スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タキーレ島最高レベル

12月20日

チチカカ湖ツアーのために早起きしたら、西川が明け方はすごい雨だった、って。
へー、全然気づかなかったなー、って思ってたら、出発する7時頃、またどしゃぶり

桟橋から船に乗っても、まだまだ重い雲から雨がたくさん落ちてて、どうすっかなーこれ、って思ったけど、一度寝て起きたら晴れてた!!
ついでに波もすごい高かったけど。少し酔った。。


タキーレ島に到着。まぁツアーだからしょうがないんだけど、

船着場から島の広場まで歩いて、
RIMG3219.jpg
RIMG3227.jpg

→そこで自由時間15分くらいあって、
RIMG3224.jpg
RIMG3226.jpg

→ガイドさんの説明、
RIMG3233.jpg

→昼食、
RIMG3236.jpg

→島民のみなさんの踊り。
RIMG3237.jpg


うぅ、この枠にはまったかんじ、やっぱり苦手だわ・・・
既婚者と未婚者の民族衣装の違いとか、既婚者しかコカの葉っぱは噛んじゃいけない、とか、男性は結婚指輪の代わりに特別なベルトを巻く、とか説明は勉強になったけど。個人で来てたらわかんなかっただろうしね。
昼ごはんもとってもきれいなとこで、美味しかったんだけど、1人20ソル(≒600円)はびっくりした・・・。超観光客価格。。クスコの金太郎でさえ、特製インカ丼が21ペソで高くて頼めなかったっていうのに。


やっぱツアーは・・・なぁ。。



それでその後、タキーレ島に一泊するうちらは、ツアーから離脱してリマンドレスさんっていう小さい男の人の家にもらわれていきました。
タキーレ島はホテルなんてもちろんないから、普通の民家に泊まらせてもらうの。
「すごく眺めがいい場所にあるんだよ」って言ってたからどんなとこかなー、と思ったら、ほんとに斜面にあってチチカカ湖一望!!
夕焼けがばーーん!!と見えるらしいよ
RIMG3239.jpg

お部屋はこんな。床は草が敷き詰められてるの。
RIMG3238.jpg


リマンドレスは背が小さいし童顔だから年齢不詳だったけど、32歳で子供も2人いるんだってー
6歳のロシオちゃん。おにいちゃんのリバルドくんは今学校だって。
RIMG3244.jpg



宿代は1人15ソル≒450円、夕食1人15ソル≒450円、朝食1人10ソル≒300円だと。
少し割高な気もしたけど、「お金は気持ちよく使おう」byユダヤ人大富豪。うん、そうだ



部屋に入ったら、なんかふっと疲れて、2人で靴も脱がずに、足はみだしたままベッドで寝ちゃった
3時ごろのろのろ起きて、島内をお散歩。
道のところどころに門があって、これが気に入った
IMG_0235.jpg
IMG_0239.jpg
RIMG3246.jpg


チチカカ湖や回りの島を見渡せる高台まで行った
RIMG3260.jpg


寝起き+標高が高いのもあるけど、ゆーーーーっくり歩いてゆーーーーっくりしゃべる。
おじいちゃんとおばあちゃんみたいだった。
少ない言葉数でも体に染み込んでくるようで満足。満ち足りている

この島はいいわ~~。来てよかった


高台の頂上で、ボタンになりそうなかわいい木の実を見つけたり、
IMG_0246.jpg

放し飼いのひつじの声が1匹だけすごく甲高くて、ビデオ撮って遊んだり。
RIMG3259.jpg


風もなくて、岩に座って湖と村を見下ろしてるだけ。
いい所だなぁ。。
RIMG3251.jpg



あたしが田舎が瀬戸内海の大島なんだけど、そこの展望台から見える瀬戸内海をなんか思い出したよ



その後はまた、さっきツアーで来た広場まで行ってみた。
そしたら、おみやげ屋さんのビルの上に村の女の人がたくさんいて、何してるのかな?、と思ったらぞろぞろみん
な降りてきた。
RIMG3269.jpg

それで言葉もほとんどかわさず、流れ解散で、黒いストールの背中を向けてゆっくり帰ってく。
RIMG3270.jpg


ミステリアスな島だなぁ。。ドラクエとかの町みたい。違う国なのはもちろんそうだけど、違う世界だなぁ・・・






それで日が沈む前に家に帰ってきて、子供達と遊んだり日記を書いたり。
夕日は、大パノラマですごかった。。
RIMG3279.jpg
IMG_0265.jpg
RIMG3292.jpg



そして、その夕焼けの余韻の湖が窓から見える、超ロマンチックな食堂で、ろうそくの灯りで夜ごはん。
シンプルな食事もよく似合ってた。
あぁー、やっぱり海とか湖とか、水のそばに住むっていいなあ。自分の家にこの部屋があったら最高だなぁ。。
IMG_0281.jpg



この宿、いままでの8ヶ月の旅行の中でも最高レベル
部屋に戻って、ろうそくの炎を見ながら、2人で「幸せだねぇ~」「あ~幸せだね~」とくり返しました。
IMG_0289.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

Feliz ano nuevo!!
内科当直中ののぎさんでーす。
タキーレ島、天気いいとほんっと最高ですよねv-32
その宿もかなりステキだし・・・うらやましいv-10
年も明けちゃって、旅も残りわずかですが、
悔いのないように、おもいっきり楽しんできてくださいね!!
日本で会えるのを楽しみにしてます☆
でわでわ、今年もコメントしまくります♪笑

のぎさんへ

あけましておめでとう☆
タキーレ島、ほんとよかったわ~~
帰ったら旅話で飲みいこー
プロフィール

くじら日記

Author:くじら日記
2009年12月23日に結婚しました。
だんなさんは鍼灸師、わたしは病院での研修医を終えて、1年間の休みを取っての世界一周新婚旅行。
日記を、人が見てもいい文章で書くのってどうやってやるのかな…?と思いつつ、旅の記録を残したくてやってみました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。