スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンクリストバル

10月27日

朝ちゃんと起きて、しっかりパッキング。1つの場所にこんなに長く居たのは初めてだ。。
足を沼からよいしょー、って引き抜くみたいな感じ。

けいたくんとシネイには、キューバでまた会える予定。ちょうど行く時期が同じなの
大阪や広島に住んでる人とだって、1年に何回か会えたらいい方なのに、グアテマラのシェラで会った人と、「じゃあまた来週くらいにキューバで!!」って別れられるなんて、不思議を超えてるな

ちょうちんみたいにスライムピニャータを持って、出発!!
宿のオーナー、ありがとうございました、すいませんでした、お世話になりました



メキシコ・サンクリストバルへ。
ローカルのバスを自力で乗り継いでももちろん行けるけど、今回はザックもおっきいし、あらかじめ手配したバスで行くことにした。1人290ケツァール(≒2900円)。自力だとこれの半分以下らしい。
でも、3台乗り継いだけど、降りたらすぐに次のバスが待ってて、すごくスムースだった。荷物もちゃんとバスの中に入れてくれて安心だし、ちょっと高いかな、と思ったけど、やっぱりこっちにしてよかった


でも、国境を越えたあたりで、なぜかすごい渋滞してて、しかもこの辺は標高が低いから、暑くて暑くて…
シェラ寒いし(標高2000m超え)、移動のときは荷物を少なくするためになるべく厚着する、っていういつものセオリーで、ワンピースの下にズボンもはいて、タンクトップとババシャツも着てたら、気持ち悪くなってきた
仕方ないから、ワンピースとババシャツ脱いで、ズボンとタンクトップだけになったよ。ふぅ



8時間くらいかかって、サンクリストバルに到着。
ここに行って来た人みーーんな、ものすごいかわいいおみやげを買ってきてたから、うちら(主にあたし)もお買い物するためだけに来たつもりだったけど、街並みが超きれい。。
建物の色がきれいだし、おしゃれなレストランとかカフェもいっぱい!
IMG_0597.jpg



やっぱりメキシコとグアテマラは違うのね。。こっちはぎりぎり感があまりない。
物もうるおってて、デザイン重視、とかそういうレベルまできてる。
ここ気に入ったな~
死者の日に合わせて、オアハカに移動するつもりだったけど、なんか長居したくなっちゃうなーーー。



安いドミトリーの宿にチェックインして(1泊1人70ペソ(≒490円))、メキシコ人の女の子2人と仲良くなる
ジェルリーとエルバ。20歳!保育園の先生してるんだって。


2人ともちょっとお肉がついてて、自分でも「soy gordo.(私太ってるから)」って言ってたけど、笑い袋みたいにうっひゃうひゃ笑う子達で、こっちまで可笑しくなっちゃう。
西川のスペイン語のわからなさ加減がつぼらしくて、めっちゃうけてた。


ジェルリーと。
IMG_0600.jpg




夜は日本のお米を炊いて、インスタントのお味噌汁にしたから、ちょっと分けてあげたら、「Riquisimo(超おいしい!!)」って喜んでたよ。でも、これしか食べないの??ってびっくりもしてたけど


明日の夜は、彼女たちが宿で夜ご飯を作ってくれることになった。うわーい。そして、そのあとクラブ行こう!!って。今夜も行こうって誘われたんだけど、今夜はさすがにバス移動の後だし、やめときました

宿って、そこにいる人ですべて決まるね。ドミで同じ部屋になったフランス人の女の子2人もすごく感じいいし、ここは当たりです
宿だけじゃなくて、むしろ、その場所で会った人で、国や町の印象もほぼ全て決まると思う

スポンサーサイト

マイピニャータ

10月26日

西川はまた寝てるので、1人でつまんない

こうなるであろうことはわかってたので、昨日フロールに聞いて、今日午前中もう1回だけ、授業してもらうことにしたんだー!!
わーい!!また勉強できるぞー!!



今日はing形を習ったよ。
これで、
「何してるの??」って聞かれた時
「私は服を洗う」とか「Toshiは眠る」とか、あほみたいな受け答えをしなくて済む。
ちゃんと、「服を洗っています」、とか、「Toshiは寝ています」、とか進行形で答えられる

授業の前、シャワー浴びて、ドライヤーで髪の毛乾かしてから行ったんだけど、まだ少し毛先が濡れてて、そのせいか、途中ちょっとだるい感じがした。
ちょっと久しぶりに勉強の脳みそ使ったから、知恵熱か、とも思ったけど、もしかしたら、授業中もちょっとパソコン事件の話をしたからかな??
話したり考えたりするだけでも、なにか悪いものがくっ付いてきそうだもん。
もうおしまいにしよう



11月1日の死者の日に、宿のオーナーと先生と生徒みんなで、おでかけするらしい。
グアテマラシティーの近くの、サンルーカスっていう町に、おっきな凧を上げるお祭りを見に行くんだって。
楽しそうだ
フロールは、「Shokoが来れなくて残念、ほんとに明日行っちゃうの??パソコンがなくなったことは気にしないで、好きな時に出発していいんだよ」って言ってくれた。
ありがとう。うれしいけど…。ここにこれ以上いるのは多分良くない。シェラも先生たちも大好きだけど、やっぱり明日出よう。



午後は、オーナーと一緒に警察に行って、保険用の書類を作ってもらった。なくさないようにしないと。

そしてその後は、カルラっていう先生の娘さんによる、ピニャータ作りのクラス!
ピニャータって、こないだお呼ばれした誕生日パーティーで、めった打ちにされてたあの人形ね。

うちらは、西川の「スライムにしようよ」って一言で、スライムのピニャータを作ることに決定。
針金で骨組みを作って、その上に新聞紙を糊ではりつけていく。糊も、粉をお湯で溶かして作って、それを指で新聞にのばすのは、なんかのヒーリングみたいで、気持ちよかった落ち着いた。。

針金を輪っかにして…
RIMG2348.jpg

のりを塗り塗り…
RIMG2349.jpg


そして、先を細かく切ってぴろぴろにした紙を貼っていく
IMG_0591.jpg




けいたくんはサルを作ってた。スライムはほぼまんまるだから作りやすいけど、サルは手足もあるし、けっこうな大作。そしたらこのカルラの娘さんが相当頭良くて、その骨組みも、特に見本もないのに、どんどん作っていく。頭の中で3Dで考えてるんだねー。すごいや。
多分、20歳を越えたあたりからこの子はモテるタイプだよ





スライム。思ったより手間がかかったよ、この子は。出来たの夕食のちょっと前くらい。
口と目は西川が1人で作った力作!
IMG_0595.jpg


出来かけのけいたくんのサル。かなり気持ち悪くて
IMG_0593.jpg

ちょっと紙を貼ったとこ。ほんといいね
IMG_0596.jpg



スライムよ、どこまで一緒に旅できるかわかんないけど、明日のメキシコには連れてってあげるからね



夜ご飯の後は、けいた、シネイ、あたし、西川、あと、おりえさんっていう新しい、そしてめちゃくちゃ面白い人と5人で、近くのバーでビールを飲みました。
おりえさんは絶対大阪出身だ、てあたしとシネイで話してたけど、普通に東京出身だった。日本語の先生してたんだって。
なんか、普段から外国人と触れ合ってると、心が常に世界に開いてそうでいいなぁ。常に足が日本から少し浮いてる、っていうかさ。



あー、グアテマラ最後の夜。ビールに塩を入れるとやっぱり美味しかった。みんなも賛成してくれたよ。

買った!!

10月25日

7時過ぎに、宿で目が覚めた

ホームステイの家はベッドの真ん中が大きくくぼんでたからうつぶせで寝れなくて、昨日は西川のホームステイ先で1つのベッドに2人で寝たし、久しぶりに1人で平らなベッドに広々寝れて気持ちよかった

スーパーでコーンフレークと牛乳とりんご買ってきて、朝ごはん。




そのあと、授業で出すおやつを買いに行くっていう宿のオーナーに連れてってもらって、一緒に大きなモールへ。
Hiper Paizってとこだったんだけど、ハイパーがスペイン語読みで、イーペル。へぇ。。。ぜんぜん違うんだなぁ。

新しいパソコンを見にいったんだけど、でかくて安いのと、ちっさくてちょっと高いのしかない

オーナーについてサンマルティンっていうパン屋さんでおやつを買って、一回宿に帰った。

ちょっと遠いとこだったから、タクシーで行ったんだけど、オーナーはまんまとタクシーの中にサンマルティンのクッキーを置いてきてしまいました。。
サンマルティン、すっごいおいしいけどお値段も高い、高級パン屋なのに。。


授業の休憩時間にちょっとお邪魔したあと、今度は西川と2人でもうひとつのMont Blancっていうモールにも行ってみた。
ノートパソコンはAcerの1種類しかおいてなかったけど、値段も3万円弱だし機能も合格
速攻だけど、ここで買うことにした

保険はついてるかとか(まぁ壊れてもシェラまで持ってこれないからなくても同じなんだけど)、メディアプレーヤーはあるか、とか、本体のカラーは何色があるか、とか、スペイン語で聞けたよー。パチパチパチ

しかし、西川がいつかの授業で習った、lapto(ノートパソコン)っていう単語、こんなに使うことになるとはねー・・・


クレジットカードだと、10%割り増しになるって言われたから、近くのATMでお金を下ろして、現金購入!!
箱に入れてもらって、それをさらに黒いビニール袋に入れてもらった。買ったとこ見られて途中でひったくられたら嫌だから、ザックに入れたかったけど、箱がでかすぎて無理。。
で、両手で前に抱えて、さらにカーディガンで箱と体を一緒にしばって、宿まで歩いて帰った

宿に入って、ドアを閉めてやっと、ゴーーール!!って感じだったよ。

うん、これで一応新しいパソコンも買えたし、お金ももちろんいくらかホームステイ先から払ってもらうし、保険もたぶん効くし、これはこれでよかったのだ(?)




でも、西川が風邪ひいてしまいました
熱と、頭痛と、咳

心労から来るものだね、こりゃあ。この一連の出来事で、気力・体力を奪われたんだね、間違いない
わかるよわかるよ。あたしもMont Blanc行くときちょっとふらふらしたもん。壮絶な2日間の後だもんね。
よって、出発は明日の予定だったけど、一日延ばすことにした。


西川がずっと寝てたから、あたしはたまたま宿に来た西川の先生マリアとスーパーに買い物に行ったり、宿に置いてある本を読んだりして、午後を過ごしました。

「100回泣くこと」っていう小説を夜ベッドで読んだんだけど、涙腺がゆるくなっちゃったのか、まじで号泣
もうパソコンの事件のことでは泣かないぞ!って決めたんだけど、読書でこんなにすぐ泣くとは・・・
最近お決まりといえばお決まりの物語展開だったけど、男の人が書いたとは思えない情景描写。
自分たちのことを書かれてるのか、と思うような、日々の会話。

中村航さんは、こんなに繊細な心のまま、普段も生きてるのかなぁ。。それはやばそうだ。



優しい気持ち

10月24日

夜が明けて、朝になった
事情を知った色んな人が、声をかけてくれる。

「俺もニュージーランドに1年いたとき、1年分の写真のデ-タ全部なくなったことあって、ほんとショックだったよ。物を盗む人には、絶対悪いカルマがついて自分のもとに戻ってくるよ」って言ってくれたけいたくん。

Are you OK, shoko?って何回も気にしてくれるシネエ。

先生のフロールも、日本語で、「ワカッテル。ワカッテルヨ。ガンバッテ。」って言ってくれた。シンプルな言葉に泣きそうになった。しかも、宿のオ-ナ-に、あたしへのプレゼントを預けてある、って。後で受け取ったら、グアテマラの刺繍のブックカバ-のノートと、メッセージが書いてあるポストカードだった

西川のホ-ムステイ先のグアテマラ人のおばあちゃんと、一緒に住んでるアメリカ人の看護婦してるおばあちゃんも、
Hay musho en vida.(人生には色々あるよ)、
機械一つよりも命の方が大事だよ、機械はまた新しくてかっこいいやつを買えばいい、
Having each other is the most important thing. (お互いが無事で愛し合ってる、ってことが一番大切なんだよ)
Siempre alegria agui. No triste.(いつもここ(あたしの胸を指しながら)に喜びをね。悲しいのはだめよ。)
って。
おばあちゃん、って優しいよね
西川も思わず、「ああいうおばあちゃんになりたいね」って言ってた。将来はおばあさんになるみたい。




パソコンとデータはなくなっちゃったけど、もらったものもたくさんあった
思いやり、励まし、素敵な言葉、優しい気持ち

ありがとう、ありがとう。
立ち直れるよ

かなしい事件

10月23日

事情があって、20日から22日の日記はスキップ。

20日、国民の祝日で、ナワラっていう町にみんなでおでかけした。バスでまた虫に刺された・・・
21日、学校を卒業した。泣かなかったよ
22日、まだ古着市行って、UGGのブ-ツを500円で買った




