スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かなしい事件

10月23日

事情があって、20日から22日の日記はスキップ。

20日、国民の祝日で、ナワラっていう町にみんなでおでかけした。バスでまた虫に刺された・・・
21日、学校を卒業した。泣かなかったよ
22日、まだ古着市行って、UGGのブ-ツを500円で買った




そして23日土曜日。

午前中は、その辺の店でもらってきたダンボールに、アメリカのトレッキングの資料や、シェラで買ったおみやげ(昨日買ったブーツも)をつめて、日本に送った。
6キロで7000円。でも、プライスレスな物だから、これくらいの出費はしょうがない


昼ごはんのあとは、またロスバーニョス(銭湯)へ!!
今度は、垢すりに加えて、インドで買った顔用のスクラブやパック、お風呂上り用のボディークリームまで持っていった。モロッコのアルガン石鹸を、泡が固くなるまで泡立てて顔を優しく洗ったり、極楽だったー

でも、西川の体中にある虫刺されが気持ち悪かったけど。。
いつの間にこんなにたくさん!てかんじ。
痕になりそうだから、西川が男でよかったよ。(ごめんね)



頭にタオルを巻いて、バスに乗って、ご機嫌で家に帰った


そして部屋に着いたら、









あれ
机の上に置いてあったパソコンがないぞ。
ロスバーニョスに行く直前までブログを書いてたから、この部屋にあったのは間違いない。

またあたしばかだからどっかにぽいって置いちゃったのかな??と思って探したけど、ない。

あまりにさりげなくなくなってるから、どっかにありそうだけど、ないないない


アニーに、あたしのパソコン知らない??、ないの、って言ったら、顔色変えて
You don't mean it!!(本気で言ってるんじゃないよね?!!)って。

グラディスが帰って来て、事情を説明して、すぐ宿に向かった。
まだこの時は、家のどっかにあるんじゃないかな、とか軽く考えてて、宿のみんなにも、パソコンがなくなっちゃったんですよ、って笑って言えてたんだけど。



宿のオ-ナ-がすぐ家に来て、警察に行くことになって、どんどんほんとに無いんだ・・・って実感がわいてきた。
パソコンに入ってた写真、西川は全部タイトルに日記みたいにコメントつけて、写真も★の数でお気に入りを選別してたのに・・・
JMTは西川の8年来の夢で、新婚旅行のハイライトだったのに。。
その写真も全部ない
ちょうど外付けハ-ドを友達に貸してたから、返ってきたらDVD-Rに焼こうね、ってついこないだ話してたとこだったのに・・・


警察が家に着て、事情徴収が始まった。
あたしのパソコンだけが無くなってること、ドアが乱暴に壊されてないことから、内部の人が疑わしいっていう線でで警察が話し始めたら、グラディスと息子激怒。すごい剣幕で、あたしを責めだした。

この家のドアは、すごい力入れないと閉まらないんだけど、それ知らなかったから、前に1回家のドア半開きのまま家に入ってきちゃったことがあったの。そしたらその事を、「Shokoはいっつもドアを閉め忘れてた」って警察に言ったり、「俺たちが盗むわけない。あんなshit(ゴミみたいなもの)要らないし、そもそもShokoが今日パソコンは部屋にあったって言ってるけどそれもほんとかわからないじゃないか」とか。
専門用語が飛び交う中、あたしは全然スペイン語ついていけなくて、何もわからないし答えられなかったから、宿のオ-ナ-が代わりに受け答えしてくれてたんだけど、そしたら「いつもはもっと喋れてるしわかってるじゃないか、自分でしゃべりなさい!」って怒られたり。


ひどい。。

人が怖くてこんなに体が震えるのか、ってくらい全身ががたがた震えた。



でも「事件になって自分たちの名前が出るのはすごく困る」と家の人が言い出したので、名前を出さない代わりに、自分の家で起こった事件だからちゃんと責任を取っていくらかあたしにお金を払う、ってことで一応話は落ち着いた。

もうどうせパソコンは戻ってこないだろうし、ここの家は長年宿のオ-ナ-と契約して生徒の斡旋してもらったりホ-ムステイさせてもらったりしてるから、その生徒の者に手を出すのがどれだけ危険かわかってるはずで、この人たちは犯人じゃない、って思ったし。







