スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレゼント

7月20日


エマさんのりちゃんの家にも、野良WiFiが飛んでます

今日はそれを使って、朝からずっと、スクリーンとにらめっこ。



フランスにいる間に、どこか国内小旅行をしよう、と思ってて、はじめはニースにしようと思ってたの。
ニースは、高校2年生の時に、バレエのレッスンツアーで行った思い出の場所
あまりにきれいな景色に、「絶対またここに新婚旅行で来る!」ってみんなと話してたのを思い出す。

でも、ニースに行くなら、シャモニーにも寄ってモンブランを見たい!という西川の希望もあり。
あたしもネットでシャモニーの景色を見てたら、すごく良く思えてきた。


でも、シャモニーは、パリから行くにもニースから足を伸ばすにも、交通の便が悪い



夜行列車を使ったりすることも考えたんだけど・・・






何しろフランスでしたいことの1番は、羽を休めてゆっくりすること


そこで、モン・サン・ミッシェルに1泊で行く案が検討されて、そのまま採用になりました
行き帰りの電車も、ホテルも、エマさんに助けてもらって、タイミングよくとれた





全部終わった時点で、昼も食べないまま、パジャマのまま、午後3時だったよ






そのあと、のりちゃんおすすめの、近所の小さなセレクトショップへ行ってみた。
のりちゃんがいいって言うだけあって、洋服もアクセサリーも、センスいい!!


特にアクセサリーがかわいいのばっかりで、ショーケースの前で、ネックレスをしてみたり指輪をはめてみたり・・・。
アクセサリー類は値札がなかったので、いちいち値段を聞いたりしてたら、2時間くらい店にいたよ
(後でエマさんに言ったら、ずっとあの店にいたの?!ってびっくりしてた




お誕生日プレゼントで、だんなさまにこちらを買っていただきました
ネックレス



超タイプ
ありがとありがとーー












そして、夜は、なんと3つ星のレストランをエマさんのりちゃんが予約してくれてて、正装の洋服を借りて、4人でお食事へ。
RIMG1556.jpg




フォアグラ、キャビア、まつたけ、お魚、チーズやワインもとにかく、
おいしかった~
お腹いっぱいすぎてうつ伏せになれないくらい食べたよ。



またまた幸せな夜
すぐ地下鉄に乗りたくなくて、少し外を歩きながら帰りました。


エマさんとのりちゃん。ラブラブ
3つ星帰りのエマのりちゃん
スポンサーサイト

28歳の誕生日

7月19日


28歳になりました
おはようございます



のえちゃんまおちゃんは、今日から地中海の方にサマーキャンプへ
親元を離れて2週間くらい行くんだよー!
バカンスが長いフランスならではねぇ。いい経験になるよね
朝ちょっと会ってお見送りできたからよかった



2度寝したら10時くらい(汗)




今日はお誕生日なので、2人でバースデーデートへ。
マレ地区(多分)の気持ちいいカフェで、お昼ごはんを食べました
28歳だぞ



でも、ピカソ美術館に行こうと思ったら、改装中で閉まってた

何かひとつうまくいかないと、パニックになるタイプのわたし・・・
ラファイエット前で、だんなさんを困らせてしまいました。
でも・・・・、だって今日誕生日だったんだもん!!



スペインで見て欲しかったMANGOの服や、安くてかわいいセーターを買って、靴を十何足試着して
、仲直りした。
あたしが妻だと、大変だと思う・・・
すみませ~ん。




夜は、エマさんの手作りおつまみ大会で、大人4人でシャンパンやビールを開けて、乾杯
おしゃべりがとっても楽しかった

どうもありがとう

蚤の市と遊園地

7月18日


朝起きて、エマさん(おじさん)とのりちゃん(おばさん)とのえちゃんとまおちゃんがいる


「おはよー」

「何飲むー?」

「歯みがいたー?」


明るい声があっちからこっちから聞こえる。


家族の朝




あたし達は、親でも子でもないけど。居候だけど・・・。
素敵な朝だった






エマさんのりちゃんの家は、FIGAROとかのおしゃれなおうち特集に出てきそうな、素晴らしい家なのです
くすんだ落ち着いた色が似合う、アンティークがたくさんさりげなく置いてある、居心地のいい、あたしの憧れの家



その素晴らしいセンスのエマさんと、のえちゃんと、日曜日の今日はクリニャンクールの蚤の市へ。
蚤の市




楽しい・・・楽しすぎる・・・
日本にもこういう所があったらいいのにー!!