そして23日土曜日。

午前中は、その辺の店でもらってきたダンボールに、アメリカのトレッキングの資料や、シェラで買ったおみやげ(昨日買ったブーツも)をつめて、日本に送った。
6キロで7000円。でも、プライスレスな物だから、これくらいの出費はしょうがない


昼ごはんのあとは、またロスバーニョス(銭湯)へ!!
今度は、垢すりに加えて、インドで買った顔用のスクラブやパック、お風呂上り用のボディークリームまで持っていった。モロッコのアルガン石鹸を、泡が固くなるまで泡立てて顔を優しく洗ったり、極楽だったー

でも、西川の体中にある虫刺されが気持ち悪かったけど。。
いつの間にこんなにたくさん!てかんじ。
痕になりそうだから、西川が男でよかったよ。(ごめんね)



頭にタオルを巻いて、バスに乗って、ご機嫌で家に帰った


そして部屋に着いたら、









あれ
机の上に置いてあったパソコンがないぞ。
ロスバーニョスに行く直前までブログを書いてたから、この部屋にあったのは間違いない。

またあたしばかだからどっかにぽいって置いちゃったのかな??と思って探したけど、ない。

あまりにさりげなくなくなってるから、どっかにありそうだけど、ないないない


アニーに、あたしのパソコン知らない??、ないの、って言ったら、顔色変えて
You don't mean it!!(本気で言ってるんじゃないよね?!!)って。

グラディスが帰って来て、事情を説明して、すぐ宿に向かった。
まだこの時は、家のどっかにあるんじゃないかな、とか軽く考えてて、宿のみんなにも、パソコンがなくなっちゃったんですよ、って笑って言えてたんだけど。



宿のオ-ナ-がすぐ家に来て、警察に行くことになって、どんどんほんとに無いんだ・・・って実感がわいてきた。
パソコンに入ってた写真、西川は全部タイトルに日記みたいにコメントつけて、写真も★の数でお気に入りを選別してたのに・・・
JMTは西川の8年来の夢で、新婚旅行のハイライトだったのに。。
その写真も全部ない
ちょうど外付けハ-ドを友達に貸してたから、返ってきたらDVD-Rに焼こうね、ってついこないだ話してたとこだったのに・・・


警察が家に着て、事情徴収が始まった。
あたしのパソコンだけが無くなってること、ドアが乱暴に壊されてないことから、内部の人が疑わしいっていう線でで警察が話し始めたら、グラディスと息子激怒。すごい剣幕で、あたしを責めだした。

この家のドアは、すごい力入れないと閉まらないんだけど、それ知らなかったから、前に1回家のドア半開きのまま家に入ってきちゃったことがあったの。そしたらその事を、「Shokoはいっつもドアを閉め忘れてた」って警察に言ったり、「俺たちが盗むわけない。あんなshit(ゴミみたいなもの)要らないし、そもそもShokoが今日パソコンは部屋にあったって言ってるけどそれもほんとかわからないじゃないか」とか。
専門用語が飛び交う中、あたしは全然スペイン語ついていけなくて、何もわからないし答えられなかったから、宿のオ-ナ-が代わりに受け答えしてくれてたんだけど、そしたら「いつもはもっと喋れてるしわかってるじゃないか、自分でしゃべりなさい!」って怒られたり。


ひどい。。

人が怖くてこんなに体が震えるのか、ってくらい全身ががたがた震えた。



でも「事件になって自分たちの名前が出るのはすごく困る」と家の人が言い出したので、名前を出さない代わりに、自分の家で起こった事件だからちゃんと責任を取っていくらかあたしにお金を払う、ってことで一応話は落ち着いた。

もうどうせパソコンは戻ってこないだろうし、ここの家は長年宿のオ-ナ-と契約して生徒の斡旋してもらったりホ-ムステイさせてもらったりしてるから、その生徒の者に手を出すのがどれだけ危険かわかってるはずで、この人たちは犯人じゃない、って思ったし。







それでも、言われて傷ついた言葉は元に戻らない。
警察が帰って、部屋に一人になって、このままここでひとりぽっちで夜を過ごすのは無理だ、と思った。

西川はまだ何も知らない。
もう夜11時を回ってたから、タクシ-で西川のホームステイ先まで行った。

そっからずっと泣きっぱなし
こんなに涙が出たのは久しぶり。
さっきの事ちょっと思い出すだけで、すぐ顔がびしょびしょ。



自分で落としてこわしちゃった、とかの方が全然良かった。
それだったら、超悲しいのは同じだけど、「しょうがない」って言える。

でも今回は、壊したのともなくしたのとも違って、故意に盗んだ誰か、が確実に存在する。
しかも、あたしの部屋は食卓の横の部屋で一番入りにくいとこだし、他の人の部屋は全く無事なことを考えても、あたしがパソコン持ってることを知ってる誰か、が一番可能性が高いと思う。

誰かがうそついてる??
あたしだまされてる??


今まで3週間仲良く一緒に暮らしてきただけに、パソコンがなくなった、っていう事実より、その人たちもしくはその人達の知り合いを疑う自分が悲しい




これ、今まで生きてきた中で、嫌なことワ-スト3に入るよ。。。




西川は、「パソコンがなくなっちゃったの」って言うなり泣き出したあたしを、よしよししながら「いいよいいよ、だいじょうぶだいじょうぶ」ってずっとぎゅうしてくれてた。
今唯一、100%信頼できる人。だんなさんをこんなに頼りに思ったことはない。


離れられなかったあたしは、そのまま西川の部屋で寝ることにした。

過去形やったー!

10月19日

今日から過去形!!
現在形だけでしゃべってると、ほんと自分があほみたいだから、過去形が始まってほんとに嬉しい

スペイン語って、主語によって動詞の活用が5(もしくは6)種類に分かれるの。

例えばtener(持つ)、だったら、

わたし:tengo
きみ:tienes
あなた・彼・彼女:tiene
わたし達:tenemos
あなた達・彼ら・彼女ら:tienen

っていう風に。

これは現在形の活用だけど、過去形になるとこれをまたあたらしく5個覚えなきゃいけない・・・
しかも前にも書いたけど、時制が22種類あるらしいから、1つの動詞につき、5個×22種類=110個覚えるの??

全部は使わないだろうから、110よりは少ないと思うけど、それにしても・・・
なんで、英語みたいに、-edをつけるだけ、とかにしなかったんだろう

その割に、whyとbecauseが同じスペルだし(アクセントの位置が違うけど)、文と文をつなぐthatもwhoもwhereも全部queだし、大切なとこは同じ単語を使い回してない??



スペイン語、変なことばー
でも響きがやっぱりかわいいから好きよ





今日も違うカフェでスカイプ。
またCathay Pacificのアメリカロス支店に電話した。
でも今日はなかなかつながらないし、つながっても途中で切れたり、音質もあんまり良くなくてイヤホンを手で押さえて、パソコンを口の近くに持ち上げてしゃべらなきゃいけなくて、耳も手も痛いよー

とりあえず新しいフライトは取れたんだけど(よかった・・・)、古い方のフライトは、自分で各航空会社に電話してキャンセルしてください、と言われたので、ラン航空にも電話してその旨伝えたら、自分とこのフライトなのに、キャンセルする権利がない、とか言ってしてくれなかった。。


もう、何なのーー!!!
完全にストレスアウト!!!
イライライライラー!!!!!!

西川になだめられながら気持ちを落ち着かせる。。




しょうがないから、日本の朝まで待って、Cathay東京支店に電話してみたら、なかなか物わかりの良いお姉さんが出て、色々教えてくれた。名前覚えとけばよかったな。


まだ全部解決してないし、ふぅ、フライト変えるだけで何日がかり???



帰り道は、空が雷でぴかぴかしてた。光だけ。
家に帰って調べてみたら、スペイン語も英語と同じで、雷鳴はel trueno、雷光はel relampagoって分かれてた。今日のはrelampagoか、ふむふむー

ゴミ袋で

10月18日

今日から過去形に入れる!って楽しみにしてたけど、未来形の例文を作って見てもらってたら、フロール的にひっかかるとこがあったらしく、そこから直接目的語、間接目的語、の話が始まった。

Quiero mirar la pelicula de Ponyo.(ポニョの映画が見たい)
っていう文を、もう一度繰り返す時、同じ内容をまた全部言うのはめんどくさいしくどいので、
Quiero mirarla.っていう風に短縮できるよ、ってやつ。


Voy a comprar un boleto para ellos.(私は彼らに切符を一枚買う)
っていうのは、
Voy a comprarles un boleto.って短縮できて、さらに
Voy a comprarselo.ってこんなに短くできる。


うーーん、理解はできるし、ゲームみたいで面白いけど、これを実際に会話で使ったり聞き取ったりするのは難しいだろうなぁ・・・


あと、今日は授業中、いっぱいしゃべっちゃったから、あんまり進めなかった。
でも世間話するのも勉強になるからいいか
サンディエゴ留学してた時みたい。映画見に行くのも、クラブに行くのも、全部英語の勉強になるからよし!っていう感じ。





授業の途中からまた降り出した雨は、空が明るかったからすぐに止むかなーと思ったけど、授業が終わっても全然止まないで、どんどん本降りになった。みんなでドアのとこで待ってたけど(誰も傘持ってなかった)止まないから、宿でおっきいゴミ袋を借りて、顔のとこ穴あけてかぶって帰ったよ。
IMG_0573久しぶりの雨、即席の雨具


まだお昼で明るいし、雨だし、西川には送ってもらわずに1人で歩いてたら、通行人に笑われた・・・




今日もバビエラってカフェでスカイプ。
今度はアメリカのCathay Pacific。
またすぐにつながって、ちゃんとフライトも変更してくれた
ほらー、やっぱりー!日本のCathay ぶーー
しかも、無料の番号だったから、スカイプもただだった。。ほんとにすごいな。



今日の宿題は、西作文!!
今日で現在形が終わったから、現在形を使って作文を書いてきてね、と言われた。

数行かな、と思ったけど、書き始めたら面白くって、1ページの大作になったー。
どんどん行が埋まって、こんなに書けるんだー!!って目に見えるのが気持ちいい

ほら、こんなに!!
作文!



これを、しゃべれ、って言われたらすごい口ごもっちゃいそうだけど、書くなら時間たっぷりかけて考えられるから、どんどん書けるよ

アメリカ留学中も、英語でずっと日記書いてたなぁ。教科書の例文と違って、ほんとにあったこと、言いたいことを書くから、すごい勉強になるんだよね。




でも、夜ごはんの時、またみんなの会話に全くついていけず・・・。
一喜一憂。。

でも最近、顔の筋肉もう疲れなくなったな

日本のcathayと、AOL使えない!

10月17日

いい天気
昨日の夜、洗剤に漬けこんどいた服をゆすいで干す

10時に西川と公園で待ち合わせ。もうグアテマラも半分以上過ぎたし、そろそろおみやげのお買い物してもいいかな、と、近くの民芸品が売ってる建物へ。前に授業で来たところ。
日曜日も午前中は開いてる、っていう話だったんだけど、まだほとんど開いてないなぁ。
おみやげも売ってるホテルがあるよ、と西川が言うので、そっちも覗いてみたけど、こっちはちょっとお値段が張るー。作りはしっかりしてたけどね。
でもそのホテル犬を3匹飼ってて、そのうち1匹がグレーのシュナウザーだった!!
ジジくん。元気かな


また民芸品の建物に戻って、開いてたお店で色々買った
西川は、布を買ってたよ。あたしは最近青ばっかり目に留まるけど、西川は赤が多い。布もいい感じの赤。
お会計の後、お店のおじちゃんが教えてくれたんだけど、ここのお店、チチカカが買い付けに来るらしいよ。へー。
チチカカの人!原価がわかっちゃったよ




お昼ごはんは、西川もうちにお邪魔して一緒に食べた。
それで、部屋でポニョ見たー。元気が出る映画だなぁ。セリフを覚えて、西川と言い合って遊ぶ。これは流行りそうだ。。
あと、ポニョのお父さんのフジモトが、スペイン語だとjがhの発音になるから、フヒモトになっててうけた


朝はあんなにいい天気で陽射しが暑いくらいだったのに、家に帰ってくる頃からぽつぽつ雨が振り出して、ポニョ見終わったらもうざあざあ。傘ないし、家に閉じ込められたから、さらに続けて、日本から持ってきてた千と千尋も見た。

もう10年くらい前の映画?? 初めて見たときは、もののけみたいにすっごい感動する!!ってわけじゃないし、あんまり好きな映画じゃなかったんだよね。でも今日見たら、ひとつひとつの場面がすんごい面白いし、泣けるし、ハクかっこいいし、千の成長ぶりは見てて嬉しくなるくらいだし、超気に入っちゃった
八百万の神の国、日本に生まれたんだ、って思ったら誇らしくなってきたよ。
宮崎駿さんはやっぱり変でいい映画作るなぁ。
西川は、ジブリの中で千と千尋が1番好きかも、と言ってた。



そのあとは、雨が多少小降りになったから、グラディスにぶっ壊れた折りたたみ傘貸してもらって、2人で近くのXela Cafeへ。
フライトの日程を変更したくて、日本のCathay Pacificのオフィスに電話しないといけなかったから、西川がセッティングしてくれたスカイプを始めて使ってみた。
(パソコン同士で話したことはあったけど、固定電話にかけるのは初めてだったよ。)




すっげーーーーー






あっさりつながったし、音質も大丈夫。安いノートパソコンだけど、カメラもマイクも内臓してるし!!
やるじゃん
最初どこにマイク付いてるかわかんなくて、画面に顔近づけてしゃべったりしたけど。。
しかも、1分2~3円!!国際電話なのに!!
スカイプってどうやって儲けてるの???


