スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キューバ編はじまり

11月12日続き

そしてハバナに到着


着陸したくらいから降り始めた雨が、どんどん大降りになった。。
いつもと違って、地球の歩き方のコピーを数枚と、富永マップを持ってるだけだから、市内に行くバス停の場所がよくわからず、日が暮れて雨ざあざぁの中、雨具を着てとぼとぼ歩く。
(富永マップ:バックパッカーの間で有名な地図。富永さんっていう人が世界中回って1人で全部手書きで書いててすごいの。しかも趣味でやってるっていうのが最高。)

あたしはビーサンだったから足もぐちょぐちょで、髪の毛も雨でぺったんこで、結構かわいそうな感じになった

バス停について、濡れたまま立ったままとりあえずカンクンから持ってきたパンを食べる。近くの家の人にバスの時間を聞いたら、あと1時間半くらい来ないって言う。
ふえーーーん


タクシーをシェアできる人もいないし、ヒッチだ!!(キューバではヒッチは地元の人もよく使う手段)と雨の中親指立てて待ってたら、大きいバンが止まった。
8CUC(≒800円)で連れてってくれるって言う。タクシーだと15とか20CUCするから、8ならいいや!!OK!!

市内のバス停まで連れてってもらった。
これで今夜の夜行バスに乗って、サンティアゴデクーバに行ける







と思ったら、今日の便はすべて満席・・・チケットがありませんでした。。

もう夜の8時くらい。キューバは、ホテルもあるけど、政府公認の民家に泊まったほうが全然安い。Casa Paticuralって言うんだけど、でもこれを今からお宅訪問するのもちょっと気が引ける。。
どうしよう・・・、と思ってたら、バス会社のおっちゃんが、友達の乗用車で250CUCでサンディアゴデクーバまで連れてってやる、と行って来た。逆ヒッチね。
5人乗りだから、あと2人集めれば、1人60CUCちょっとで行けるぞ、と。
確かにバスでも1人51CUCだから、そんなにばか高いわけじゃない。キューバは12日間しかないから、時間を有効に使いたいし、誰か来ないか待ってみることにした。




でも、サンタクララ(ハバナから3時間くらい東)に行きたいっていうドイツ人のお兄ちゃんはいたけど、サンティアゴデクーバは遠いし(キューバの東の端っこ。ハバナから15時間くらいかかるの・・・)なかなかそんな人現れない。
ドイツ兄ちゃんは、他のタクシーと交渉して、100CUCでサンタクララまで行くって言う。
バスなら15CUCだよ?!それちょっと高すぎじゃない?!!と思ったけど、彼がそれでいいならいいんだろう。

困ってた者同士、戦友を見送るような気分でお別れして、うちらはもう少し待ったけど、やっぱり誰も来ない。。




おっちゃんに、「だめだー、人来ないよ、2人だったらいくら?」って聞いたら、じゃあ150CUC、と。

うーーーーん、高いけど、このまま何もせずハバナのホテルに1泊することを考えたらそっちの方がいっか!。よし!っと乗ってくことにした。




そしたら、ドイツ兄ちゃんが助手席に乗ってるじゃん。サンタクララは通り道だから、一緒に乗せてくってことらしい。運転手イエルモ、ドイツ人グレゴリー、あたし、西川の4人で出発しました




グレゴリーが払う100CUCとあたし達が払う150CUCで、この人の懐には今夜だけで250CUCの現金が入る。
普通のキューバ人の平均月給は2500円~3000円らしいんだけど、もしこれがほんとなら、250CUC≒25000円はものすごい金額。年収くらいだよ。

社会主義がよくわからない・・・
これじゃあ、観光客からお金をもらったもん勝ちじゃん。個人の行動までは政府も見張れないだろうし。


イエルモはもちろんすごく機嫌が良くて、途中で寄ったドライブスルー(?的なとこ)で、ジュースやコーヒーをおごってくれたりした。左のはげがイエルモ。
RIMG2551.jpg



霧がすごいのに、時速100km以上で運転してるから、こいつ事故るんじゃないか、って怖くてはじめ寝れなかったけど、西川が「一晩で何百万稼げると思ったら頑張るって」と言ってて、それもそうだな、と。
いつの間にか寝てた



グレゴリーをサンタクララで降ろしたのが夜中の12時くらい
あー、なんかこの街並みゲバラの映画に出てきたよなー、とうっすら思った。

そして夜中2時過ぎ、途中の街で運転手交代。イエルモの兄弟のエミリオにバトンタッチして、さらにドライブは続く・・・

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くじら日記

Author:くじら日記
2009年12月23日に結婚しました。
だんなさんは鍼灸師、わたしは病院での研修医を終えて、1年間の休みを取っての世界一周新婚旅行。
日記を、人が見てもいい文章で書くのってどうやってやるのかな…?と思いつつ、旅の記録を残したくてやってみました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。