも、日本にいたときに比べると旅中は格段に少なかった。
たまに同じ宿の人(特に日本人宿にて)と仲良くなって何日か過ごすこともあったけど、みんなそれぞれの予定で移動してるし、あんまり同じ人と長く一緒にはいれないんだよね。
そうすると、するどいつっこみをしたり、毒舌を吐きあう関係までなかなか行けなくて、もちろんすごい楽しいんだけど、丸い会話が多いわけね。

帰国後みんなと久しぶりに会って、「あーこの人なんかつまんなくなったなー。」と思われたらどうしよう・・・。それか、毒舌のつっこみ具合がよくわかんなくなってて、深く切り込みすぎたりしたらどうしよ・・・。痛いね
これも、リハビリしなくては。。





あと、旅生活では、体の面の変化もあったな。
まず、10ヶ月間1回もヒールをはかなかったから、足の裏の魚の目とかいぼ(?)がきれーに消えた。これは良かったことだけど、マイナス面として、28歳の肌に、今回の旅行のダメージは大きかった、、、と思う
まず貧相なコスメね。化粧水だけは日本から送ってもらって、安いけど肌に合うもの使って、インドで買ったHIMALAYAブランドの顔用ゴマージュもたまーにしてたけど、メイク落としと洗顔はふつうの石鹸でごしごし洗って済ませてたし、乳液もすんごい気が向いたときだけしか塗ってないから、はじめ日本から持ってきた小さめのボトルがまだ残ってる。。

そして、日焼け。常に暑くて紫外線が強いとこにいたわけじゃないけど、やっぱり日本で学校とか仕事に行ってた時は屋内にいることが圧倒的に多かったのに対して、旅行中はだいたい1日中外にいたからねー。トータルで浴びる量が違う。特に最後のイースター島では真っ黒になっちゃった。ボディーボードが効いた。
なんやら『しみ』といわれるものがたくさん出現しています。。小さい頃の日焼けとかも蓄積してるから今回の旅行だけが原因じゃないと思うけど、ありゃありゃ、だね。
まぁ、にきびよりは全然いいけど。そばかすのたくさんある外人みたいな顔になったと思おう。


それから、体重は多分マイナス1kgくらいかな、と思ってたら、全く出発前と変わってなかったわ。お腹はぺったんこなんだけどなぁー。
インドでの下痢で1度げっそりして、それはパリでの素晴らしい食生活で戻ったんだけど、その後も食費も盛大には使えなかったし、いつでも好きな時に冷蔵庫開けてなにかつまむ、とかも出来なかったから痩せたかと思ったんだけど。


一方、だんなさんは虫さされのあとが全身にある以外は、体型はほぼ変わってない。
ひげは生えたけど。ひげは日本でも生やし続けて欲しいなー。ひっぱって遊ぶの面白いし、あたしひげ派だから。
あと、下唇のすぐ下に生えてるちょびっとしたひげと、あごに生えてるもうもうのひげの間に、5mmくらいの無毛地帯があるのも今回の旅行中の発見
この部位の名前って何??っていうのがずっと気になってた。うちらは鬢溝(びんこう)っていう名前をつけたんだけどね。

うーーん、そんくらいかなー。






世界の色んな国の文化や人々と触れ合う、とかそんな大それたことは出来なかったと思うけど、色んな場所に実際に行って、そこの空気を吸って、そこの食材を食べて、っていうのは、意識の底に溜まる経験だったと思う。身をもって多様性を知った感じ?
帰国後の生活に直接影響するかわからないけど、世界には色んな場所、色んな基準、色んな生き方の人がいる、っていうことを知ってるだけで、今目の前にあるこれだけが全てじゃない、っていう心の余裕が持てて、日本での生活が少し楽になるかもしれないな。






そして、一番大事な当初の目標『離婚しない』『2人とも元気で帰ってくる』は見事達成~!!わーい
日本に帰っても、この2つさえ出来てれば、大抵のことは楽しく乗り越えられるはずだわ。
がんばろう、だんなさま





旅行もブログもこれでいったん終了。でもね、これでめでたしめでたしー、ってわけじゃない。

むしろ、これからだな

日本ではどんなことがあるかな?、誰と会って何を話すかな
旅行と違って、毎日違う場所に行ったり、違う人に会うわけじゃないから、毎日を楽しくするのは自分。
いいバランスを意識して保てるといいなぁ。


そして、旅行中、特に後半半年は、日本シックになってたこともあり、日本に帰って定住するんだ、日本が一番いい、って思ってたけど、やっぱり今はまた旅したいなー、と思うの。
日本が大好きっていうのは変わらないけど、また必要になったら、旅しようかな、とだんなさまと話しています。次は子連れか





ブログを読んでてくれたみなさん、ありがとうございました。
続きはまた会ったときに話そう。

では。また
スポンサーサイト

感想文 前半

感想文 前半


このブログは、約10ヶ月の世界一周新婚旅行中、毎日ノートに書いていた日記を、再編集してパソコンで打ち直したものです。

2010年4月25日に日本を出発して、2011年2月23日に帰国するまで、ネパール、インド、ヨルダン、エジプト、イタリア、スペイン、モロッコ、フランス、アメリカ、メキシコ、グアテマラ、キューバ、ペルー、ボリビア、チリ、アルゼンチンと16カ国を訪れました。(バチカン市国もいれたら17。)