でも、日本のCathay全然使えなくて、今日話した男の人は、変更はここではできません、って言ってた。全然世界一周航空券のことわかってない。今までだって各国のCathayで変更可能だったのに!!
社員教育しろー!!


でもスカイプあるから、また明日、アメリカのCathayに電話しよ。


あと、ここのところ、AOLのメールが変で、読めるけど送れない。。AOLも、使えないなぁ。。
メール書いてくれた人、全然返事ができてなくてごめんなさい。
○奈、あ○ね、○もちゃん、○のちゃん、もう書いて保存はしてあるんだけど、ごめん。



帰りはもう雨も止んでた。
夜ごはんのあと、アニーが缶ビール持ってきてくれて、また女3人でセルベッサー
アニーありがとー

楽しい土曜日

10月16日

こないだの水曜日、マリアがお父さんを病院に連れてくって早退したから、西川達は2時間しか授業してないの。だから、今日は土曜日だけど、もう半分の2時間を朝振り替えでやってて、それをちょっと覗きに行こうとちょっと早起き

部屋で準備してたら、ジョバンニが女の子と部屋から出てきて、食卓に座った。
あたしの部屋は食卓のすぐ横だから、ドアを隔てて2人の会話が全て聞こえちゃった
しかも女の子は多分アメリカ人で、2人は英語でしゃべってて、ほんとに内容もつつぬけ。。


ジョバンニ「Listen, I don’t think we should do this anymore.(ねぇ、もうこの関係はやめにしよう)」
女の子「why?? Do I bother??(どうして??あたし邪魔かな??)」
ジョバンニ「No, but I really need to work right now, don’t know if I can have a serious relationship.(そんなことないよ、でも今は仕事が忙しいし、ちゃんと付き合えるかわからないよ)」
女の子「Oh!! You are SOOOOO sweet saying that. You don’t have to worry about me.(ほんとに優しいんだね。あたしのことはほんと気にしないで)」
ジョバンニ「Ⅰ need to work all day long today, too.(今日もこれから1日仕事だし)」
女の子「It’s all right, I can wait.(大丈夫、待ってる)」


明らかに気持ちに温度差があるぞ・・・
しかも、この女の子、声がキンキンしてて、いかにもアメリカ人ってテンションで、うざいー
でもこんなやり取りが続いたあと、結局いちゃいちゃしてる2人。
ジョバンニ、どうするつもりなんだろうね



あたしは、面白いから、外で掃除してたグラディスに、「あの女の子はジョバンニのことすごい好きっぽいけど、ジョバンニは違うみたいだよ」って教えてあげちゃった
グラディスも、あれは彼女じゃないよ、って言ってた。


でも2人の話を聞きながら部屋で化粧してたら、アイシャドーのパレット落として、黒のアイシャドーが粉々に・・・せっかく友達からもらったやつなのに~~
(ごめんね、でも、あと5色は無事だよ、ごりー。)
ズボンも床も黒のラメラメだらけになっちゃった。。
おかげで片付けに時間がかかって、西川の授業見学行けなかったー。






10時からは、宿でフロールとマリアによるグアテマラお料理教室
ペピアン、っていう料理をみんなで作った
みんなでクッキング


マリアとフロール。
先生2人でクキング



トマトやピーマン、ごまをペースト状にして、それでチキンを煮たスープみたいのだったんだけど、すっごい美味しかった~
トルティーヤも4枚も食べたから、お腹いっぱい
実食!



ペースト状にするのに、ミキサーを何回も使ったんだけど、昔は全部石臼でやってたらしいよ。昔のお母さんはほんと大変だったんだなぁ。朝から晩まで家事だ。だから今では、グアテマラの各家庭でミキサーは必需品なんだって。
日本ってミキサーあるにはあるけど、絶対必需品!じゃないよね?
もしかしたらグアテマラの方が普及してるかもね。








午後は、シネエとけいたと4人で、お出かけ
市場で、映画のDVDがいっぱい売ってて、1枚10ケツァール(≒100円)
『アバター』と『美女と野獣』買ったー
ポニョに味をしめたのだ。スペイン語でスペイン語の字幕つけて見ると、すごい勉強になってよい。
うれしいなー

そしてその後は、てくてく歩いて、動物園に行った。動物園っていっても、無料のとこでちっちゃいんだけど、なかなか色んな動物がいて楽しかったよ

完全に頭と体と足のバランスがおかしいいのししとか。子供が適当に描いたみたいな形なんだもん。かわいい
変ないのしし



こんなオウムもいたし。
オウム





途中、小さい女の子が2人着いてきて、片言スペイン語で話して遊んでたら、そのうち「1ケツァールちょうだい」って言ってきた。
あーーー、こういうのどうしたらいいかわかんなくなっちゃう。。
しかも、カメラを貸して、ってカメラを掴もうとしてきたから、だめーって取り上げたら、1人の子がすんごい怒っちゃって、そのままお別れした
えー、だって・・・




動物園のあとは、近くの大学のキャンパスをうろうろ見学したり、また古着市に行ったり

古着市、掘って掘って、かわいいスリッポンを見つけたんだけど、持ち金が値段の20ケツァール(≒200円)に足りず、諦めた。残念。でもそしたらシネエのサンダルがリアルタイムで壊れたから、シネエに譲ったよ。
「努力が無駄にならなくてよかったね」ってにこっと言える西川はいい奴だ、と思った。


代わりにあたしは50円のカットソーを買いました。長袖が一枚欲しかったから丁度良かった。でも、こないだワンピースとか5円買ったから、たった50円でもちょっと高いなぁ・・・って思っちゃう。






夜はグラディス、アニー、エレナと4人で食卓を囲んでずっとおしゃべり
アニーとエレナはスペイン語勉強してる他に、孤児院でボランティアもしてるから、そこの子供達はしらみがすごい、っていう話から始まって、ミネルバ(古着市)にはダニがいる、とか、グアテマラの芋虫は黒くてすごいでっかい、とか、メキシコもゴキブリが超大きかった、とか虫の話をたくさんした。
あと、怖いつながり(?)か、強盗や地震の話も。最近小さい地震が多いんだ。

あー、なんか物騒な夜だった。でもスペイン語いっぱい話せて良かった

JMT 10 根っこに襲われたり

8月18日

day 10
Duck Creek→Tully holeのちょっと先

朝、西川が「おっはよー」って言いながらテントまでマフィンを持ってきてくれた。
JMT始まってはじめてのマフィン
ずっしり重くて、甘くて、ちょうどよく外気で冷えてて、おいしかった~お腹も満足


きっと、昨日の夜あたしが変だったから、西川も気を使ってくれてるんだろう、すごく優しくて、その後、マッサージもしてくれた
ありがと

マッサージのせいで、出発は9時半になっちゃったけど、それでもまだテン場に一組残っててびっくりした
日本の山だったらありえない遅さだよね。
西川は「1番後ろだと気が楽でいいんだけど、出来ないなぁ」と言っていた。





なるほど、他人の速さ/ペースを気にせずに、ゆっくりと景色とか見ながら歩くと、ほんとに楽しいわ
気も楽だし、ゆっくりだから疲れない!!こりゃあいい
ミスチルの『雨のち晴れ』とか歌いながらご機嫌でるんるん進む。超sustainable。


今日は始めての曇りで、歩くのにちょうどいい天気。あたしはほんと終始ニコニコで、とってもいい1日だった。


雲があると、空がドラマチック。
くもがきれい



見下ろしたら川がくねくね。
見下ろすと蛇行した川



こんな写真撮って遊んだり。根っこに襲われる妻(撮影:西川)。
機嫌が良い証拠
IMG_3453木に襲われるおかしょう





途中、Purple Lakeっていう湖で、72歳のおじいさんと71歳のおばあさんに会った。
4年前から一緒に山歩きしてる「バディー」らしい。夫婦かと思った。
おじいさんは、1951年から、毎年JMT来てるらしいよ!もちろん毎回完全踏破じゃなくて、今回も1週間くらいかけて、ゆっくり景色のいいとこを楽しむらしい。
なーんか生きてる歴史、って感じだなぁ
「JMTを”my land”って呼んでるんだ。Welcome to my land!!」って言ってたよ。
あと、地図を見ながら、「ここにはいいテン場があるよ」とか、「Whitneyの山頂で1泊するといいよ」とか教えてもらった


Purple Lake。
purple Lake


Purple Lakeズーム。犬神家の人々(だっけ?)の足みたいににょきっと木がつき出てるの。
西川が8年前に来た時も、この木あったらしいよ!
Purple Lake ズーム


地図を見る西川。
地図を見る西川der="0" width="262" height="349" />






今日目標にしてたTully Holeってとこに早めに着いたから、あたしが欲張って「もうちょっと進もうよ、いつも5時6時まで歩いてるし、行くー」と主張したところ、西川が「俺だって5時6時まで歩きたくて歩いてるんじゃないよ。テン場着いてから寝るまで、超忙しいもん。」とちょっとむっとしていた。
それで、そこから30分くらい上ったところを今日のテン場にしました。

今日はあたしも、西川が水汲みに行ってる間にテントを張ったり、と手伝ったよ。(いつもはほとんど手伝ってなかった・・・



テン場についてからの行動もだんだん順序が決まってきた
水汲み→テント張り→歩く用の服から休む用の服にお着替え→脱いだものを干せる時は干す→川や湖で足を洗える時は洗う→ザックからテント内で必要なものを出してテントに投げ込む(シュラフ、枕にしてる西川の服が入った袋、メガネケース、ヘッテン、ダウンジャケット、銀マ)→あたしのベアボックスを開けて中のコスメ類をビニール袋に移す→その空になったベアボックスにあたしが持ってる食べ物類を全て入れて西川に渡す。

大体この順番

今日も服干した。紫外線で殺菌消毒。匂いも消えるのだ
IMG_3455約76 mile 地点のテン場



朝のパッキングも、どこに何が入るのか決まってきて、準備が早くなってきたよ




あたしがたき火番で、今日の夜ごはんはリゾットwithチキン。
今まで1番美味しかったかも~山でチーズの濃厚な味は貴重
riztto.jpg


しかし、このテン場も蚊がすごい・・・
じっとしてると、オーラみたいに20匹くらいまとわりついてくる。
体は大丈夫だけど、手と顔を狙われる。手袋して、手拭いでほっかむりまでしてるのにやられるよ・・・
おでことかこめかみとか、顔がぼこぼこだよ~~左まぶたも刺されて、目がよく開かないし

もはやモスキートキラーマスターとなって、1回で2匹殺したりできるようになったけど、きりない。銀マの上が蚊の死がいだらけになるだけ。でもほっとくのも癪だから、やっちゃうんだけど。もぐらが多すぎのもぐらたたきみたいに叩きまくってる。
あと、首のつけねの左のとこが、かゆくてけっこう腫れてて痛い。どさくさにまぎれてハチにもやられた?!
たまに、帽子に顔用モスキートネットがついてる人を見かけて、黒子みたいで最高にださい、と思ってたけど、今はすごく欲しい・・・

por que ポニョ??

