スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JMT 6 美しい湖たち

8月14日

day 6
Donohue Passを越えて下ったところの湿原→Ruby Lake

6:30am頃、もう日が射した!あったかい朝、最高!!
準備も着々と出来た。


ズボンの下は、これ。イチローのスパッツ。意外にワコール。
そしてこのすっぴんの顔が弟に似すぎでうける。
こうきに似てる・・・



しかしさー、今朝ごはんに食べてる小さいベーグル、腹持ち悪すぎ
出発する頃にはもうお腹すいてるんだもん・・・

今日は、昨日たくさん歩きまくったからか、2人とも体が重くてゆっくり歩き始めた
お腹もすいてるし、一回目の休憩から行動食のナッツむしゃむっしゃ。

そしたら、トレラン(トレイルを走るの。すごいスポーツだよ。)してる、日本人のおっさんが通りかかった。
日本人は日本人だけど、もうかなり長くこっちに住んでる感じで、話に出てくるこっちの地名がすべて英語発音なの
なんかすべてに勢いがある感じの人で、こっちもそれでテンポアップできた。





なんか、足取りもザックも軽くなるトレイル、ってある
頭の中のBGMもいつの間にか好きなバレエの曲になってたりする。Stars and Stripesとか
小さい花のひとつひとつやリスや小鳥が、悟空が元気玉する時みたいにぽわーって元気をくれる、みたいなトレイル
元気玉の花


あとね、研修医の時に、ある上司の先生が言ってた、
「いつどんな時も自分の味方でいてくれるのは、親でも奥さん(だんなさん)でもない。『あの時は頑張れたじゃないか』『前は出来たんだ、今度だって出来る』って励ましてくれる過去の自分だ。だから、今、全力で頑張れ。」
っていう言葉を、山歩いてるとよく思い出す。
JMT初日のGlaciar Pointの上りは、まさに今の自分を励ましてくれる過去の自分だった



てかね、今日のトレイル、今までで1番よかった!!
Island Passを越えて以降、まじでスーパーきれいな湖連発、西川が「今日はおかしょう並みにきれいな景色がいっぱいあるよ」って言ってただけのことはある!!
IMG_3420Island Pass を越えて1コ目の湖
2個目の湖?




Thousand Island Lakeで、2人の写真をオートシャッターで撮った。
thousand2ショット


西川は
「これでJMTに来た目的の半分は達成した」
って言ってた。まじで??まだ6日目だけど。
でもまぁそう言ってくれるとうれしいけどね。



途中で、写真家のおじさんとそのアシスタント、っていう2人組に会った。
JMTのカレンダー(2011年版)を作るために写真を撮りながらトレッキングしてて、日付のところにJMTを歩いてる人の顔写真をのせたいらしい。
撮らせてくれないか、というので、もちろんOK
カレンダー出来たら送ってくれるって言ってたけど、どうかな~
もしほんとに送ってくれたら、とってもいい思い出だ。




それから、Island Passの手前に、小さな青いとんぼがいっぱい飛んでるところがあった。
蛍光ブルーみたいな色で、これはもう妖精か?ってくらいきれいだった。。
すごく狭いエリアにしかいなくって、それもまた妖精の国チック
撮るタイミングをはかってたら、いつの間にかどこにもいなくなってて、1回ザックおいて写真撮りに戻ったもん。

止まってると「虫」感があるけど、飛んでるとほんとに妖精だった。
青とんぼ






そして、今日のお宿に決めたRuby Lake!!
ここは間違いなくあたしのJMTお気に入り。
IMG_3427Ruby Lake


小さめの湖だけどすごく深そうなブルーで、ひっそりとした感じもとても気に入った。
まだテン場に着くには早い時間だったし、美しすぎてちょっと怖いくらいで、泊まるのはどうかな・・・?と思ったけど、去りがたくって、やっぱりここにしたのでした。
透明度はすごいのに、青が濃すぎて奥まで見えないの。防水カメラ持ってたら、中を撮って見たかったな。なんかすごいものが写るかも・・・

この沈んだ木もやばかった
Ruby沈んだ木



Rubyの水で洗濯して、パンツも(初めて・・)はきかえて、体も全身濡らしたタオルで拭いて、髪の毛まで洗った。意外
にさらさらになった。なんか原始人みたいで面白い
ほんとは泳ぎたかったんだけど、風が少し強いのと、やっぱり青の深さが怖くて踏み切れず。