それでも、言われて傷ついた言葉は元に戻らない。
警察が帰って、部屋に一人になって、このままここでひとりぽっちで夜を過ごすのは無理だ、と思った。

西川はまだ何も知らない。
もう夜11時を回ってたから、タクシ-で西川のホームステイ先まで行った。

そっからずっと泣きっぱなし
こんなに涙が出たのは久しぶり。
さっきの事ちょっと思い出すだけで、すぐ顔がびしょびしょ。



自分で落としてこわしちゃった、とかの方が全然良かった。
それだったら、超悲しいのは同じだけど、「しょうがない」って言える。

でも今回は、壊したのともなくしたのとも違って、故意に盗んだ誰か、が確実に存在する。
しかも、あたしの部屋は食卓の横の部屋で一番入りにくいとこだし、他の人の部屋は全く無事なことを考えても、あたしがパソコン持ってることを知ってる誰か、が一番可能性が高いと思う。

誰かがうそついてる??
あたしだまされてる??


今まで3週間仲良く一緒に暮らしてきただけに、パソコンがなくなった、っていう事実より、その人たちもしくはその人達の知り合いを疑う自分が悲しい




これ、今まで生きてきた中で、嫌なことワ-スト3に入るよ。。。




西川は、「パソコンがなくなっちゃったの」って言うなり泣き出したあたしを、よしよししながら「いいよいいよ、だいじょうぶだいじょうぶ」ってずっとぎゅうしてくれてた。
今唯一、100%信頼できる人。だんなさんをこんなに頼りに思ったことはない。


離れられなかったあたしは、そのまま西川の部屋で寝ることにした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

うわ~ 昔シェラにいた事あるんで懐かしいなーと思ってブログ読ませていただいていたんだけど。。
悲しい思いされたんですね。多分犯人はホームステイ先の人間でしょうね。残念だけどグアテマラ人を信用しすぎたのではないでしょうか?
グアテマラ人全員が平気で人のものを盗む人ではありませんが、彼らと我々の感覚は全く違います。特に外国人(日本人の気性もよく知っている)に対して複雑な屈折した感情は、我々には理解しがたいものです。
これからも旅を続けていかれると思いますが、時に日本人には残酷なぐらい主従関係というか上下関係を見せつけないと、友達感覚で彼らと接すると、逆に自分や相手を傷つけることになります。(階級社会で生きている彼らに取ってカテゴリーを別け隔てされてられることは苦痛でない)
これからの旅行が素晴らしいものになるよう祈っています

グアテマラ経験者さんへ

コメントありがとうございます。

友達や親戚にしか知らせてなかったブログなので、他の方も読まれていたと知ってびっくりです。

そうですねーー、悲しかったけど、はじめから信用しないのも同様に悲しい気もするし、複雑ですね。

とりあえずこれからは、出来心、というものを持たせない程度には警戒したいと思います。

グアテマラ経験者さんも、よい日々をお過ごしください。

No title

読んでるあたしまで悲しいような複雑な気持ちになっちゃいました↓
あたしも、南米で携帯盗まれただけでなんかすごいショックな気分になりました。別にホームステイ先とかじゃないから信頼関係とかそうゆうのではないんですけど、
あー、盗むひとってほんとにいるんだ、みたいな。
でもそれが今まで仲良くしてたホームステイ先の人かもしれなくて、しかもあんなふうなこといわれちゃったら、ほんとに悲しいですよね。
元気出して、引き続き旅たのしんじゃってください!!
Buen viaje!!

のぎちゃんへ

ありがとう。
いやー、精神的にきたねー。。。

でももう考えないことにしたんだー!!
忘れた!!
難しいけどこれ大事。
プロフィール

くじら日記

Author:くじら日記
2009年12月23日に結婚しました。
だんなさんは鍼灸師、わたしは病院での研修医を終えて、1年間の休みを取っての世界一周新婚旅行。
日記を、人が見てもいい文章で書くのってどうやってやるのかな…?と思いつつ、旅の記録を残したくてやってみました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。