10月15日

もう金曜日だよー。今週は早いなぁ~

授業中、まだ10時前なのに、マリアと西川が紅茶入れて飲みだしたぞ、と思ったら、「またBAKE SHOP行こう!!」だって。あの、火曜日と金曜日しか開いてないパン屋さん。

もちろんOK!!
行き帰りの道は、先生を交換して、勉強のためにおしゃべりしながら行きましょう、ということで(先生達もBAKE SHOPで買い物したかったんだろう)、あたしはマリアと、西川がフロールと一緒に歩いて行った


シネエも誘ったんだけど、シネエはno gracias, no me gusta(好きじゃないからいいや)だって。
これ絶対先生に気を使って言ったと思う。
優しい子だなぁ。。ほれる。




歩きながら、マリアがすごいかわいくて、彼氏がいるのに教えてる韓国人の生徒のこと好きになっちゃった話とかしてくれて、爆笑。わかるわかるーーー!!(yo se, yo se----!)とか言って、ガールズトークはどこの国でも面白いわ
2週間前まではほぼ0だったスペイン語で、すっごい簡単な単語しか使ってないとは言え、相手がちゃんと聞いてくれればこうやって会話できてる・・・。毎日の授業とホームステイ、最強だと思う。やったらやっただけしゃべれるようになるから、ほんとに面白い



授業中だけどパン屋。自由だわ~
bake shop再び




午後は今日もルナでお勉強。またたくさんブログがアップできて良かった
復習も、なんとなくわかったし



今日BAKE SHOPで買ったレモンドーナツ半分と、火曜日に買ってまだ余ってたツイストドーナツ1個(どちらも超美味しい!)を食べたから、夜ごはんはお腹すいてなくて、じゃが芋1個だけ食べた。
今日は宿で牛タン焼くって言ってたから、行ってちょっともらえたらもらおう、と思って、西川と待ち合わせして行ったけど、もううちらの分はなかった。。。
なーんだ



でも、宿でポニョのDVD(スペイン語吹き替え)を見つけた!!
今日授業で、映画の「ポニョ」の話になって、日本語ではポニョって、ポニョっとしてるからっていう理由でポニョって名前になったけど、スペイン語では、その「ポニョっとしてる」っていうのをどうやって説明するんだろうね、ってフロールと話して気になってたの。
借りて帰って、家で1人でちょっとだけ見てみた。スペイン語字幕つけても、どうしてポニョなのかの説明の意味はわかんなかったけど、主題歌もスペイン語になってて、超かわいかった。勉強にぴったりだわ

再帰動詞。。

10月14日

再帰動詞・・・
今日授業で出てきたんだけど、日本語の意味もわからん。うひゃぁ、難しい~
フロールが持ってた、日本語の参考書を見てちょっと意味わかったけど、それでも理解するのと使いこなすのは違うのです・・・


スペイン語には他動詞が多いので、それを「私が~」という自動詞的な意味にするために、他動詞の後ろに-seを付けたものが再帰動詞である。と。


再帰動詞、とか始めて聞いたし、そもそももはや副詞、とか関係代名詞、とか言われてもなんだっけ・・・?ってくらい日本語の文法忘れてるから、それをスペイン語で勉強するのはさらに難しい
でも、sustantivo(名詞)とか、adjetivo(形容詞)とかverbo infinitivo(不定型動詞)とか、スペイン語の文法用語も覚えてきたよ。



そして最近、だんだん町の看板に何て書いてあるかがわかるようになってきた。ただの記号だったのが、意味をもつ言葉に見えてきたよ。
それから、この単語の音、いかにもそういう意味っぽい、とか、単語にも表情が読み取れるようになってきた
例えば、tomar(取る)は手をぐーっと伸ばして何かをつかむ感じだなぁ、とか、pulpo(タコ)ってタコが口を尖らせてる感じだなぁ、とか。スペイン語と仲良くなってきた証拠だわ





休憩時間に、シネエが昨日クラブで撮った写真とビデオ(ビデオも撮ってたのか!)を見せてもらった。
(左に写ってるキャップかぶってるのが先生・・・
salsa!!.jpg



地元の男の子に誘われて、一緒にちょっと踊ったんだけど、その子は全然うまくなくて、あたしは次に何のステップを踏めばいいのか全くわからなかったの。もっと上手な男性だったら、リードしてわかりやすく引っ張ったり押したりしてくれるらしい。サルサは男性が重要なのですね






放課後、宿のオーナーに今までの授業料とホームステイ代をお支払いした
授業代:1人1週間569ケツァール(≒5700円)
ホームステイ代(3食付):1人1週間300ケツァール(≒3000円)

安い・・・
今回の旅行は、うちらは2人で1日6000円が予算だけど、これだと1日2500円くらいしか使ってない計算。
これにカフェ代やらで数百円プラスされるだけだもんね。。
シェラ、ほんといいとこだ




午後は、coffee companyっていうカフェを新たに開拓した。
濃い色の木のインテリアがスタイリッシュで、東京みたい
フロールおすすめのチャイもスパイスが効いててすごい美味しかった




あとね、ねぇ、なんか体がぽつぽつかゆい。。
足とか手に毎日ちょっとずつ増えてるの
ノミ/ダニか??
今日は毛布とか全部干してシーツや枕カバーも交換したけど、どうかなぁ?
てかどっから来た??

あークラビング

10月13日

あーーーー
クラブ行きたーーーい!!!
日本帰って、きれいなかわいい服着て、クラブ行って踊ってお酒飲みたーーい!!!



今日は夜、サルサをやってるクラブにみんなで遊びに行ったのです
夜道を歩いて行った。けいた君が煙草を吸っていた。
この、誰かが吸ってる煙草の匂いと一緒に歩く感じ。。大学の頃の、部活のみんなで夜部室に集まってて、どっかにお酒買いに行く時を思い出す




無料のサルサ教室は、クラブのダンスフロアでやってた
先生が1人前にいて、曲に合わせてステップを踏んでくから、みんなも先生の後ろに散らばって同じ振りをする。30人くらいいたかな??

ステップは、前後や左右、ななめになったり、ターンが入ったり。
先生は、ステップを踏みながら、後ろの人たちにも見えるように手で次のステップに移る合図をしてくれる。
土曜日マリアに習ったおかげで、すんなり出来た
みんなで同じ動きをしてて楽しい。音楽もダンスも、同じのをずっと繰り返して聞いたり踊ったりしてると、だんだん気持ちよくなってくるよ

20~30分くらいやって汗かいてきたくらいのとこで終了。
そのあとは、違うサルサの曲が流れて、フリータイムとなりました。


うまい人達が続々とフロアに出てきて、ペアで踊ってる。
もともと決まった振り付けはなくて、男の人のリードで踊るサルサ。
ほんとに今即興でやってんの??!!ってくらいアクロバティックで切れのある動きをばんばん繰り出してくる。


中でも、先生は別格にうまかった。。。
すごい色気だった
すきっ歯だし、顔も特にかっこよくないんだけど、動きが素晴らしすぎる
格好も、ロン毛をふつうのキャップの後ろで結んで、ボタンダウンのシャツにゆるゆるのジーパン、靴もふつうのスニーカーで、全然サルサっぽくないのがまたいい。
膝で、ぴゅーん!って床を滑ったり、ヒップホップっぽい動きがあったり、もうほんとに体が「自由」。
自分の体を100%自分で使ってる感じ。重力もない。
一緒に行った女の子全員、「先生かっこいい、セクシー・・・」とぽけーっと見ていました。


途中、先生と一緒に踊ってた、紫のTシャツにジーパン、スエードのペタンコブーツの女の子がいたんだけど、この子がすんごいかわいかった&踊り超うまかった
ぴょんぴょんエネルギーを発してるのが見えるような踊り方
全然ぶりぶりもしてないし、きっとただダンスが大好きでいい子なんだろうな、って思った。

この2人のサルサは、完全に磁力があった


もう1人、黄色のTシャツの女の子も先生と踊ってて、先生のこと好きなんだろうなー、っていうのが見え見えで面白かった。この子もまぁまぁかわいいし上手だったけど、やっぱり紫の子が輝きすぎてたよ。ダンスがうまいと、それだけでよりかわいく見えちゃうもんだし、黄色の子は勝てなそうね。



あぁ、なんか最近ずっと、内に入って行くような心地よい世界に浸ってた気がするけど、久しぶりに外へ向かう強い刺激を思い出した。人や物を「求める」パワーがぐるぐる交叉してるような空間。
そして、あたしにはやっぱりダンス、リズムが必要なんだ、ってことも、また思い知る。だって心がこんなにぴちぴち跳ねてる。どうして、こうやって思い出すのにまた忘れちゃうんだろう。。



ふあー、帰り道もすごいハイテンション。
なんか、今までは学校が生活のほぼ全てを占めてたのに、それが途端にめんどくさくなったような・・・
思いっきり気が散っちゃった。

サルサ、いいなぁ、日本でも習おうかなぁ・・・





さて、夜のこと以外だと、今日は、お昼ごはん家で1人で食べてたら、グラディスの息子のジョバンニも帰ってきたの。
それで同じテーブルでごはん食べだしたのね。2人はやばい、会話できない、と思って一瞬体が硬くなったけど、ジョバンニがゆっくりしゃべってくれたおかげか、ちょっと普通にスペイン語で話せたーー!!
日本では医学部に6年通ったこととか、2年間研修医しなきゃいけないこととか、日本に帰ったらまたスーパー忙しく働くだろうけど、子供が産まれたら少しセーブしたいこととかさ。
スペイン語うまくなったもんだよーー。すごいすごい


坊さん

10月12日

授業中、『代名詞的な動詞』という日本語でもよくわからないとこに突入して、全然理解できず、フロールに聞いてもなんか納得できる答えが返ってこなくて、イライラしてしまった

それに、ノートとボールペン使ってるから1回勝負で書かなきゃいけなくて、同じ分野の動詞や単語が見開きで書ききれなかったり、あとでまたいくつか追加で出てきたりすると、レイアウトが汚くなって、それもやだ。超A型っぽい。。
はじめの内は、授業中は1回違う紙にざーって書いといて、放課後に全部清書してたんだけど、それはすごい時間かかりすぎるからやめたんだよね。

うううー。ルーズリーフにしたいよー。


さらにさらに、スペイン語は時制が22種類もあるって聞いて、「ちょっとはしゃべれるようになるかな?」っていう希望が全て打ち砕かれた感じ。それじゃあどんなに頑張ってもスラスラネイティブみたいに話せるようにはなれないわ・・・悲しくなっちゃった




しゅん、としたまま、授業の後BAKE SHOPっていうパン屋さんへみんなと行く。
火曜日と金曜日しか開いてないとこなんだけど、すごいおいしくて有名なんだって。
クリームドーナツとプリンドーナツを買った。
一口食べたら超うまい!!
1つ7ケツァール(≒70円)で、ここの物価にしては高いんだけど、これはほんとにおいしいからOK


そしてまたお昼ごはんの後、カフェ・ラ・ルナで西川と待ち合わせ。
あたしの方が少し先に着いたよ。
また、コーヒー1杯とティー1杯で3時間以上居座ってしまった。



そして、とうとう西川は床屋さんで散髪!!
男の人はカット10ケツァール(≒100円)
どこも値段は一緒だから、いくつか見て回って、美容師さんの髪型が1番きまってるところにした。


モロッコ以来3ヶ月も伸ばしてて、こんな長くなってたけど・・・
長い時



ばっさりカット。
ばっさり



お店は広いけど、椅子は1つ。
広い店内



最初の内は、あ、これまた中国っぽくなっちゃうかなーって思ったけど、un poco mas corto(もう少し短く)って頼んでからけっこうまたざっくり切ってくれた。









そして、こんなになりましたーー
出来上がり




優しいお坊さんみたいな感じ?
なかなかいいと思う
西川も気に入っていました。あとは髭をちょっと整えたほうがいいかな?




夜は、明日旅立っちゃうジーワンと、もう1人日本人の男の子ともくんの壮行会で、宿でビール
シネエもジーワンも日本語がちょっとわかるから、片言でなんか言うのがすごいかわいい
シネエは、すごいよまさるさんが好きって言ってた。まさるさんがギターケースを持ってきたらそれが実は弁当箱だった、っていうのが so Coolだって。それだけでいい子ってわかるわ
あと韓国の飲みコールを教えてもらったりして、よく笑ったいい夜

マッシュラーマッシュラマッシュラー!!



おまけ。
グラディスが家で飼ってる猫、トラビス。
トラビス


猫アレルギーだから、猫がいない家、って希望出してたんだけど、宿のオーナーも知らないうちに飼ってたらしい
たしかにちょっとのどがかゆくなったりくしゃみ出たりするけど、今のところそれ以上の症状はないから、大丈夫かな?
すごく人懐こくて、かわいい猫なのです。お昼寝もソファーでこんな↑↑感じ。キュート

風呂、日本の心

10月11日

また1週間が始まった。めりはりがあっていいね
あと2週間の勉強でどこまでいけるかな。


授業は1対1だけど、みんなが顔見知りになって、なんか教室全体が一体感を帯びてきた気がする。
休憩の時間とか、誰が誰としゃべってもいい雰囲気。いい感じだ
kyousitu.jpg


今日は、西川とマリアは授業中にマーケット行って、勉強兼お買い物してたよ。いいな~
みんなにjocoteっていう果物を買ってきてくれた。美味しい。辞書見たら、ホコーテ梅、って書いてあった。へー。




朝は厚い雲が空全部を覆ってたけど、授業の途中から晴れてきて、昼には快晴
お昼ごはんはそれぞれの家で食べて、公園で待ち合わせして、今日はうちらもスニルとLos Banosへ!
ローカルのバスで行った
ローカルバス



スニルは、月曜市があるって聞いてたから行ったんだけど、ほんとに普通の地元の人用の市場で、民芸品とかはなかった。でも、みんなが着てる服がすごかった。模様を入れて織った布の上にさらにぶわーって刺繍がしてあるの。服っていうか刺繍。
スニル市場



斜面につくられた町だから、町中坂だらけ。けっこうな急登もあった。
それで上の方まで登ってみようよ、って言って登ってみたら、ひょっこり墓地に出たの。
うわー、けっこうすごい眺め・・・
西川にも、「おかしょうの鼻(嗅覚)はすごいなぁ」って言われたよ。
お墓



なんかここ、子供達のかみのけぼさぼさ具合といい、山間の霧がかかった風景といい、ネパールの山の中の村を思い出すなぁ。人の顔もアジア顔だし、どこにいるのかわかんなくなってくるよ。




それで、Los Banosへ。
「Los Banos」っていうのは「お風呂」の複数形。お風呂屋さんがたくさんある所なの。
たくさん部屋があって、値段によってきれいさが違う。
los banos廊下


30ケツァールのとこはなんかちっちゃいシャンデリアみたいなのがついててうけた。
うちらは一部屋1時間20ケツァール(≒200円)のとこにした。
los banos中



ふあああああーーー。最高・・・・
広いし全然思ってたよりきれいだし、お湯の出も良くてもあったかいし。かなりナイス
モロッコで買った垢すりでごしごししたら、大玉の垢がいっぱい・・・リアルに数十グラムやせたんじゃないかしら??

