スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死海!!

6月7日


信じられない。
また夜中から、お腹の調子が悪いんです


なにーー?!もう


日本にいた時は、自分がこんなに胃腸が弱いなんて知らなかったよ・・・
山根君だよ・・・






でも、今日は死海へ行くんだ!

死海は、けっこうあたしの中ではハイライト。


水着を持って頑張って出かけた




観光客用に解放されてる、ビーチに行った。
入場料が1人15JD=1950円!!!!
死ぬほど高いけど(だって、宿が一泊12JD=1560円、ごはんは4JD=520円もあればお腹いっぱいになれるのに。。。)、でもプールとかシャワーとかロッカーもちゃんと併設されてて、1日高級リゾートに来たみたいだった。

イタリア人観光客がいっぱいで、ここはヨーロッパの海岸かと思うくらい。
italian people





でも、死海、楽しかった。うふふ



海では泳げない西川も、浮く。
油になったみたい、と言ってた。
西川浮く



向こう岸はイスラエル・・・
israel.jpg





この大きな湖に、魚が一匹もいないなんて、ほんとかな?
なんか化け物みたいな主が深いところにいたら面白いな






むしろ沈もうと思っても、デブみたいに沈めない。
だって、水の中で垂直に立っても、ビキニのブラの半分くらいまでは水の上に出るの
釣竿の浮きになったみたい。
RIMG0856.jpg




死海みたいに、標高が海抜以下で川が流れこまなくて、どんどん濃度が上がっちゃう場所が、この広い地球
で1か所しかない、ってなんか不思議だ
どっかのちがう星には、あるんだろうなぁ・・・







水が好きなあたし
本当は、紅海に行きたくて、エジプト行きを陸路にしたかったんだけど(そしたら紅海を通って行けるから)、陸路だと移動に1日かかっちゃうから、時間を買うことにして、飛行機のチケットを取った


でも、この死海でかなり海欲が満たされたよ~、よかった



the 新婚旅行写真
死海新婚旅行


スポンサーサイト

ジェラシュ

6月6日


ザ・観光
ジェラシュという、ローマ時代(1~2世紀!)の遺跡を見に行った


街の中に、普通に遺跡が残っている。
周りの建物が、全面ガラス張りの高層ビル!とかじゃなくて、普通の石造りの建物で、しかも2階建てとか3階建てだから、なんか遺跡も建てかけのお家みたいに馴染んでいた。


どうして、同じ時代に同じ人間が生きていたのに、文明がすごく発展する場所としない場所があったんだろう
ローマ時代の建物は、すごかった。。
jerash road


cha- church



この柱たちは、風でゆっくりゆれていた!!息してるみたいだった!!
breathing colomn




あたしは、ローマ帝国のことは、ほとんど何も知らない(恥ずかしいが。。。)んだけど、西川はローマの本に一時期すごくはまっていたので、なんか1人でふむふむ言いながら深く堪能していた。





あたしが一番感動したのは、劇場だった
すごくきれいに残っていて、観客席も舞台もそのまんま。

今でも、年に1回、演劇やバレエ、朗読とかをそこで行うイベントがあるらしい。。
ここで、夜、柔らかい火の照明や月明かりの中で踊れたら、どんなに気持ちいいかなぁ
今回の旅行には、いつでも踊れるように、バレエシューズをザックの一番下に入れて持ってきてるんだけど、それ持って来ればよかったなぁ
すのこみたいな床にビーサンでは、何もできない。。



でも、気持ちだけ、すこし踊ってみた(西川しかいない時に)。


dance.jpg





ローマ時代の満席の観客に、おじぎをするふり。
右、左、上の方にも。


audience.jpg







なんかそしたら、目が熱くなってしまった。

踊りたいっ!!!ってすごく思ったから。


もう2ヶ月ちゃんとレッスンしてないな。
ホテルの部屋でバーレッスンもどきをしたことはあったけど。



体はもうなまりすぎてついていかないけど、バレリーナの心だけはちゃんとあたしの中で生きているんだなぁ

ニューヨークに行ったら、オープンレッスンを受けたいと思います








ジェラシュからの帰り、バスはない、とその辺のみんなが言うので、ほんとー?と思いつつもタクシーで帰ることにした
アンマンのダウンタウンまで、1人1JD=130円でいい、って言う。
それだったらバスと同じかそれより安いから、ほんとだね?って何度も確認して乗せてもらうことにした。

ら。

でた。英語がよくわからない人で、アンマン市内の変な場所で降りろ、っていう。
話が違う!とものすごい抗議したけど、だめ。
もう途中でお金払っちゃってたし。


それで、めちゃくちゃ捨て台詞を残して、車を降りた。
くっそー


こういうことがあると、その国自体が信じられなくなる。。
1人1人が国家代表なんですよー。

プロフィール

くじら日記

Author:くじら日記
2009年12月23日に結婚しました。
だんなさんは鍼灸師、わたしは病院での研修医を終えて、1年間の休みを取っての世界一周新婚旅行。
日記を、人が見てもいい文章で書くのってどうやってやるのかな…?と思いつつ、旅の記録を残したくてやってみました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。