スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<スタンドバイミー

12月16日

マチュピチュへ。
日本人男子じゅんやくんと、韓国人男子スーくんと一緒に行きます。
朝7時発のバスに乗るために、6時起きの6時半出発。

スー君は行動がいちいち早くて、無言のプレッシャー。。
でも、多分うちら2人だけだったら6時半出発は不可能だったと思う。。。(あたしが遅いから

バス停までタクシーで移動して、ばっちり7時発のバスのチケットを買えました。よし
席はばらばらだったんだけど、じゅんやくんとスー君はうちらに並んだ席を譲ってくれたよ。どうもありがとう。


昨日古布を見まくったせいか、窓から見える色んな大きさの四角の畑が、布のパッチワークに見える。
緑と茶色のしぶい色使い。いいねぇー
いくつも丘が重なって絵みたいだった。
IMG_0102.jpg



どこかの峠にいた、民族衣装の人達。小雨の中、何かを静かに待ってた。
RIMG3057.jpg



途中で止まったら、どこからかおっきい鍋を持ったおばちゃんたちが現れて、炊き出しみたいにお昼ごはん休憩になった。
一皿2ソル(≒60円)とか。すごいローカル。こういうのがあると、長い道のりも楽しくなる
RIMG3058.jpg



7時間かけてサンタマリア、ってとこに到着。そこからイドロエレクトリカってとこまでタクシーをチャーターした。
車一台分の幅しかない、すぐ隣が崖の道を行く
RIMG3063.jpg


運転手のおじさんはなかなか安全運転で、曲がり角では、対向車がいた時のためにクラクションを鳴らしてくれた。
けど・・・、もしここで落ちたら、ほぼ死亡だろうな、でも岩に当たりながら回転して落ちたら、遠心力で座席に押し付けられて、案外軽症ですむかとか考えて、全然眠れなかった


でもしかし、渓谷の向こう側の山が岩々しててかっこいい。
ネパールトレッキング、JMTと、西川はあたしを山好きにミューテーションするのに成功したっぽいよ




タクシーを降りて、そこから歩く。景色がいい所をやっと歩けたから、楽しかった

4人で。
RIMG3067.jpg


穴から出てる水の量がはんぱない。
IMG_0111.jpg


スタンドバイミーみたいに、橋を渡ったり
RIMG3085.jpg



でも、スー君はどんどん1人で先に行っちゃって、見えなくなっちゃったから、途中からは3人
日本人だったら、多分一緒にペース合わせるよね…?、怒ってるのか何なんだろうね??と話しながら。



線路沿いに11キロの歩き、って前情報だったんだけど、まず線路につくまでに1時間くらい歩いた。。
しかも、線路の入り口から2時間くらいだよ、って駅のおじさんに言われたのに、2時間歩いてもどんどん山奥に入ってくだけで、村なんてなさそうな雰囲気
IMG_0120.jpg



足が疲れてきて何度も線路の石につまづくし、一度線路にすねを思いっきりぶつけて少し流血したー



谷を歩いてたから日没と同時に暗くなってきて、最後は持ってきてたヘッテン(頭につけるライト)が登場。
道が合ってるのかもよくわからなくて、不安になってきた。。
RIMG3089.jpg


でも、このバス+タクシー+徒歩の組み合わせでマチュピチュに来るルートは、貧乏旅行者には有名らしくて、外国のグループもいくつかあったからよかった。
1人だったら怖すぎた






そして7時ごろ、やっとマチュピチュ村が見えたよーー
川沿いに並ぶホテルやお店の明かりが、日本の温泉街にすごい似てた。
あーん、温泉。。
浴衣着て、部屋に運ばれてくるおいしいごはん食べたい。。



出発から12時間。。。
超疲れてるのに、一度入った宿がホットシャワーが出なくて、違う宿に移動したりして、無駄にまた疲れたけど、やっとチェックイン。
先に行ってたスー君とも奇跡的に村で再会できた。


マチュピチュの入場券を買って(国際学生証で半額:63ソル≒1890円)、ごはんを食べて、明日に備えて寝た
あーーー、疲れた。疲れすぎて、いつ寝たかも覚えてない・・・
久しぶりに運動したから、あさって位筋肉痛だな・・・






明日は本番、マチュピチュに行きまちゅぴちゅ


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

あー写真がウユニ湖に変わってるーv-257!!
年末年始はどの辺で迎える予定ですかー??
よいお年を・・・v-252

のぎちゃんへ

ありがとー。
お正月はチリの海辺で過ごす予定だよ。
のぎちゃんもよいお年を☆
クリスマスもよかったかい:)?

No title

線路の上を歩けるなんてうらやましいです。
鉄オタはいないんでしょうか。
日本は24日までクリスマス一色なのに、25日になった瞬間に門松注連縄が張られ一気にお正月に向けて準備をして除夜の鐘を聞いて新年を迎えるという慌しさがありますが、南米はどんな感じなんでしょう?
また、上記の行為は外国人の方からはどう映るのでしょう?

よいお年を。

ひろしへ

いつも素晴らしいコメントありがとう。
ひろしだなぁ~と思って読んでるよ。
欧米、南米とも、正月の飾りつけって特にないから、みんな年明けまでクリスマスの装飾がそのまま残ってるんだよ。
あたしは日本の凛とした正月の雰囲気も好きだけどな。門松とかさ、かっこいいじゃん。
ひろしもよいお年を。
あと2ヶ月弱で帰ります。
プロフィール

くじら日記

Author:くじら日記
2009年12月23日に結婚しました。
だんなさんは鍼灸師、わたしは病院での研修医を終えて、1年間の休みを取っての世界一周新婚旅行。
日記を、人が見てもいい文章で書くのってどうやってやるのかな…?と思いつつ、旅の記録を残したくてやってみました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。