シェラを発つまでに絶対もっかい来るー!!
こんな気持ちくて20ケツァールは安い!!




放課後にどっか遊びに行くの、いいねー
盛りだくさんで、宿題やるの大変だけど。





夜は、グラディスの息子、ジョバンニがやってるテレビ番組を家でみんなで見る
ジョバンニはシェラのローカルチャンネルを作ってるの。レポーター兼編集で超忙しいらしい。

新しいグルメスポットの紹介とか、イベントの取材とかの番組で、週3回放送があるらしいんだけど、シェラにそんなに新しい話題がたくさん渦巻いてるとは思えない
番組も、頑張ってるけど手作り感満載で、ネタがなくて大変なんだろうなー、というのがよくわかった。

しゃべってるスペイン語、1%くらいしかわからず、しかも30分くらいの番組かなーと思ったらなんと1時間。お母さん(グラディス)が嬉しそうに見てる手前、つまんない、眠いとは言えず、全部見させていただきました

ピニャータ

10月10日

朝一度宿へ。ネットしてたら、オーナーさんに焼いたさんまをいただいた。大根おろしとしょう油付き。純日本食
あー、さんまの季節なんだねぇ


他にいたみんなは、今日はスニルっていう近くの町(村?)とその途中にあるLos Banosっていう銭湯に行った
うちらは今日は、西川がホームステイしてる家のお孫さんのバースデーパーティーがあって、それにお呼ばれしてたから、みんなを見送って日曜日の夫婦デートに出かけました

旅に出てから曜日を意識することがほとんどなかったからか、日曜日に手をつないでてくてくお散歩する、っていうのがうれしい。まぁ、10ヶ月ずっとデートしてるようなもんだけど。



昨日マーケットで見たお店は今日も開いてて、17体アニマル買っちゃった~
いっぱい種類あって、すごい時間かけて厳選した。
お店の人は、この中国人はどうしてこんな真剣に選んでるんだろう?って思ってただろうな。

でも、うーんかわいい。
西川も「おかしょういいの見つけたねー、ありがと。」って言ってたよ。

あたらしい家族のみんな。
アニマル



またフィエスタに行って、お昼ごはんをつまんで、今日はXela Cafeっていうカフェへ。
ほんのちっちゃなケーキが16ケツァール(≒160円)て、ちょっと高いなぁ、と思ったけど、なんかレジの人が会計間違えてて、飲み物が一杯ただになってたぞ
間違ってても、安くなってる時は何も言わない、がルールなので、そのまま出てきたけど





一度西川のステイ先に寄って、そこからパーティー会場へ。
親戚や友達が100人以上集まる、すごい盛大なやつらしい
トラックの荷台に、大量の食べ物となぜかバケツに入った熱帯魚と一緒に乗って出発。
荷台に乗る、ってテンション上がるーーーー
荷台で




会場についてびっくり
すごいデコレーションだし、人も続々とやってくる。
会場


BGMもプロジェクターもあるし、なんか結婚パーティーみたい。
こんなのも各テーブルに置いてあったし。しかも着いてから熱帯魚を1匹ずつ中に入れたし!このためだったのかー・・・
パブロカード



お父さんとお母さん、本人(9歳)のスピーチでパーティーは始まった
ひとりにひとりにゼリーとかお菓子とかが順番に配られる。


そして、この人形が登場。
ピニャータっていって、中にキャンディーとかお菓子がたくさん詰まってるの。
これはミッキーのピニャータ。
pinya-ta.jpg



それをどうするかっていうと、、、
















子供達が1人ずつ棒でめった打ち
めった打ちパブロ


めった打ち
めった打ち





撲殺ミッキー・・・
撲殺ミッキー






そして、最後はお腹とか股のとこがやぶれてお菓子がいっぱい出てくるの。
お菓子に群がる子供達(とその親)。
みんな群がる






街中にもピニャータ屋さんとかあるし、伝統的な遊びらしいけど、日本だったら教育上問題がある、とか言って浸透しなそうだよね


でも今日のパーティーはほんとに盛大で、このピニャータが全部で10体も出てきたんだよ。


スポンジボブとか
スポンジボブ


マリオとか
マリオ




最後の3体はあたしもお菓子取るのに参戦してみた。
でも今日はロングスカートだったし、みんなすごい気迫で、取るのすごい大変だった

みんな群がる群がる。激戦。
群がる群がる


最初の1回はまったくだめだったけど、2回目3回目でちょっと取れたよ
ガムとあめと落花生ゲット。
とったー



でも、見てるのと参加するのとじゃ全然違う
見てるだけだと10体もあるとさすがにもう飽きて来るけど、参加したら、次まだ?次!!って感じ。




あたしもピニャータ欲しい
自分の子供の誕生日とかにやったらどうなるんだろう?
子供達は燃えるだろうなー
でも学校から苦情来るかな?
大人用にも、ちょっと頑丈なやつ買って、みんなで叩いたら面白いだろうなぁ・・・
すいか割り感覚?



最後は片付けまで手伝ったよ。
テーブルの上の飲み残し食べ残し、床に散らばったピニャータの残骸やお菓子のカス、すんごい量で、掃除が気持ちいいくらいだった。他の親戚の人達と手分けしてやったら意外に早く終わった



今日はグアテマラのローカル文化をたくさん見れて、とってもいい経験になりました。
ご招待どうもありがとうございました

初サルサです

10月9日

土曜日!8時まで寝たー
曜日の感覚があるって、久しぶりで新鮮

今日は10時から宿で、西川の先生マリアによるサルサクラスがある
それよりちょっと早めに行って、ほかほかのシャワーを浴びた。
ホームステイが始まって5日目、これでシャワー浴びるの2回目だぞ??あれ??



ピンクのぴちぴちワンピに身(肉?Disculpe!)をつつんだマリアが登場して、みんなで宿の廊下でサルサの練習。
サルサ1



やっぱりステップを踏んで踊るって楽しいな
ジーワンに「しょこさん、かっこいー!!」って言われたし、マリアにも「Muy bien Shoko」って褒めてもらえたー。


どんどん踊る相手を変えながら練習したんだけど、西川以外の人と手をつなぐの恥ずかしかった~
手のひらいっぱい汗かいちゃった・・・

でも、くるくる回ったり、ぐいって引き寄せられてポーズ決めたり、面白い。
ばしっ!
サルサ2

マリアは、水曜日にやってる無料のサルサクラスに行ってるんだって
バーでやってて、先生超上手なんだって
へー、行って見たいなー!!




午後はお家で1人でパチパチ先生。家にはネットはないけど、次カフェに行ってWifiする時のために、ブログを書きためたり写真を整理したり。
またグラディスの娘さん夫婦と赤ちゃんホセパブロが来て一緒に昼ごはん
新しいルームメイト、エレナfromスウェーデンも今日から来た。スペイン語学校に通うって言ってたけど、結構スペイン語上手なの。なんかあたしだけ全然しゃべれなくって、おいてきぼりになった気分。。





夕方、アニーに、買い物に行くけど一緒に来る?って聞かれて、面白そうだから行くことにした。
歩くと40分くらいかかって遠いからバスで行きましょう、って言われて乗り合いバスで行ったけど、着いたら宿のすぐ近くの、行ったことあるマーケットだったよ
アニー、20分もかからないでここ来れるよー。前はどうやって来たの


でもお店を一軒一軒ちゃんと見た事はなかったから、楽しかった。

あるお店で、塩ビで出来た小さい動物の置物がたくさんあって、1つ1.5ケツァール(≒15円)。
なんかこまごましててかわいかった。明日西川に教えてあげよう



アニーが買った荷物もあったし、帰りも乗り合いバスで帰ったんだけど、これまたアニーはなかなか手際が悪い。家からそんなに近くないとこで降りて、さらにちょっと戻って銀行へお金下ろしに行ってた。バスに乗った意味あんまりないぞ





夜ごはんのあと、宿でホームステイ組みんなと待ち合わせ。
おととい昼間に行ったフィエスタが、今週末までずっとやってるそうなので、夜も行ってみることにしたの。宿に泊まってるカップル2人も一緒に来て、合計8人。


食べ物とゲームの屋台がいっぱいあって、面白かったよ。射的とか、お化けに扮した人に水風船を投げつけるのとか(当たると景品がもらえる)、1ケツァールコインを投げて、枠に入ったらその枠に書いてある数字と同じだけケツァールがもらえるっていうのとか。

お店いっぱい
フィエスタナイト1


射的するシネエとジーワン
フィエスタナイト2


グラディスに、チュロスがおいしいよー、って言われてたから、あたしと西川はチュロスを食べながらうろうろ。夏のお祭りの夜みたいだった。気温は低いけど。


はじっこにはちいさい移動遊園地もあって、こんなバイキングも
バイキング



1番上に来ると、ほとんどまっ逆さまで、普通に怖そう&酔いそう。。
あたしと西川はやめといたけど、4人は乗って、すごい声あげてた。見てるのも楽しかったよ。


フィエスタの後、みんなは宿でビール飲む、って戻ってったけど、うちらは帰宅した。
良い土曜日でした

JMT 9 朝ごはんパワーだったが・・・

8月17日

day 9
Reds Meadow Resort→Duck creek

朝テン場にいたら、昨日のたき火メンバーがどんどん起きて近くのトイレまで来る。
そのたびに、morningってあいさつ。山で友達が出来るといいね


今日の朝ごはんは、Resort内のカフェ、Muir cafeで食べた。
あたしはホットケーキとソーセージとホットミルクとスイカ
西川はフレンチトーストとソーセージ
ふぁああーーーーー!!!おいしーーーー!!!
Muir Cefe



ホットケーキは、外側がちょっとパリっとしてて、中は口の中でとろけるし、フレンチトーストも美味・・・
そしてーソーセージ激うま!!軽井沢で手作りしたのの次においしかったかも!ハーブが入ってて
ホットミルクも、しばっらく飲んでなかったけど、そうそうこういう味だったよね~、っていう。

昨日街で買ったバナナもデザートに食べて(なんて贅沢・・・)、他のハイカーとちょっとおしゃべりした後出発

昨日の夜パンツを洗ったけどまだ乾いてなくて、このままザックに入れちゃうと大変なスメルになるから、頭にかぶっといた。はみでてるピンクの
IMG_3450半乾きのパンツをかぶるおかしょう


Reds Meadow Resort、お世話になったねー。どうもありがとう。
RMR.jpg







ベーグルとかマルちゃんラーメンじゃなくて、ちゃんと朝ごはんを食べると、お腹(下腹部)の力の入り方が全然違う!!
はじめ1時間の上り、休みなしで行けたし、なんと時速2マイル(=3.2キロ)!!上りでだよ?!すごーい驚異的。朝ごはんパワーはすごい
昨日買った靴の中敷も、すごくいいし。もはやかかと熱もひいてきたし、痛くないよ



でも、やっぱり段々だんだんペースダウンしてきて、結局今日の目的地Duck Creekに着いたの17時半・・・
時速2マイルはどこへ??
歩いてるときの記憶もあんまりないし。ずっとゆるやかな上りで、景色があんまり変わらなかったからかなぁ?なんかずっと同じようなところ歩いてたような気がする。

今朝Reds Meadowから出発して、同じようにDuck Creekを目指す人たちにもどんどん抜かれてさ
西川は、「山は人と競争したら一気に楽しくなくなるよ」と言ってたけど、うーん確かにそうなんだけど、ずっと学歴競争社会に生きてきた性分なのか、自分だけ遅いのはすごく嫌なんだもーーーん!!!
なんか後半はちくちくイライラしてた

やっぱり長い距離歩くのはいやだ!!11.5マイル(=18.4キロ)を8時間はすごいよ、って西川は言ってくれたけどさーーー。




Duck Creekに着いたら、案の定うちらを抜かしてった人たちがみんなテント張ってて、テン場を探すのも大変だった。せっかく自然の中でキャンプするのに、まわりに人が多いとは・・・
うちらのテン場はこちら。なるべく他のテントから見えないとこを西川が探してくれた。
IMG_3452Duck creek のテン場、人が多かった…



夜ごはんはカトマンズカレー。実際に現地で食べたものをこうしてJMTでドライフードとして食べるとは乙だね。味ちゃんと再現できてるし。エベレスト街道のロッジ思い出すよー。まさに「山」の味。
カトマンズカレー





食べた後テントに入っても、やっぱり機嫌が不安定でぐずるあたしを、なぐさめてくれるだんなさん西川。
マッサージして、とベビーオイルをテントに持ち込んだのに、結局「もう寝る」とわがまま言うあたしに代わって、ベビーオイルを外のザックに戻しに言ってくれた。
すごい人と結婚したものだ。。


