スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バラナシ

5月19日


バラナシに来て、4日目。


バラナシがどんどん好きになっていきます。。





海や川、水が好きなあたし。

川(ガンジス河)があって、そこの近くの素晴らしく快適なゲストハウスに泊まってるだけで、とってもうれしい
しかも、ガンガーはただの川じゃない。
みんなうれしそうに、泳いだり、沐浴したり、お祈りしたりしてる。
あたしは、特に宗教がないので、プラス、感染症とかやっぱりこわいので、ガンガーには入らないけど、多くの人が同じ気持ちを持ってここに集まってくる、っていうことに、やはりおおきな意味・パワーを感じるなぁ。
(帰る前に、足だけ入ってみようかな・・・)






今日の朝は、ボートに乗って、ガンガーから町を見た。
定番の観光のしかただけど、ものすんごくよかった。
日の出とともにだんだん空気の色が変わって、建物や人が本当に美しかった
息を飲む、ってかんじ。

世界の中でも、ここがお気に入りの場所になることは多分間違いない。


519-3.jpg


519-1.jpg


519-4.jpg


519-5.jpg








ガンガー沿いには、火葬場もあって、観光スポットと言ったら聞こえは悪いけど、有名な場所。
ボートからその火葬場も見て、あたしは、そこも好きだと思った。

きれいな布に包まれた遺体を、家族が板に乗せて運んでくる。
それで、最後の沐浴、として、ガンガーに浸して水をかけてあげる。
そして、みんなが囲んで見てるところで、木が組まれて遺体が燃やされる。


なんか、文字通り灰になるまで、ずっと家族と”一緒”でいいなぁ、と思った。





今まで病院で、何人も患者さんが亡くなるのを見てきたけど、ご臨終が確認されたら、点滴とか人工呼吸器とかの医療器具を外して体をきれいにするために、家族はいったん病室の外に出される。
しかもけっこう亡くなってすぐ。泣きながら家族はロビーとか待合室で待つ。

看護婦さんがきれいにしてくれたあと、また病室には戻れるけど、なんかもうその時は、その人はその人の形をしてるだけ、ってかんじがする。
離れてる間に、どっか行っちゃったみたい。

そのあとは、黒いスーツの葬儀屋さんがやってきて、ご遺体は霊安室へ運ばれる。その時はもう棺おけの中で、顔しか見えない。

火葬場でも、日本では分厚いドアを閉められて、1人で焼かれるし。




小2の時、死んだら火葬になるってことをはじめて知って、担任の先生に、「死んだら焼かれちゃうんでしょ?こわいよ。先生はこわくないの?」って聞いたことがあった。
今でも覚えてるなぁ。
そしたら先生は「大丈夫だよ、大人になったらこわくなくなるよ」って言ってたなぁ。




あたしも、ガンガーでなくてもいいから、どっかきれいな場所で、青空火葬してほしいなぁ
明るい感じがするもん。
ガンガーの火葬場を小さい頃に見てたら、もしかして、火葬がこわい、って思わなかったかもしれない。




519-2.jpg

スポンサーサイト

うん水

5月16日


夜中に起きたら、うん水様でした
こんなお水みたいのが出るの、いつぶりだろう??
お腹痛いとかじゃなくて、ただ、出る。

腸内洗浄です




今日からインド。
だけど、国内移動のバスも、強盗が乗り込んでくる、とか、5時間以上発車しない、とか色々うわさ聞いてたけど、なーーーにもなし。
むしろおとなりのピンクのサリー着たおばちゃんが、ドーナツとかスナックとかくれた
すごい身構えてたから、インドの印象逆に超よくスタートしたよ!




でもやっぱり下痢だけど

国境の町

5月15日

移動の日。ネパール・インドの国境の町、スノウリまで


何日か前まで、雪山を見てたのに、今日はもうワニがいそうな川ややしの木、サボテンを見ている・・・。

冬から夏まで駆け抜ける!!!!