雑貨とか食器もよかったけど、机と椅子がかわいすぎたぞー
新居の間取りはおろか、場所すら決まってないし、日本に送ることを考えると高くついちゃうから、見るだけで我慢したけど・・・。
蚤の市つくえ


あー、新しい家のインテリアがほんとに楽しみ。
少しイメージがふくらんで、ちょっとだけお買い物しちゃった。ビーズで出来たお花。
探検部のみんながくれた結婚お祝い金で、オーダーメイドしたくるみの木のテーブルが、日本に帰る頃には出来上がってるはず
あーん、くるみちゃん
パパ(西川)とママ(あたし)は、会えるのが待ち遠しいよ。





古いはがきを自分で選んで買ってるのえちゃんも印象的だった。
さすが、エマさんとのりちゃんの子供!ってかんじだわ。
蚤の市のえ






蚤の市のあとは、トゥイルリー公園で、のりちゃんまおちゃんも合流して遊びました
ここは、夏の間だけ、おっきな遊園地が立つんだよ。

(↓これは、水流が強すぎて、子供にはすくえそうもない速さで回ってるあひる。)
トゥイルリー公園



水ばっしゃんのジェットコースター乗って、すべり台やって、びっくりハウスに入って、ゴーカートやって、観覧車に乗って、アイスクリームを食べました



4年前に、あたしとママでパリに遊びに来たんだけど、その時も一緒にここで遊んだね。
「こうだったよねー!」って言える、同じ思い出を共有してるって、なんて幸せなことでしょう







夜もエマさんのおいしい手料理でお腹いっぱいにしてもらって、ぐっすり寝ました。

しあわせ~~


パリパリパリ

7月17日


パリに着きました~

格安航空券を使ってマラケシュからひとっ飛び




パリには私のおじさん・おばさんが住んでいます

お父さんの妹がフランス人と結婚してて、天使のような女の子も2人
あたしは血がつながってるので、とてもうれしい



普段は2人で宿までてくてく行くところですが、空港にそのおばさんと、妹のまおちゃんが迎えに来てくれました
お迎えってうれしいなぁ~
ありがとーーーーー

metroもついていくだけで、旅行って感じしないな。




だんなさんのエマさんが、ごはんとみそ汁とのりとキムチと冷奴を用意して、家で待っていてくれました・・・

おいじい




食べたもので明日の細胞が作られるとしたら、今まで日本食以外や、けっこうひどい食事をしてたあたしの体は、一体何人、何者だったんだろう?と思ってしまうくらい美味しかった・・・



夕方はさっそく、セーヌ川を船で移動して、エッフェル塔やルーブルの広場にも連れてってもらいました。


西川はエマさんに帽子を借りて、パリ風。
本人は結構気に入ってるらしい。
西川ぼうし



エッフェル塔。
エッフェル




ルーブル前。
ピラミッド





夜ごはんはうなぎで、また涙が出るくらい美味しかった
ありがとう
これは、体重アップできそうです。





おててをつないで、帰りましょう
素敵な1日の終わりに・・・
歩くみんな



西川の妄想・・・

モロッコで、メディナを歩いてると、



「やくざ~」とか、

「宮迫です!!」とか、

「びんぼープライス」とか言ってくる人が必ずいる。




インドでも、エジプトでも、

「ハシシ・・・?」とか、

「ワンダラーワンダラー」とか、

「かわいい~」とか、

「そんなのかんけーねー!」とか、



すぐ言ってくる。



みんな、知ってるその一言だけを連呼するのです。
何度会っても、そのフレーズ。

たまに、むかつくことを言うやつもいて、その店の前を通るのが、嫌になったりもした。





西川はこれらの人たちを見て、



「RPGに出てくる村人みたい」と言った。




















わかるわかる~~~~!!!!
超わかる!!!!