テントに入る前、きれいな夕焼けが見えた。今までちっさい雲ひとつすらない快晴が続いてたけど、今日は雲があって新鮮だった。あーこのきれいさを自分の中に取り込みたい・・・
夕焼け

ビールに入れるもの

10月8日

毎日毎日、どんどんスペイン語に使ってる脳の範囲が広がってるような
こんなに脳の一部分だけを酷使したら、体や外見に影響は出ないのかな・・・?、どっかだけすんごいいっぱい毛が生えたり。とか思っちゃう。


でも、NHKの『スペイン語ラジオ講座』を少しかじっといてほんとに良かった~。
薄いけど、その土台があるとないとでは全然違ってたわ。すごく役立ってる
英語もラジオでほとんど勉強したし、NHKにはお世話になってるね



ちなみに授業はこんな感じ。
宿の近くのホールみたいなとこでみんなでお勉強しています
10.8 授業風景


西川と、先生のマリア。
10.8 授業中テッド




火曜日に授業スタートしたから、今週は今日で授業はおしまい。最初の週だし、週4で良かった・・。
ぼーっとして頭がなんだか重いよ

お昼ごはん山盛り食べて勢いつけて、さぁ復習するかー、と思ったけど、なんか全然集中できない。
またカフェ・ラ・ルナで西川と待ち合わせしてたから、それまで少しお昼寝した

多分この約束がなかったら、このまま夜まで寝ちゃってたかも。
ルナでちょっと復活で来たから良かった良かった。




家に帰ったら、金曜だし、ってことでグラディスがビールとおつまみのスナックを買ってきてくれた。
グラディスとアニー、あたしの女3人でビール。へっへへー
グラディスが、ビールに塩をひとつまみ入れると美味しいっていうから試してみたら、ほんとに美味しかった


フィエスタ

10月7日

授業の途中、近くの広場から爆竹の音がたくさん聞こえてきた。お祭りだ!!
フロールに、昨日行こうと思ったけど、やってなくて結局ビール飲んだの、ってなんとかスペイン語の単語を並べて伝えたら、「じゃあ早めに授業終わらせてみんなで行こうか」ってことに。

わーい、フィエスタ、フィエスタ(お祭り)!!!
左のサングラスかけてるのがフロール
10.7 クラスでフィエスタ



キリスト教の大きなお祭りなんだって。
屋台で売ってるものを先生が説明してくれたり、教会の中を見学したり、生演奏のマリンバを聞いたり、課外授業みたいで楽しかった
途中からなぜか、広場の近くにある民芸品のお店がたくさん入ってる建物でお買い物になったけど、先生達は全員女の人だから、みんなで一緒に、これかわいい、とか、それいくらだった?とか話せて


きれいな青色のバッグ買っちゃった。25ケツァール(≒250円)。カメラ入れるんだー。
インドで買ったストールといい、アメリカで買ったブレスレットといい、このバックといい、同じようなブルーの小物がどんどん増えてく・・・
IMG_0482ルナカフェ



しかし、売り子の女の子が、多分口蓋裂(先天的に、口の中の天井のとこに穴が開いたままなので、うまく言葉が発音できない)で、もともとスペイン語わかんないのに、さらにすごい聞き取りにくいスペイン語で値段交渉をしなきゃいけなくて大変だった
でも、この子だけじゃなくて、道ですれ違う人も、けっこう口唇裂、口蓋裂の人いるんだよね。やっぱり日本とは医療の水準が違うんだな、と実感した。日本は赤ちゃんの内に手術しちゃうから、あんまり街中では見ないもんね。





午後は、カフェ・ラ・ルナっていうカフェに西川と待ち合わせして行く。
感じいいとこだ。落ち着く
すごい気に入っちゃったー
日本にあっても通っちゃうかも、ってくらい。
10.7 ルナ



オーダーしたホットチョコレートもとっても美味しい。西川はコーヒー。「こんな本格的なコーヒーはイタリア・ベネチア以来だ」って言ってた。
素晴らしい。WiFiもあるし

ちゃんと授業の復習。あたしも西川も、ノートを作るのとかすごいはまるタイプ。
10.7ルナで勉強






外が暗くなっちゃったから、西川に家まで送ってもらった。
カフェで待ち合わせして違うところに帰る、っていうのが久しぶりでなんか不思議な感じ

お祭りで電気使いすぎたのか何なのか、街の一角が全部停電になってて、お祭りのためのろうそくを持った人たちの行列がきれいだった。


10時前に就寝
やっぱり久しぶりの本気勉強で、脳みそオーバーヒートして疲れてるみたい・・





色々あってまとまりがない日

10月6日

授業に遅れないよう、6時半に起きた
そしたら、昨日シンディーに聞いた時間が15分位進んでたみたいで、着いたら完全に一番乗りー
まぁ遅れてたんじゃなくて良かった。



授業は、また4時間が夢中のうちにすぎた。
脳みそも目も耳も、何ひとつもらすまい、全部吸収するぞ、って、かっぴらいてる感じ。

休憩のティータイムの後、あたしとフロール、西川と西川の先生(マリア)の4人で、反対語のカードで神経衰弱をして遊んだ。
近い/cerca、遠い/lejosとか、despierto/寝ている、dormido/寝ている、とかが1つずつカードに絵つきで書いてあるの。50枚くらいあって、ただのトランプの神経衰弱でも難しいのに、単語の意味もまだあやふやだから、あてずっぽもあり。。

「絵は思い出せるけど、単語は思い出せないー」とかなんかなつかしい。英語を勉強し始めた頃みたいだ
あと、「あー、これいつも覚えられないやつだ」っていうのはわかるんだけど、やっぱり思い出せない単語があったり。受験勉強とか国家試験の勉強思い出すーー何度やっても覚えられない病気の名前とかあったなぁ・・・



今まで自分で少しスペイン語は勉強したことあったけど、そんなのと比べ物にならないスピードで、語彙が増えてってる。しかも、ホームステイも同時進行だから、その時しゃべりたい単語や動詞を調べては即使う、っていう理想的な環境






家に帰ったら、グラディスの娘夫婦と赤ちゃん(ホセパブロくん・8ヶ月)が遊びに来てた。
ほんっとにかわいい。おむつとかのモデルになれそう。
(赤ちゃんを抱っこしてるのがグラディス)
10.6ホセパブロと



一緒にお昼ごはんを囲んだけど、会話に全くついて行けず、ニコニコしながら赤ちゃんを見てるだけのあたし・・・。もうほっぺの筋肉が疲れちゃったー
知ってる単語もまだまだ超少ないし、しかも動詞は現在形しかしゃべれないから、もうどうしようもない。
口を開いたらすっげーあほみたいなんだろうな、って客観的に自分を見ちゃうとますます話せなくなる~。

ホセパブロはまだしゃべれないけど、毎日毎日スペイン語を柔らかい脳に浴びまくってるから、すごいポテンシャルあるんだろうなー・・・、とか考えてた。


グラディスは、この初孫が相当かわいいらしくて、狂ったような動きと声で話しかけてる。
ホセパブロ君が視界にいる限り、そのテンションが何時間も続くからすごい
グラディスって、もともとヨーダとかセサミストリートに出てくるキャラクターみたいな顔だけど、その目がさらに飛び出たりあごがなくなったりするから、それも見てて面白い。






ホセパブロ組が帰った後は、また夢中で復習して、気づいたらもう6時だった。

シャワー浴びようかな、と思ったけど、グアテマラ人の家庭は、電気シャワーのところが多くて、あんまり温度が上がらないの。
冷たい、とぬるい、の間くらい
宿のオーナーさんにも、日本人にはあんなの浴びれたもんじゃないよ、うちに浴びに来ていいから、と言われてたんだけど、宿まで15分歩くし、クレンジングオイルと化粧道具とタオルと化粧水と・・・とか持ってくのを考えてるうちにめんどくさくなって今日は浴びるのやめたー




近くの広場でお祭りをやってる、って誰かが言ってたらしく、夜8時にみんなと宿で待ち合わせ。
でも結局広場には何もなくて、お祭りは明日だったみたい。。あらら。
ビールを飲みながらおしゃべりした。それもまた良し




うーん、あたしと西川以外の3人、日本人のけいた、その彼女で韓国人のシネェ、もう1人韓国人の女の子ジーワンが気になるー
なんか、3人とも、みんなに愛されるピュアで自由で天然な感じなの

言動に、一歩ひいて見て、もう一度考えて、遠慮したり躊躇したり、っていうことがない。(少なくともあたしにはそのように見える。)すごく力が抜けててうらやましい・・・。わがまま、とは違う。いいことだと思う。

きっとこの人達は、やだな、と思うことがあっても「うぅん、全てのことに意味があるはずだ」とかってうじうじ考えたりしないで、えーやだー、って素直に言えたり、もしくは嫌なことを嫌と思わず、むしろ気づかないくらいの楽さで、日々を過ごせるんだろう。

これは、長く外国に住んだり旅行したりしてるから身に着いた自由さなのか、育った環境によるものなのか。

もちろん、あたしが知る由もない側面が全ての人にあることはわかってるけど、それでも魅力的な人たちだわ




ビールで体があったまったから、家に帰ってローカルシャワーにトライしたけど、やはり水・・・
髪の毛洗ったんだけど、寒いから体に水がかからないように馬とびの馬みたいな格好で浴びたから、腰が痛くなったー





今日の文章、驚くほどまとまりがないな。でもアップしちゃう。

授業はじまり!!

10月5日

授業が始まった!
先生はフロール先生

あー・・・、至上の喜び。。
マンツーマンでスペイン語を教えてもらえるなんて

もともと、語学を勉強するのが大好きなのです
全然知らない言語とかでも、ラジオに合わせてくり返して言うのとか楽しい
耳で聞いたのと同じように発音する、っていうのが面白いのね。


授業は8時から12時までの4時間だったけど、あっという間。
脳みそフル回転で時間が過ぎた。

1つ1つ単語をノートに書き込むときの充実感
ちょーーど知りたかったフレーズを教えてもらった時の、かゆいところをぼりぼり掻くみたいな快感


全部で3週間くらい習うつもり。
もちろんペラペラにはなれないだろうけど、でも、この目がランランと輝くような感じで毎日取り組んだら、なかなか上達できるんじゃないだろうか??




授業の後(つまり放課後ね。久しぶりの響き)、宿に戻って急いでパッキングして、ホームステイ先へ。
みんなで出発して、一人ずつもらわれていく
西川がもらわれて行く時、けっこうさみしかったよ



あたしは最後にもらわれた。グラディス家。
グラディスもスペイン語の先生なんだけど、習う先生とホストマザーが一緒だと気詰まりだろう、ってことで、フロールに習ってるの。
最初は、「えー、でも先生が家にいたら家でも教えてもらえるのにー」って思ったけど、確かにずっと緊張しちゃうかもしれない。




グラディス、すんごいいい人。好き

家に入ったとき、片付いてないし、ハエ飛んでるし、「」ってちょっと思ったけど、この適度な散らかり様、かえって落ち着く。

①切りかけの玉ねぎがそのまま台所に転がってたり、
②冷蔵庫の中もラップしないでいろんな残り物が入ってたり、
③バスルームにシャワーカーテンなくて床びしょびしょになってたり

他にもするけど、あたしもともと自分が片付けられない系だし、きれいなホテルみたいな家にステイするよりも、こっちの方が「現地」感があっていいな。

ステイする人を選ぶと思うけど。あたしは選ばれたのだ


あたしの部屋。
room.jpg


リビング。
living room



グラディスの他のメンバーは、グラディスの息子ジョバンニ、甥っ子のカルロス、シェラでボランティアをしてるオランダ人のアニー、グアテマラ人の女の子シンディーの4人。

子供がいなくて、ちょっとさみしいかな、とも思ったけど、じっくり自分のペースで復習できていいかも。話したい時はグラディスがいるし、ちゃんとほっといてもくれるし。

ごはんもおいしいのだ
ここぞとばかりにがっつり食べてる。もうちょっと体重戻したほうが健康。





夜、明日の朝用に目覚まし時計をセットしようと思ったけど、西川から借りた時計だから(あたしは時計持ってない)、時間が合ってるかわかんない。
グラディスの家は適当だから、時計も壊れて止まったまま。

しょうがないから、グラディスに聞こうと思って部屋をノックしたら、まだあいさつしてないシンディーの部屋だった
「Me llamo Shoko, soy de Japon. Que hora es?」
(My name is Shoko,from Japan. what time is this?)
とだけ何とか言えた。
「時計の時間が合ってるかわからなくて」っていうのは英語で言ったけど、わかってなかったみたい
でも、ちゃんと携帯見せて時間教えてくれた。

夜遅くに、突然知らないアジア人に訪問されて、祥子です、日本から来ました、今何時ですか?って聞かれたら、怪しいよね・・・

ホームステイ見学

10月4日

昨日も2人で1つのベッドでした。。
7時前に目が覚めて、外に出たら、今日はお日様が見えた。
洗濯日和


今日は、同じく昨日宿に来た、韓国人の女の子2人と、日本人の男の子1人と、あたしと西川、計5人でホームステイ先を見学に行った。
ここシェラで、ホームステイしながらスペイン語学校(マンツーマン)に通うのだ
オーナーさんに連れられて、ぞろぞろ歩いて、一軒一軒訪問。
一般のお宅に入るなんてなかなかないから、楽しかった


ぞろぞろと。
見学ぞろぞろ


ぞろぞろと。
ぞろぞろ2




ここはごはんがすごくおいしいよ、とか、猫を2匹飼ってるよ、とか、広い1人部屋がもらえるよ、とか、子供がたくさんいるよ、とか、各家庭の特徴を聞きながら、どこがいいかな~、って考える。
各家庭に生徒1人だから、宿に帰って、洗濯しながらみんなで相談。


なんか、こういうの、緊張するー。
中高で、修学旅行用に好きな人同士で8人組を作って下さーい、って言われて、みんながそわそわしてる空気を思い出してしまった。
相手の出方を伺いながら、自分にいいようにしたい、とみんなが思ってる感じ?
それで、うまく主張できずに、なんか変な班になっちゃったり。
こういう時って、打算や邪気がない人が、結局1番いいんだよね。というか、どうなっても、OKってニコニコしてる人が幸せを知ってるのだ。

あたしは何となく、今日は訪問してないけど、グラディス、っていうスペイン語の先生のお宅に決めた!
直感だ




スペイン語の学校も、ホームステイも、ここの宿のオーナーさんに全部アレンジしてもらったんだけど、このオーナーさんの存在は超偉大かも。
個人だったらどうしたらいいかわからなくて、もっと時間もお金もかかってたと思う。
ここは、ホームステイとスペイン語の授業含めて、1人1週間$110。もちろん3食付き。これは安いよ~!!