ミニバスの運転手さんの運転は、正確かつ攻撃的で、超スピードなのにのんびり寝れちゃうっていう素晴らしいテクニックでした。







スノウリは、汚いどうしょうもない町、という印象。
国境の町ってやっぱりどこもそんな感じなんだろうか?
515.jpg





今日でちょうど日本を出て3週間。
明日から、悪名高きインドへ。
こわいなー。

名言

5月14日

昨日と同じ、ちくさ茶房で朝ごはん。
決まった場所に通うのってすてき



ネパールの次の国、インドに向けての行動開始
バスやら電車のチケットを取り始めた。



もう7年も前になるけど、ツバルに行ったとき、現地で英語の先生をしてたインド人の女の子と、すごく仲良くなった
MSっていう名前の子(本名は長すぎるので、みんなそう呼んでるらしい)。
ミゾラム州っていう、田舎に住んでて、インドの地球の歩き方でも全く載ってない。。
そこに行ってみようと思ってる。
外国人入域制限地域だそうで、許可証がないとその地域には入れないんだって。
MSがいなかったら、ぜっったい行ってない場所だよ。

待っててねー!
会えるの楽しみにしてる








あと、今日は下山して初めて、やっと日本食を食べた。
実際下りてきてみると、あんまり日本食に飢えてなかったりして・・・。
でも、からあげ定食としょうが焼き定食とかつどん、おいしかった
セットで付いてきたみそ汁を見て西川が言った一言









「みその動きを見てるだけで癒される」








(わかる??みそ汁ってしばらく置いとくと、みそが煙みたいに動くじゃん?)




名言。

洋服

旅の間のあたしの格好。カトマンズのチョーク(買い物するところ)にて。
cloths.jpg






髪の毛は、自分では短いほうが似合うと思ってるけど、旅行中はドライヤーとかも持ち歩いてないし、セットできないなら結んだほうが楽そうだから、伸ばしている。
旅から帰ってきて、すごい長くなってたら、いかにも長期旅行行ってましたー、ってかんじでいいかな、とも思って。実際トレッキング行ったらなんかすごい伸びた気がする。生命力・・・

結ぶだけだとさみしいし、つくしになるから、スカーフを巻いています。


コンタクトは30日分のワンデーしか持ってこなかったから、超勝負日しかコンタクトはしない!
今までずっとめがね。
これも、旅行の前に作ったんだー。UVカット入り、ちょっと色入り、上も見やすいように少し大きめの、薄くて丈夫なレンズ
気に入ってる。西川にも評判良い。



なんかTシャツは、日本でもあんまり着てない。夏もタンクトップかキャミにカーディガンっていうのが多い。
今回の旅行もそんな感じ。
カーディガンのかわりにバリで買ったストールを使ってることが多い。
おっきいストールは、汗も拭けるし、あたまにも巻けるし、シーツやブランケットにもなるし、とっても便利。もう一枚どっかで買おうかなぁ。


下はだぼだぼのズボンが多い。


足は、ビーサンかビルケン。ビルケンは、足になじみすぎですごくいいんだけど、地面が汚いところだと(うんこが落ちてたり)、もったいなくてはけない。
長距離移動の時は荷物を減らすために山靴をはくけど、ほとんど夏のところばっかり行くから、暑い暑い・・・


バッグは、なんかずーーーっと持ってるColemanのヒップバック。
Colemanってなんかださいイメージだけど、使い勝手が良くて、結局これにしちゃった。全然おしゃれじゃない。
プロフィール

くじら日記

Author:くじら日記
2009年12月23日に結婚しました。
だんなさんは鍼灸師、わたしは病院での研修医を終えて、1年間の休みを取っての世界一周新婚旅行。
日記を、人が見てもいい文章で書くのってどうやってやるのかな…?と思いつつ、旅の記録を残したくてやってみました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。