「宿屋はあっちだよ」とか、

「北の山に何かがある・・・」とか、

「姫様がかわいそうじゃ」とか、

近づいてカーソルを合わせると、いつも同じ情報を教えてくれる村人・・・





まさにそれ!!!!





そして、「そういう風に考えると、あんまりむかつかなくない?」と西川は言いました。


こんな時、この人天才、まじ結婚してよかったー、となるのです。





モロッコでは、狭い迷路のようなメディナの中でこういう『RPGの村人』に会うから、なおさら物語の中にいる感があって、この発想の転換は、とても面白かった

アラブの集大成!

7月16日


インド、エジプト、ヨルダン、モロッコ、で鍛えた値段交渉術を使って、モロッコ最後の今日は、メディナでお買い物!!


マラメディナ1


マラメディナ2



あたしは革の靴、西川はバッグを求めて、うろうろうろ・・・。
おかしょうメディナ




革の靴。ちょっと現代風のデザインね。
モロッコ靴屋


これはどうかな?
西川バッグ

これもいいぞー
西川バッグ2




これ汚れが気になるなぁ、ちょっと安くしてよ、ってまけてもらったり、これおまけでちょうだい!って言ってあたしの靴に小さい赤ちゃん用の靴をつけてもらったりして、なんとか満足行くお買い物をして、ホテルに帰った。


つもりが・・・・



西川のバッグの「汚れ」がなんだかべとべとしてて、拭いてもこすってもなかなか落ちない
あたしの靴も、中敷と靴が縫い合わされてなくて、すぐ中敷が靴の中でくしゅくしゅに丸まっちゃう・・・




アラブ商人に敗北?!
するのは嫌なので、西川が買ったバッグ屋にもう一度戻って、
「おっちゃーん、このバッグのべとべと取れないよー!!」


もう一回磨いてくれたんだけど、やっぱりまだぺとぺとが気になるので、交換してもらうことにした。

でも、同じ茶色がない・・・




探して探して、やっと同じ形のオレンジを見つけた。

ちょっと女の子っぽいかな~??
でも、べたべたバッグよりはこっちがいいだろう!


ってことで、10ディラハム(≒110円)払って交換してもらった。(これもはじめは30ディラハムと言われたところを、頑張って値切った。そいえばどこの国でも、リズムに乗せて手をぶんぶんしながら「10ディラハム~♪10ディラハム~♪」といかいう風に値切ると、なんかまけてくれることが多かったな

これです
(写真はパリでとったやつ・・)
RIMG1634.jpg






あたしの靴は、足に合う形をしつこく探して見つけたし、授業料込みってことで、そのまま。
RIMG1800.jpg



実はさ、この靴と全く同じ色・形のやつを、昔日本で買ってはいてたことがあったのだ
だぼだぼのパンツと一緒に履くとかわいくて、友達にも好評だったんだけど、雨の日もがんがん履いてたら、ぱっくり壊れちゃったんだよね。
こっちでもいろんな色があったけど、結局また同じ色を購入。10年前と同じ嗜好ってことね。


しかも、500円くらい!

日本で買ったやつは、たしか13000円くらいしたんですけど・・・





今までは荷物が増えるのを嫌って(&もちろん予算の関係も・・・)あまり買い物しなかったんだけど、パリから一気に日本に送る予定なので、モロッコでは少し買い物できて、すんごい楽しかった~

続きを読む

ハマム

7月15日


朝起きたら、イギリス人兄妹の部屋はもうからっぽだった。。

しおやんとあわじも今日でチェックアウト。



一瞬だけ出会った人たち・・・。

もしかしたらもう会うことは一生ないのかもしれないけど、その人達が言ってたことを思い出したり、お薦めされた場所に行ってみたり、そういう風に出会いは生きていくのだ!