1度やる、と決めたら、やりきらないと嫌な、A型の性格(部屋の整理整頓とかはできないんだけど)。
もともと文章を書くのは大好きだけど、毎日B5/A4サイズのノート1ページをぎっしり埋めて、さらにそれをもう一度パソコン上で書き直す、というのは、すごい分量だったなぁ。。
こんなに毎日文章を書いたのは、はじめてかも


でも、ブログという形にしたものの、誰かに読んでもらう、というよりは、ほんとに自分のため。
自分達の大きな記念になるであろうこの10ヶ月を、後からでも視覚的に振り返ることが出来るものを作りたい、と思ったの。



約10ヶ月の世界一周新婚旅行
生まれて始めての体験や、言葉も出ない超絶景、良い友人との出会い
非常に心に贅沢な日々だったと思う。

でも、特にイベントらしいイベントはなかった日、移動でずっとバスの中にいた日、部屋にこもってパソコンばっかりしてた日ももちろんあった。

おおきな出来事だけをクローズアップして書く方が、ブログって読む人も楽しいだろうし、記事も粒ぞろいになるのはわかってたけど、そういう他人に話すようなことは何もない日でも、頭の中で考えが止まる事ってない

「旅行」として体験したこと以外の事も10ヶ月間毎日細かく書くことで、あとから見返えしてその期間自分がどういう人間だったのか、まわりの環境をどういう風にとらえていたのかわかると思ったし、砂絵みたいに浮き上がってくるそれが何なのか自分でも知りたかった。




旅行に出る前、「10ヶ月かけて世界一周をすること」と、「たったひとりの人(だんなさん)と10ヶ月ほとんど毎日24時間一緒に時間をすごすこと」は、2つの違うことだと思う、とこのブログに書いたと思うけど、それはその通りだった


ネパールで見たエベレスト、インドの色とりどり極彩色のサリー、エジプトの砂漠、パリの親戚のお家での居候生活、カリフォルニアJMTで1ヶ月のトレッキング、グアテマラのスペイン語学校(パソコンも盗まれたな…)、メキシコの死者の日、パタゴニアの氷河、イースター島のお祭り。。
旅行に出る前は、想像も出来なかった世界だった。旅行してほんと良かった



でも、同棲もしたことないし、結婚後も別居のまま旅に出たあたしには、西川と文字通りずっと一緒にいる、って事の方が、大きな体験だった気がする。


けんか、たくさんしたよ。安否確認の意味もあり、だんなさんの家族もあたしの家族も読んでるから、そんなに毎回記事にはしなかったし、赤裸々にも書いてないけど、こわーーいのもたくさんしたね


「旅行に出てから知ったあたしの性格ってある?」って西川に聞いたら、「意外と短気」と言われた。。そうかもねー・・・。けっこうぷちぷち切れてたかも。
あたしも、自分で自分の嫌なとこいっぱい見たし。けち、めんどくさがり、優柔不断、自己中、他人(だんなさま含め)のミスには厳しいのに自分にはゆるい、甘えん坊、なまけもの、などなど。
逆にだんなさんにイライラしたこともたくさんあったけど、それは実際だんなさんの言動が原因の時と、あたしの機嫌・虫のいどころが悪かった時と、両方あったと思う。
基本的にはだんなさまはすごく優しくて、あたしのことすごく大切にしてくれた。ありがと





そして、10ヶ月経てたどり着いた良い夫婦関係のコツは、『ずっと一緒にいる相手なんだから、概ねプレーンのクラッカーくらいのキャラがちょうどいい』。

あたしは、きゃっきゃっ!!ってテンションの時が多いけど、それが毎回毎日だと、だんなさまも疲れるのね。自然、反応も鈍くなるからあたしもつまんなくなってくる。
チーズ味プリングルスは無敵に美味しいけど、毎日1箱は食べれない。薄い塩味だけのクラッカーは、それだけでも食べれるし、お好みで何かのせて食べたりもできる。味に強い癖がないから、いつの間にかいっぱい食べてる。飽きない。そういうこと
クラッカー、とか、プリングルスっていう例えが、外国を旅してきた感じするでしょ
今後はクラッカー妻しょうを目指すのだ。引き算の行動も出来る、賢い妻しょうになるのだ。



旅行中の経験全てを共有したうちらだから、きっと仲良くやっていけるはずだよね。
この旅行中に強化された心のつながりは、けっこうすごいだと思う。記憶の一部が同じデータなんだからさ



後半へつづく
プロフィール

くじら日記

Author:くじら日記
2009年12月23日に結婚しました。
だんなさんは鍼灸師、わたしは病院での研修医を終えて、1年間の休みを取っての世界一周新婚旅行。
日記を、人が見てもいい文章で書くのってどうやってやるのかな…?と思いつつ、旅の記録を残したくてやってみました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。