スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マチュピチュは見えたか?

12月17日

韓国人スーが、マチュピチュ行きのバスに5時半には乗りたいっていうから、5時起床・・・。雨・・・
(麓のマチュピチュ村からマチュピチュまで、バスが出てる。歩いても行けるけど、すごい上りだし、あたし達にはもう元気がなかったから、お金払って乗りました。バス片道1人US7。国際学生証は使えなかった。)

1人だったら、「雨だし多分他の観光客も遅めに来るに違いない」と思って絶対二度寝してたなぁー。
でも、バス停着いたら、結構な人の列が出来てて、30人乗りくらいのバス3台目だった
へー、みんな気合入ってるな~~。オフシーズンなのに、こんなに人いるんだ。。



マチュピチュの入り口についても、すごい人。
多分、一番のバスが着くよりも早く、歩いて上って来た人もいたみたい。
RIMG3095.jpg



なんでこんなに早起きしてがんばったかっていうと、マチュピチュを見下ろせるワイナピチュっていう山に上れる人数が、1日400人って限られてるから
これ400人はいないよなー、って思いながらそわそわ並んでたけど、7時の回の40番と41番をゲットできました
よかった~~


なので、マチュピチュに入った後は、ワイナピチュに直行した。
でも、雨は上がったものの、一面霧。すぐ先も見えないから、遺跡の中が迷路みたいで面白かったけど。
RIMG3097.jpg

リャマ?アルパカ?が霧の中から現れた。
RIMG3103.jpg

前にペルー来たときも、こういう写真撮ったなー
IMG_0138.jpg



ワイナピチュ登るなら軍手があった方がいい、って聞いてたけど、ほんとに階段がすごい急だったから、持って来てよかった。
手すりにつかまたから、軍手がさびでくさくなったよ。
RIMG3109.jpg




しかし、登ってても、下には何にも見えない。。
RIMG3117.jpg



頂上について、みんなでのんびり待つ。
IMG_0162.jpg


大阪出身の日本人の男の子2人とも会って、おしゃべりしながら待つ。
やっぱ、大阪の人って東京とは違うのかな。こういうテンション久しぶり。すごい楽しかった
IMG_0164.jpg


霧が晴れそうになって「あ!来そう来そう!!」とか騒ぐと、マチュピチュいい気になってまた隠れたりするから、構ってもらいたくなるようにちょっとしばらく騒がずに無視するくらいの感じでいこう、ってしてたら、ほんとに徐々に晴れてきた!!!
RIMG3132.jpg



それで見えたのが、これ
RIMG3147.jpg






全部で1時間半くらい待ったけど、みんなで一緒に待ってたから、その時間もすごく楽しかったよ
ありがとう


ワイナピチュの後は、もう1つの小さい山(名前忘れちゃった)にも上って、また違う角度からマチュピチュを見下ろした。
世界中に遺跡ってたくさんあるけど、やっぱりこういう風に『体験型』じゃないとつまんないよね。
実際中に入れたり、こうやって山を登ったり、自分の体を動かして感じられないと、なんか、ふーーん、で終わっちゃうんだもん



マチュピチュ遺跡の内部は結局ほとんど見ず、色んな高いとこに上って全景を思う存分見た感じ。
あたしは前に1回来たことあるしね。
IMG_0200.jpg
RIMG3173.jpg




マチュピチュ村までは、下りだし、バスは使わず階段を降りて帰った。
でも、昨日の線路歩きと、今日の山登りが結構膝に来てて、階段を降りるのボヨボヨだったよ・・・


もう歩けない、と思って、帰りは出来るだけクスコの近くまで電車で帰りたい、と思ったけど、チケットすごい高くって、やっぱり水力発電所までだけ乗ることにした(昨日線路沿いに歩いた分だけ)。
IMG_0206.jpg


そしてまた駅からタクシー乗り場まで1時間の歩き。。
きつかったーー
もう歩けない、ってくらい歩いたよ。



帰りの乗り合いバスに、フランス人の家族(父・母・男の子)が乗ってて、なんと家族で世界一周してるんだって。なんか、自由なフランスっぽいなー。日本だったら子供がいじめられそうだもん。。
しかも、男の子は10歳くらいなんだけど、今回の南米旅行中に、スペイン語しゃべれるようになったらしいよ。3週間がんばって学校に通ったあたしよりも全然色んな単語知ってるし、やっぱり子供ってすごいんだ、って実感した。


水力発電所から、クスコまでの直行の乗り合いバスを拾えたものの、長時間バンに乗ってるのはすごいきつかった
足伸ばせないし、バスみたいに歩き回れないし
クスコに着いたの、夜中12時回ってたよ・・・

マチュピチュに徒歩を使って1泊で行くのは、これ相当きついわーーー
交通費は確かに往復で約2800円/人くらいで行けたけど、もし次来る事があったら、往復電車だなぁ~・・・



しかも、同じ宿(エルプーマ)に戻ったら、予約しといたはずなのに、うちらの部屋がない!!
予約を頼んだ従業員のお兄ちゃんが忘れてたっぽい
もう夜中だしめッちゃ疲れてるのに、口論して(スペイン語で)、プライベートのいい部屋を、ドミトリーと同じ料金で使わせてもらうことになりました・・・。
寝たの夜2時だよーー





※あれ?今日の写真なんかちっさくなっちゃった
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くじら日記

Author:くじら日記
2009年12月23日に結婚しました。
だんなさんは鍼灸師、わたしは病院での研修医を終えて、1年間の休みを取っての世界一周新婚旅行。
日記を、人が見てもいい文章で書くのってどうやってやるのかな…?と思いつつ、旅の記録を残したくてやってみました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。