スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンフランシスコの印象は

8月3日


朝5時45分、サンフランシスコに無事到着
まだ外が暗かったから、エマさんが持たせてくれた自家製ジャムで、昨日日本食スーパーで買った新食感宣言を食べた。
おいちい・・・
エマさん、ありがとう・・・



でも、サンフランシスコ、寒い
フリースやセーター、マフラー、冬のコートを着てる人もいる
飛行機内の寒さには耐えた格好でも、風邪引きそうなくらい寒い。
いくら霧で有名でも、8月でこの気温は異常じゃなかろうか??
ふーむ。


ホテルは、西川ナビですぐに到着。
さっすがー
あたしはこのだんなさんといるおかげで、どんどんますます方向感覚がなくなっていってる気がするなぁ


けど、ホテルの客層がなんか変。
ホテルのフロントの人はとっても感じいいし、廊下も部屋もきれいだし、朝食もついてるし、WiFiもあってなんだけど、やっぱり泊まってる人が変。
ホテルが近づくにつれて、道にたむろしてる黒人が増えてきて、なんかあんまりいい地区じゃないなー、とは思ったんだけど。

日雇い系?。ぎりホームレスじゃないって感じ?そうじゃなかったとしても、明らかに低所得層。
あたしたちは2人で1泊$50だけど、1人ならもうちょっと安いだろうな。シャワーもトイレも朝食もきれいなタオルもあるし、宿泊費と昼ごはん夜ごはん代を稼ぐくらいならどうにかなるのかな?


まぁ、あたしもホームレスみたいなものか・・
髪の毛もいよいよ手入れしてなさすぎてぼさぼさだし、サンフランシスコみたいな都会には全く似合わないゆるきたない服装だし


ホテルのセキュリティーはしっかりしてそうだから大丈夫だと思うけど、ホテルの中でも部屋に入るまではあんまり気を抜かないようにしよう。
夜遅くは出歩かず、常に西川と一緒に行動します
パパママ心配しないでね





お昼寝のあと、街をお散歩

街って、表情がある。
サンフランシスコは、好きな表情をしてる
歩いてる人の格好が、おしゃれだもん。
こんな。(でもこの人達は、観光客だと思うけどね。)
おしゃれな人



短パンにタンクトップ、とかがいない
気温のせいももちろんありだけど、
スキニージーンズに、黒の革ジャンに、ヒールの靴、とか、
トレンチコートと乗馬ブーツ、とか、
なんか、あたしがヨーロッパ(特にパリ)を経て今1番憧れる、シックでこなれた感じの服装の人が多い。
海の近く、っていうのも高ポイント。
スタバもいっぱいあるし。
霧が多い+8月にこれだけ寒いんじゃ、ちょっと住む気にはなれないけどね・・・


しかし、1本通りを入るだけで、いきなり柄が悪そうな小汚い格好の黒人が多くなって、雰囲気ががらっと変わるのにはびっくりした
白人だとそうでもないけど、黒人だと、やっぱり身構えてしまう・・・
人種差別があたしの中にも脈々とあるのだろうな。
でもやっぱり、低所得の人が多いのは事実だと思う。道を歩いてても、実際ホームレスの黒人多いし。
留学してた時も黒人の友達はいなかったから、いまだに遠くてよくわかんない存在のまま。
ここでますますイメージが悪くなってしまいそう。。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くじら日記

Author:くじら日記
2009年12月23日に結婚しました。
だんなさんは鍼灸師、わたしは病院での研修医を終えて、1年間の休みを取っての世界一周新婚旅行。
日記を、人が見てもいい文章で書くのってどうやってやるのかな…?と思いつつ、旅の記録を残したくてやってみました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。