同じくJMT中でRuby Lakeに泊まってたJim♂とCherein♀と友達になった
歳の差カップル(男<女)かな~?と思いきや、山雑誌の広告欄に、Chereinが「JMTに行きたいんですけど誰かpermit余ってる人いませんか??」みたいな広告を出したのを、2人分のJMTのpermit(許可証)を持ってたJimが見つけて、連絡とって一緒に来たらしい。
だから3日前とかに初めて会ったんだって。
全然知らない他人と山を歩くなんて、あたしには絶対無理だわ。絶対けんか別れしちゃうと思う・・・

でも確かにこの2人は話しててもすごい面白いから、うまくやってるんだろうなぁ。
英語で話してても、なんか気が合う、って分かる人っているんだよね。この2人はそうだった。もし2人が日本人だったとしても、仲良くなったと思う。



寝る前。テントの中はこんなかんじ。
テントの中ruby
スポンサーサイト

セドナ到着 :)

9月16日

夢の中でドアがばたん!って閉まる音と、西川が風呂場で転ぶ音が一緒になって目が覚めた。

ティーとマフィンでブレックファスト(朝ごはん、ではなくて)。
パソコンでjazzを聞きながら、幸せな朝
こういうゆっくりした時間、素敵
ブレックファスト




ほんとに素晴らしかったstudio6を10時くらいにチェックアウトして、近くのスーパーで昼ごはん用のでっかいポテトサラダとベーグル(1個50セント!!)を買って、また高速へ


日焼け対策万全!!
日焼け対策万端!




持ってる荷物全部を乗っけて、そのまま好きなところに移動する、って最高
やっぱり車借りてよかった~



もう運転はほとんど昔と同じに戻った

サンディエゴで運転を習ったから、今でもその時の教官が教えてくれたとおりに運転してる。
車線変更の時もSMOG(スモッグ)、っていって、
S:signal(ウィンカーを出して)
M:mirror(ミラーを見て)
O:over the shoulder(振り返って見て)
G:go!(ゴー!)
って習ったから、今もS、M、O、G、って頭の中で言いながら車線変更してるの。

でも、慣れて気が抜ける今が1番危ないかも・・・?





セドナに近づくにつれて、岩や土が赤になった!!
やっぱり実物は違うねー、とテンションがあがる
トレイルを歩きながら見る景色も最高だけど、町の中で車の窓からこんな景色が見えるのも驚き。
セドナに住んでる人は、これを毎日見ながら生活してるんだなぁ。。パワーが溜まりそうだ。
町から岩見える



大きな赤い岩を見ながら、朝買ったベーグルとポテトサラダでランチ。
乾いた風が気持ちよかった。
レッドロックビジターセンター




セドナの町に着いて、ビジターセンターで、ボランティアで働いてるおじいさんに色々話を聞く。
よく奥さんと一緒に、ワインとチーズを持って夕焼けを見に行くビューポイントとか教えてもらった
なんともいい夫婦だなぁ
ビジターセンターって、国立公園でもこういう町でも、働いてる人みんなすんっごく感じがいいんだよね。わくわくして訪ねて来る人達の、いいパワーをもらってるんだろうか

キャンプ場のことも聞いたら、種類が色々あって、ふつうの森の中:無料、トイレあり:一晩$18、シャワーもあり:$20、Wifiとかプールもついてる!:$36、などなど。

4泊する予定だから、無料のとこだったら宿代が浮いていいね、って話してたけど、町からかなり遠い山の上の方だったから、結局$18のところで手をうった。


テントを張って寝床を作ってから、また町へ。
お土産屋さんをひやかし
Sedona Tシャツとかどうでもいいやつもたくさんあったけど、いいねぇ・・・っていうものもいくつか。
お値段がはったので、今回は連れて帰れないけど・・・


で、いつも通りスーパーへ。
アリゾナで店舗展開してる、SAFEWAYってところ。
会員カード(ただ)まで作っちゃった会員価格とふつうの価格が全然違うんだもん。

そこでサンドイッチとスープを買って、空港近くの夕焼けスポットに行った。
太陽はぎりぎり沈んじゃった後だったんだけど、そのあとの見事な「焼け」が見れた。
人も少なくなってて、ちょうどよかった。
セドナ夕焼け


町の夜景も、東京育ちには胸キュン
西川は全然わからないらしい。。
胸きゅん夜景



1番星がなかなか見つけられないおじいちゃんおばあちゃん達。
みんなで指差しててかわいかった。
指差す人



山の夜道をドライブして帰ったけど、キャンプ場の入り口がわかんなくて、ずいぶん遠くまで行っちゃった
プロフィール

くじら日記

Author:くじら日記
2009年12月23日に結婚しました。
だんなさんは鍼灸師、わたしは病院での研修医を終えて、1年間の休みを取っての世界一周新婚旅行。
日記を、人が見てもいい文章で書くのってどうやってやるのかな…?と思いつつ、旅の記録を残したくてやってみました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。