スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お休み

5月25日



お休みの日。


西川がダウンした

前のあたしと同じようなうん水の下痢。





昨日の夕方くらいからどんどんぐったりしてきて、さすがにエアコンなしの部屋で寝かせるのはかわいそうだったので、ちょっといいホテルに移動。
だから昨日の夜は、久しぶりにクーラーが効いた部屋で寝たー
いつもは6時前に暑くなってくるから自然に目がさめて洗濯とかしだすんだけど、今日は8時半まで寝てた
文明の利器だねぇ。冷たい空気を出すなんて、すごいや。。
でもそのかわり、外にすごい熱い空気を出してるんだよね、悪魔の機械だわ。。




お部屋で看病。あたしが着てるのは、バラナシで買ったクルーターです。色が最高かわいい。
kanbyo.jpg






あたしは、本を読んだり、手紙を書いたりしながら、1日を過ごした。
がしがし観光してても、こうして1日部屋にいてのーーんびりしてても、何をしてても時間って過ぎていくものね。

ネパール・カトマンズでも、ここインド・デリーでも、小さいけど日本語の本の古本屋さんがあるので、そこでASIAN JAPANESE2を買った。1だけ日本で読んでたから、良いタイミング。
ちなみにここの古本屋は、岩井志麻子の「魔羅節」っていう、超気持ち悪くてあたしがはまってた本も置いてあって、素晴らしいセレクト





西川は、あたしが買ってきたポカリの粉みたいなやつを溶かした水のペットボトルを横に置いてひたすら寝ている。
赤ちゃんみたいにずっと寝てる
熱も少しあるから、熱射病もまざってるのかなぁ。。

正露丸とブスコパンを飲ませてる。
旅行中の下痢ってふつう食あたりとかだから、あまり強制的に止めない方がいいだろうと思って、ロペミンは持ってこなかったんだよね。。
食あたりというか、極度の暑さと疲労からきてるっぽいから、あったら便利だったなぁ。







人を看病するって、(しかもよく知ってて好きな人)、今この人よりもあたしの方が絶対的に強い立場にいる、っていう自覚から来る、少し残酷な気持ちと、かわいそう≒かわいいっていう気持ちが混ざってて、なんか自分が怖くなる。

ほんとは、今日からすこしだけリッチな4日間のプライベートツアーに行こうと思ってたんだけど、それも延期。そのあとに自分たちで行こうと思ってた、電車の遠出も、こりゃあキャンセルだなぁ。




インドは、あたしが行きたい!って言って来た国だから、あたしは行ってみたいところとかやっぱりあって、それに行けなくなるのは、病気でしょうがないとはいえ、やっぱり残念。。


「しょうがないよ!早く治ってね!」
って明るくすっぱり言えない自分。。





起こることには、すべて意味がある。
無駄に思えたり、だめに思えたりしても、それは自分のためになってる。

そう思える人間になれたら。













西川が倒れる前、週末に、少しデリーを観光したので、その楽しい写真ものせておこう。


ラールキラーってとこだけど、暑すぎて何がなんだかもうわかんなかった。。
インドは今夏休みなので、インド人の観光客も多くて、いろんな色のサリーが行き来してるのが、美しかったことしか覚えてないくらい。
観光1



モスクの前の門。ほんとは無料ではいれるとこなのに、馬鹿インド人が1人200ルピーだ、とIDを見せながら言ってきたので、じゃいっか、って入らなかった。。
次会ったらいじめ抜いてやるからな
観光2




あと、びっくりしたのが、デリーのメインバザール。
すべて建て直すそうで、まるで爆撃後です。。main bazzar
スポンサーサイト

あぁミゾラム

5月24日



今日、月曜日になるのを待って、ミゾラムへの許可証に向けて動き出した


でも、ミゾラムに近い州で、政治家が殺された事件があったばっかりらしく、
一回日本大使館でミゾラムの安全も確認した方がいいんじゃないか、
って宿のオーナーのおっさんに言われたので、それもそうだね、と思って、日本大使館へ


ミゾラムの方は、MSを見てもそうなんだけど、デリーとかバラナシとかにいる人種とは、違う人種が住んでいる。中国人がもっと肌の色が濃くなったみたいな感じ。ヒンドゥー語も話さないし。それで、インドからの独立をしたい地域なのです。




大使館なんて行くの初めてだったけど、こんな普通の旅行者でも、記名と簡単なボディーチェックだけですぐに入れた。へー
西川は緊張して、いつもだるだるのタンクトップとかなのに、今日は襟付きのシャツを着てきた






そして、窓口に並んで、ミゾラムへの旅行者の渡航が安全が聞きたいんですが(英語で)、、って言ったら、
別室に案内された。。


そして、日本人の職員の方が出てきて、

「ミゾラムへの渡航はおすすめできません。」








??







独立派と反独立派がいつも対立しているところだから、身代金目当てでの誘拐とかがないとは言えない。
そういったことがあると、大使館としても対応に困ります。
行くなら『自己責任』ということになりますね。











ええーーーーー!!









そんなこと大使館から言われたら、行けないよ・・・・・・



大使館いかなきゃよかった!!
そしたら、ミゾラムハウスで許可証とってそのまま飛行機乗ってた!!!




でも、聞いちゃったから、もうあとのまつりです。。







夕方MSに電話したら、
「Mizoram is one of the safest areas in India... I think Japanese Embassy they don’t know about Mizoram.」ってびっくりして言ってた。
あたしが本当にがっかりして、朝泣きそうだったよ、って言ったら、
「大丈夫?またnext chanceがあるよ。せっかくハネムーンなんだから、楽しんでね」って。



やざじいね

ありがとう。。。







8年ぶりの再会は、持ち越しになりそうです。


あぁ、本当に残念。








でも、ミゾラム行きは、色んな邪魔が入ったから、今回は行くなってことなのかな。
良かったのか、悪かったのか。。


プロフィール

くじら日記

Author:くじら日記
2009年12月23日に結婚しました。
だんなさんは鍼灸師、わたしは病院での研修医を終えて、1年間の休みを取っての世界一周新婚旅行。
日記を、人が見てもいい文章で書くのってどうやってやるのかな…?と思いつつ、旅の記録を残したくてやってみました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。