でも、明日から、西川とも別居だ。
今まで5ヶ月以上毎日24時間一緒にいたから、違う場所で寝るのも初めて。
さみしいだろうな、ふぇーん
でも、毎朝学校でおはよう、って顔を合わせる、ってちょっと新鮮だわ



夕方、オーナーさんに、市場への買出しに連れてってもらう。
オーナーさん、色んな人に声かけられてたよ。異国の地に住む日本人だもんね。みんなが知ってるんだろうね。

地元の人達が集まる場所に行くのは楽しい
値切ったり、明日は買ってよ、と言われたり、お店の子供に名前を聞かれて、聞き返したら恥ずかしがってお母さんの後ろに隠れちゃったり。
なんかなつかしいふれあい。ヨーロッパ、アメリカとは違うね。


野菜や、
メルカド野菜

お肉。
メルカド肉



今は宿が満員だから、15人分、たくさん買って帰ったよ。
夜ごはんは豚のしょうが焼き。
やわらかくて、超ーーーおいしかった!!
しょうが焼き




女子全員で作ってたけど、あたしは戦力外になるのわかってたから、1人男の人たちに混じって待ってました・・・ちょっと気まずかった・・・
でも皿洗いはばっちりしたから良し!

ミネルバ古着市

10月3日

朝一であまーい紅茶を飲んだ後、朝ごはんを買いにスーパーとパン屋へ。
ちゃんとしたパン屋さんだけど、パン1個10円~40円くらい
インドみたいな物価の安さだー!!うれしい
ここでまた太れそう。



一緒の宿のじゅんさんっていう男の人が、ミネルバ、っていう古着市場に行くっていうので、一緒に連れてってもらうことにした。じゅんさんはもう6日連続通い詰めてるんだって。すごい面白いらしい



うわー!!、とにかく古着が山積み。アメリカから輸入してるらしい。
ミネルバで漁る!!



でもなんかカスみたいな服ばっかりで、どうやって手を付けたらいいかもわからない
古着にはいっぱいダニが付いてるから、帰ったらシャワー浴びて、着てた服も全部洗濯した方がいいよ、ってじゅんさんにも言われてたから、おそるおそる服の山をかき分けてたけど、全然いい服ないし、1回西川と諦めかけてたの

だけど、J・CREWとか、GAPとかラルフとか、知ってるブランドがちょこちょこある店を見つけて、面白くなってがしがし掘り出してたら、なんか「コツ」がわかってきた気がした。
コツ、っていうかひたすら掘ると楽しいの。



西川が見つけてくれたこのワンピースは50センターボス(=5円!!)。
ミネルバで買った服



あとシャツも1枚買ったけど、それも5円でした・・・
安すぎー!!
ふぁわわわわーい!!
やっぱり買い物するとテンションあがるわー

日曜日は古着市の規模が小さいけど、パタゴニアとかコロンビアとかの古着も平日はあるらしい。
へー。そりゃあほんとにお買い得だ



宿に帰って、さっそく言われたとおりシャワー浴びて、買った服と着てた服を洗ったよ




今日の夜ごはんは、作るんじゃなくて、レストランにみんなで食べに行くらしい。
焼肉
でも、予算1人150Q(ケツァール)(=1500円)は高すぎるよ・・・
宿の人達とも仲良くなりたかったけど、そこまで払う必要は正直感じなかったので、西川と2人で残って、ラーメンで夜ご飯にした。

自分が何を欲しくて何をするかは、自分で決めるのだねぇ。
もう1人残ってた男の人と、まったり話しながらネットしたりして、ゆっくりのいい夜だった。

グアテマラ・シェラへ

10月1~2日

昨日の夜また夜更かしだったから、9時起き。
でもまだ眠い。。

メキシコ観光のA達さんからのメールがもう10時前には来てて、やっぱりキューバ行きチケットは1人$480、グアテマラ国境周辺はタパチュラ経由なら今はOKみたいです、って書いてあった。

A達ー、どうもありがとー
ほんといい奴。なんかもはやずっと友達みたいな気がしてきた。

あと、ケツァルテナンゴの日本人宿の人にも問い合わせしてたんだけど、そこからもメール返って来てて、「タパチュラまで迎えに行けますよ」と。
国境越えてピックアップしてくれるんだー、グアテマラの交通状況わからないし、そっちの方が安心だね、ということで頼むことにした。


さっそく午後4時10分のバスチケットを近くのオフィスで買って、グアテマラ行きの準備。
マイレージをためるので、日本に送りたかった飛行機の半券を郵便局から送って、またタコスを昼に食べて、パッキングして、宿の人達と少しお話して、出発



ザックが重過ぎる・・・
ロスの空港で計った時は48ポンド(≒22キロ)だったけど、それにサブザックのパソコンやら本やらがプラスされて、多分肩にかかる重さは25キロ以上・・・
本が重いのね~


なんとかターミナルまで着いて、
”Donde esta la puerta para Tapachula?”
って聞けたよ。
おっきなターミナルでいっぱいゲートがあったから、「タパチュラ行きのゲートはどこですか?」と聞いたつもり。。一応通じたけど、のぎちゃん、合ってる・・?



メキシコのバスはすごい豪華、ごはんも出るし、リクライニングも水平になるくらいまで出来る、って聞いてたんだけど、ごはんどころかスナックひとつもでないし、席は確かにふかふかだけどリクライニングは130°くらいかな・・・普通だ。

期待しすぎたー!!
おかげで夜ご飯抜きになってもうた

途中、休憩も兼ねてオアハカってとこで停まったんだけど、言ってた時刻よりもバスが早く出発して置いてきぼりにされた、って話も聞いたことあったから、びびって降りられず。うちら以外はほとんど全員降りてたけど・・・

席も、運転手さんの近くのほうが安心だし、と思って1番前の座席にしたんだけど、昼間は景色が良く見えてよかったけど、夜は対向車の明かりがぴかぴかまぶしい。
眠りが妨げられるから、次は前から3番目くらいの席にしようね、と西川と話す。

でも、あんまり寝れなかったのは、明るいだけじゃなかったの。
運転手の運転が下手すぎる
センターラインはみだすし、急ブレーキ踏むし、対向車来てるのにライトをハイビームに変えたりするし。
1番前に座ってるから、よく見えちゃってすごい気になる。
もし対向車とぶつかっても向こうが乗用車ならこっちは大丈夫だろう、でももし道の外に落ちたらほんとにここでコロリと死ぬかも・・・、とか色々考えて、もし居眠りしたり車線を大幅にずれようもんなら、ipodを頭に投げつけてやる、って見張ってたもん。




朝無事に目が覚めて良かったよ

結局3時間以上遅れて、タパチュラに到着。
迎えに来てくれてる宿のオーナーさんに連絡する術がなくて、たっぷり待たせてしまった。
すみませんでした・・・でもありがとうございました!

バスターミナルの前で、すでにけっこう満員の乗り合いバスをオーナーさんに止めてもらって、超でかい+重いザックを抱えて乗り込む。西川と2人だけだったら、遠慮して何台見送っても乗れなかったかも

ぎゅうぎゅう詰めのバスの中、道路の横は濃い緑の南国っぽい森で(国境近くは標高が低いから暑かった)、湿気が混じった空気の匂いと、一緒に乗ってるちょっと大きめの人達の匂いが混ざって、なんかツバルと同じにおいがした。この人達の体臭はちょっと母乳ぽい匂いだと思う。
西川に「ツバルの匂いがする」って言ったら、西川も「わかるー」だって。
この嗅覚をだんなさんと共有できるのって、幸せだ



国境を越えて、そこから先、シェラまでの直行便がもうなくて、3台のバス+タクシーを乗り継いだ。暗くなって雨も降ってきて、ザックでかすぎだし、どのバスかわかんないし、スペイン語話せないし、ほんと迎えに来てもらってよかった。。オーナーさんいなかったら完全無理ー。


結局、メキシコシティーを出発してから、30時間近くかかってシェラの宿に到着。
日本人宿はどこもそうだけど、やっぱり独特の雰囲気。。
ちょうど夜ご飯の時間だったから、ご一緒させていただく。ここはみんなでごはんを作って、割り勘にして食べるのね。
今日も昼抜きだったから久しぶりのちゃんとしたごはん・・・。


なんだか部活に入った新入生みたいな気分。ちょっと遠慮しながらきょろきょろする・・・。

ちょうどごはんの時は西川とけんか中だったこともあり、なんかいまいちにこやかになれず、馴染めずに終わった。
さぁ、明日は友達を作ろう

今日はベッドが一つしか空いてなくて、寝返りも全く打てないせまさだったけど、長旅で疲れてたおかげで、ぐっすり寝れた

情報収集の日

9月30日

昨日はチケットオフィスに行ったけど、今日はメトロに乗ってバスターミナルに直接行って来た。

しかし、言葉が通じない、っていうのがこんなに大変とは・・・
身振り手振りを混ぜたり、英語が少し出来る人と片言の英語とスペイン語とでなんとか話して、このターミナルでは1等の席しか売ってない事、タパチュラまでは行ける事、学割は今の時期はないって事がなんとかわかった。

ふぅ・・・


でも、グアテマラとの国境手前のタパチュラまで行けても、そこから先の乗り継ぎバスの運行状況がわからないし、万が一またメキシコシティーまで戻ってこなきゃいけなくなったりしたら、バス代超もったいない。チケット片道6000円から7000円くらいするからね


中南米では、メキシコ、グアテマラの他に、キューバとコスタリカにも行きたいと思ってるあたし達。
もしグアテマラ行きがだめなら、キューバに先に行くか、と計画を変更する方に気持ちが傾いてきたため、とりあえずバスのチケットは買わずに、一度宿に帰った。
お昼ごはんに黒いタコス(黒いとうもろこしからできてる)を食べてから、キューバ行き飛行機のチケットについて、ネットで調べることにした。




しかしうまく出てこない・・・



スペイン語で調べられない、っていうのもあると思うんだけど、見つけられたチケットは、メキシコシティー・ハバナ間往復1人$450くらい。

高いよーーー


キューバの国についても調べたかったけど、これまた色んな人のブログはヒットするんだけど、なかなかずばりなサイトがない。


行き詰まって、直接航空会社に行って聞いてみることにした。
まずは、宿から近かったメヒカーナ航空へ。

そしたら、カウンターのおじさんが
「We're not flying anywhere at this time.」って。
え?何で??、と思ったら、そうだったー、メヒカーナ航空8月の終わりに倒産したんだったねー!!
アメリカでそのニュースを聞いたときは、メキシカーナ航空、って発音してたから、メヒカーナ航空と同じとこだって気づかなかったよ。

うーーーん。。ってことで、じゃあ日系の旅行代理店まで行ってみることに。
オフィス街を延々歩いて行ったんだけど、メキシコシティーほんとに大都会だね。世界で一番大きい都市なんだよね、確か。
みんな普通にスーツにヒールだし、おしゃれなめがねとか合わせちゃってるし、あたしの今のみすぼらしい髪型や服、中南米に行けば浮かなくなるよね、って思ってたけど、ここでも全然恥ずかしーーー。