昨日買ったあかすりと石鹸、ハマムに行くためのものでした
ハマムは、アラブの大衆サウナ、みたいなやつ。


西川がまず1人で男湯に行った。
宿でパソコンぱちぱちしながら待つあたし。



そしたら、
「ハマム・・・、いい・・・
とぽけーっとした西川が帰ってきた。



えー!そんなにいいの?!
あたしも早速



先客は、モロッコ人のおばちゃん2人。
はぁはぁ言いながらあかすりごしごししてた。
全裸

あんっなにおっきいおっぱい、初めて見たーーーーーーー!!!




ガイドブックとかには、パンツははいて、ブラはしててもしなくてもいい、って書いてあったんだけど、あたしもおばちゃんに習って、裸になってごしごし。
はじめはあんまり垢出なかったけど、石鹸をよく洗い流してやってみたら・・・、




でた~




ほんと久しぶりに座って前身洗ったよ。
日本出て以来かも!



あたしも、そうとうぽけーとして帰った。

ハマム、いいです
お肌つるつる

ビッグアップル?

7月14日


昨日寝たの1時過ぎだったから、昼前11時になっても西川が起きてこず・・・。

1人で朝ごはん買いに行って、メディナをお散歩することにした。



フナ広場までの道で、同じ宿に泊まってる日本人のしおやんとあわじに会った。
しかも別々に。
そして、別れてあたしは1回ホテルに戻ったにも関わらず、1時間後位にまたメディナの入り口で2人に会った・・・


せっかくなので、そのまましおやんと2人でメディナをお散歩
2人とも超方向音痴で、しおやんが「こっちな気がする」といい、あたしはそんな『気』すらわかんない、って感じ。

一度、そこらへんにいる人に「フナ広場はどっち?」って道を聞いたら、なんだかすごくにこにこして教えてくれて、実は少し前にしおやんが同じ場所で迷って同じ人に道を尋ねてたのでした・・・。
しおやん、聞いて道を歩き出してからその事実に気がついてた


西川とかは、地図もよく読めるし、街を歩いてる時とかも「東にまっすぐだ」とか「北側がこっちだから・・・」とか言いながら道を把握してるけど、うちらにはその東西南北の感覚、全然わかんないよ。。

もちろん、2人ともどこ歩いてるのか全然わかんなかったけど、戻ってこれた
人に聞けばみんな教えてくれるもんね


マラケシュ初メディナはなかなか魅力的ぽかったけど、しおやんは薬剤師であたしは研修医上がりだったから、共通の話が多くて、ひたすら病院の話をしながら歩いてて、それはそれでとても面白かったのでした。
(ちなみにあわじは元救命救急士、西川は鍼灸師で、なぜか仲良くなった4人が4人とも医療関係だった。不思議だねぇ





午後は西川と一緒にメディナ散策。
ほぼ迷わずに目指すモスクまでたどり着いた・・・
ふむふむ、午前のあたしは、メディナの入り口の門すらわかってなかったみたい。
どんだけ・・・。



途中、皮なめし場まで、男の子が案内してくれて、その子のお兄ちゃんがやってる店にお茶飲みながらすごく長居して、結局あかすりと石鹸を買った。

店に招かれる→お茶飲みながら仲良くなる→買わないか?と言われて・・・→なまじ仲良くなったからがんがん値切りにくくて、でも頑張って出来るだけ値切って買う。

このパターン、インドを思い出すわ~



道案内してくれたマルワンヌくん。
「イタリア語とスペイン語とフランス語が少しできるよ、it's business」と言い切っていた、いい子
あかすりと石鹸






夜ごはんのあと、イギリス人カップルと宿の屋上で延々おしゃべりしてたんだけど、「この後ニューヨークに行く」って言ったら、「あぁー、いいね、ビッグアップルねー」って言われたから、「ビッグアップルっていうの?知らなかった」って言ったら、めちゃくちゃびっくり&大笑いされた。



そんなに常識なの??!!
今日1番びっくりしたことだから、しっかり日記に書き記しておくぞ
プロフィール

くじら日記

Author:くじら日記
2009年12月23日に結婚しました。
だんなさんは鍼灸師、わたしは病院での研修医を終えて、1年間の休みを取っての世界一周新婚旅行。
日記を、人が見てもいい文章で書くのってどうやってやるのかな…?と思いつつ、旅の記録を残したくてやってみました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。