メキシコ観光、っていうところでキューバ行きチケットの見積もりを出してもらったんだけど、ここでもやっぱり1人$480くらい。
この値段じゃ、キューバはメキシコシティーから飛ぶのは諦めるか・・・
カンクンから飛ぶともうちょっと安いみたいだから、やっぱり先にグアテマラに行って、メキシコに戻ってくる時にカンクンの方から入ろうかなぁ。

メキシコ観光の日本人社員、A達さんがほんと親切でいい人で、キューバ行きチケットを違う方法でもう一度見積もり出して、さらにメキシコ・グアテマラ国境の今の土砂崩れ情報やバスの運行状況も調べて、明日の昼までにメールで教えてくれることになった。
バスのことなんて、多分調べても会社の得には何もならないはずなのに、親身になってくれてうれしかった。
ありがとうA達さん!!なんか、大学とかで会ってたら、すごい仲良くなれた気がするー



また帰りもてくてく歩いて宿まで戻る。
ビーサンで出てきちゃったから、足つかれたよー。
おなかもぺこぺこで、道ばたで売ってた小さいパンを買ったら、なんとひとつ2ペソ(=14円)。。。
ヨーロッパ、アメリカ、と来たから、この物価の安さが身にしみるよー。それにしても2ペソは安い。



夜はまた、西川におやすみして女子ドミにひっこんだあと、デスパレートを見まくる
寝たの2時近く・・・
あー、面白い。女子にしかわからない良さ



あまり書くことない日

9月29日

これからの予定としては、語学学校が安いグアテマラでまずスペイン語を勉強して、それから中南米(メキシコにもまた戻ってくるよ)を回るつもり。

だから今日は、グアテマラの ケツァルテナンゴ(通称シェラ)っていう街まで行くバスのチケットを、チケットオフィスに買いに行った。
でもそしたら、国境近くのタパチュラ、っていうバスターミナルが、大雨で閉鎖中だって・・・
ありゃありゃ。まぁすごい急ぎではないから、また明日チャレンジするかー。


宿に帰って、あたしはそこからずっとパチパチ先生。ずっとパソコンしてた。
ブログ更新やらメールやら・・・
へー、宇多田ヒカル年内で活動停止なんだねー。疲れちゃったのかな?



西川はおとなしく1人遊びしてたけど、午後は、おみやげを買いに行くっていう大学生の男の子と2人で、市場に出かけてった
いつもこういうので外に出るのはあたしの方が多いから、なんか新鮮な感じ。
あたしはネットしたかったし、西川もたまには男2人水いらずで、と思って、50ペソお小遣いをあげてニコニコ送り出しました。




そしてね、ドミで同じ部屋の女の人、実はすごくフレンドリーだった
昨日は誤解してすみませんでした
しかも、デスパレートな妻たちのDVD持ってて、貸してくれたシーズン4の終わりまで見て、えー続きどうなっちゃうのーー?!ってとこで日本を出てきたから、超うれしい

あまりに没頭して、見終わった後、自分がどこにいるかわかんなくなった・・・

メヒコ!

9月28日

メキシコ行きの飛行機が早いから、6時前に起床。
昨日の夜はスペイン人うるさくなかった。よかった~


6時なのに、まだ外真っ暗でびっくりした。9月でこれだったら、冬はどんだけ日の出遅いの??
でも朝焼けが見れた。朝焼け・夕焼けは、どこで見てもきれいだ、と西川が言ってた。その通りね。



バスを乗り継いで、順調にLAX(LAの空港)へ。
ちゃんとフライトの2時間以上前に着いて、時間あったから、パソコンもパチパチできてだった。



チェックインカウンターのとこで、日本人のおばちゃん3人組に自動チェックイン機の使い方を聞かれて、教えてあげたの。
それでそのまま同じ列に並んだから、しばらく一緒で、世界一周してることとか新婚旅行だってことも話したら、

「あっら~、いいわね~~。」
「私たちなんてねぇ~。」
「なんだかお似合いのご夫婦ねぇ~。」

っていう、いかにも典型的なお世話好きの人のいいおばさん、って感じの返答がバシバシ返ってきて、なんか日本がなつかしくなったよ。
そして、おばさんは列の途中でがばっとトランクを開けて、「重いから持ってって、私達もうだめなの、胃がもたれちゃって」と、どらやきと手作りケーキをくれました。
わーい!ありがとございまーす!機内持ち込み荷物がずっしりだわ。



その後、搭乗ゲートの前のベンチに座って待ってたら、となりのアメリカ人の子が何やら訴えるように隣の人に話しかけてる。

なんでも、朝空港まで送ってくれるはずだった友達が、昨日の夜11時に急に「ごめん、やっぱり仕事で無理」って言ってきて、空港まで$80かけてタクシーで来るはめになった。しかも、飛行機に預ける荷物のお金(American Airlineは最近、全ての預け荷物にお金がかかることになった。まじファックでしょ。)を払うのに、もう現金が足りなくて、カードと半分半分で払おうとしたらそれにすごい時間がかかって、フライトを逃しちゃった。なので、今ほんとに無一文(1セントも持ってない、って言ってた)で、振り替えのフライトは明日だからそれまで何を食べてどこで寝たらいいのかわかんない、って。

他の人との会話を盗み聞きしたから、詳細はよくわかんなかったけど、最後の方泣きながらしゃべってて、あまりにかわいそうだから、どらやきあげようかな、と思ったの。が、なんかタイミングを逃して渡せず・・・
西川は、$10か$20あげる?って言ってたけど、お金をあげるのはちょっと・・・って踏みとどまってしまったあたし。。けちね。優しくないね

まぁ、テントで野宿しまくった後のあたし達としては、空港はこんなにいっぱい人いるし、快適だし、一晩くらい大丈夫どうにかなるよ、って感じだったけど、どうなったかな・・・?





メキシカーナ空港がつぶれたおかげでダラス乗り継ぎになったから、フライトが2時間半ずつくらい2つに分かれてて、楽だった。
もったいない・・・、と思いつつも、サンディエゴのBook Offで買った岩井志麻子の小説、機内で一気に読みきってしまった。うーーん、読みやめられないよ、この人の文章は。




さぁ、アメリカ、さよなら。
また来年の2月、ブラジルからの最後のフライトで、ダラス寄るね。

中南米だ、また気をひきしめないと
でも、スペイン語習うのすごい楽しみ


メキシコシティーに到着。
空港からメトロに乗って、日本人宿にチェックイン。夜遅いし、やっぱりこういう時日本人宿は安心だ
でも、泊まってる人あんまりフレンドリーじゃないかも
ドミで同じ部屋の子に「こんにちはー」ってあいさつしても、小さい声で「こんにちは」って帰ってきただけ。
あれれ??

でも、いちいち自己紹介して、今日はどこからですか?っていうのをやりたくない気持ちもわかる。
うちらも2泊の予定だし、それもまたOK OK。
強く、というか、図太くなったものだ。


ダブルの部屋もあったけど、ドミの方が安かったので、男女別のドミ。
軽く家庭内別居な感じです

ありがとうアメリカ!!

9月27日

ホテル自体はとっても感じいいし、きれいなとこなんだけど、同じ2階に泊まってるスペイン人(多分)の学生が、20人くらい、夜廊下で大騒ぎ
うるさすぎて寝れなくて、2回注意したけど、一瞬静かになってまたすぐでかい声でしゃべりだすの。
むかつくー。あほスペイン人(多分)め

朝起きてすぐ、ホテルの人に言いつけてやりました




今回は冷蔵庫が部屋にあるから、スーパーにコーンフレークとミルクを買いに行って朝ごはんにした。
それで、ちょっとネットしたあと、車を返しにLAへ。

ほんとに最後の運転。
最初は、変な色~と思って、レンタカー会社の人に「What color is this??」って聞いちゃったこのFordも、今は愛おしいわ。。。
お買取りします!とまではいかないけど、もう2週間近く一緒にいるから、うちの子、って感じ。

最後ガソリン満タンで返さなきゃいけないのに、1番近くのガソリンスタンドが、超足元見まくり価格だったから、他のスタンド探して、返却時間ぎりっぎりになっちゃった。
みどりFordちゃんとは、別れを惜しむ間もなく、むしろ最後は両手に荷物あったからドアを蹴って閉めて、鍵持ってカウンターまで走り去ったよ・・・
ごめんね。。

でも、1ガロン$3.5と$2.89じゃ、値段違いすぎでしょ



それで、久しぶりの公共交通機関でサンタモニカまで帰った
誰かが運転してくれる乗り物に乗ってるだけで目的地に着く、って気楽でいいね。寝れるし。





今日は午後中、サンタモニカをお散歩。
桟橋の上でお昼食べて日記書いたり、街をウィンドーショッピングして歩いたり


アメリカ最後の夕日を見ながら、ビーチでビール、と思ったけど、カリフォルニアの新しい法律で、ビーチではお酒飲んじゃいけないことになったんだって!!!レストランの中のみOK、だと。
スーパーでビール買おうと思ったら、レジの人が教えてくれた。
サンディエゴでハンミーも言ってたんだけど、やっぱりほんとなんだ・・・

ビーチって、この世界中でお酒を飲みたい場所No.3には入るとこだと思うんだけど。。
日本の海の家でお酒出せなくなったら、大変なことだよね??



しょうがないので、ビールはホテルにとっとくことにして、ビーチへ。


大きなオレンジの夕焼け。
サンタモニカ夕焼け





アメリカ!!ありがとうございました!!
すんごく充実してて楽しかった

今までの5ヶ月の旅のうち、2ヶ月はアメリカにいたよ。
世界一周のプランとしてはめずらしいかもね



明日からは南米だぞい

JMT 8 町へ

8月16日

day 8
Johnston Meadow→Reds Meadow Resort

Johnston Meadowから先、1992年の山火事のせいで、木が全然なくて日陰もなく、超ほこりっぽい。
土に足とられるし、ほんと暑いし、きついよ・・・

一面焼け野原。もう18年も前なのにね。
焼け野原

テッドと焼けた木



標識があったのかなかったのかわからないけど、道も間違えて、Reds Meadow Resortへも大回りして0.7マイルも戻らないと行けなっちゃって、しかも昨日切れたところのテープがずれてきて痛くなって、山靴からビルケンに履き替えて、イライライラ・・・

そしたら後ろから、「こんにちはーーー!!しょうこーーー!!」って声が。
え?と振り返ったら、ChereinとJimだった
2人のトークとすごいペースにひっぱってもらって、リゾートまで連れてってもらった感じ。
あのタイミングで会えてよかった。ありがとう。

左から、あたし、Cherein、Jim
Reds mdw着いた!!


リゾートのキャンプ場にチェックインしたら、セルフで料金$20を払うシステムになってて、
「うーーーん、1泊で$20かぁ、払う・・・?」
って西川と悪いこと考えてたんだけど、キャンプ場の中に、温泉をひいてるシャワーがあったの・・・
1週間ぶりのシャワー

浴びたら超気持ちよくて、放心しちゃった。
$20も、気が大きくなってぽんっと払いました


あたしたちのテン場。
IMG_3447Reds Mdw. のテン場

シャワー温泉のにおいした
IMG_3446Reds Mdw. のシャワー!



リゾートにあるストアは、期待してたんだけど、全然品揃え良くなくて、マメ用のバンドエイドも浄水ポンプもなかった。マフィンとか果物もないし・・・

ここからは町へもバスでアクセスできるから、しょうがない、バスを3台乗り継いで、Mammoth Lakeっていうふもとの町まで行ってきた。
トレッキング中にも関わらず、スーパーやアウトドア屋さんにいけて楽しかった~
久しぶりにたくさんの食べ物を見て狂喜
プリングルスやクッキー、バナナも買って、浄水用にはタブレット(水を消毒する錠剤)も購入できた。もうポンプは壊れたらやだからね。
マメ用テープも買い込めて安心
あと、右のかかとが痛いな、と思ってたけど、西川に触ってもらったら、すごい熱持ってることが判明。たぶん右足だけ外側に体重かける癖があるから、硬いソールの上で全体重がかかって、炎症っぽくなっちゃったんだと思う。ちょっと高かったけど、山靴に入れる中敷きを買った。
あと、膝が痛くなりやすいから、サポーターも。


山の途中で、街に下りるの、悪くない
すっごいいい気分転換になった
3つのバスの最終が全部違う時間だったから、乗り遅れないように帰るのもゲームみたいで面白かったし。
ぎりぎりになりすぎて、ヒッチもしちゃった



リゾートに帰ってきてからは、ここを通ったトレッカーの人達が持っていけなかったりして置いていった食べ物をたくさんただでもらった。ストアのおじさんがなぜかコロナもおごってくれて、みんなで飲みながらお話。お酒が入ると、文法とか気にしなくなるから、気楽に話せて面白いのだ


そのあとは、うちらのテン場でChereinやJimと一緒にたき火。
仲いい人達と火を囲むのは、とてもいい時間
笑顔の夜だった




プロフィール

くじら日記

Author:くじら日記
2009年12月23日に結婚しました。
だんなさんは鍼灸師、わたしは病院での研修医を終えて、1年間の休みを取っての世界一周新婚旅行。
日記を、人が見てもいい文章で書くのってどうやってやるのかな…?と思いつつ、旅の記録を残したくてやってみました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。