スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後の国はアルゼンチン

1月6日

なんやら夜、部屋の隣のキッチンがうるさかったーー。多分宿の人の家族。大声で歌ったりして、酔っ払い最悪
それでもあたしは寝たけど、西川はやっぱりあんまり寝れなかったみたい。
朝6時半の目覚ましよりも早く起きて、今日のバスに持ってくサンドイッチの具の、ソーセージと卵を炒めてくれてた。換気扇がないから、キッチン中、煙でまっ白だったよー




バスは8時半発。
プエルトモン、いいとこだったなー
日本人の魚介欲に十分応えてくれた町!!



前に2階建てバスの一番前の席で、すごい快適だったから、今回も一番前の席を予約して喜んでたら、普通の1階建てのバスだった・・・
席の前が壁だから、むしろ足伸ばせないし。短時間(7~8時間)でよかった。

でも、運転手さんの後ろだったから、前の景色はよく見えたよ。
あたしの誕生日と同じナンバープレート、719のバイク。とか。
RIMG3730.jpg



今回のバスは、車内で映画はやらなくて、ずっとミュージックビデオが流れてた。
それがね、ただの白いスタジオですんごいやばい衣装と髪型で歌ってるやつで、「これ、ごっつえぇとかの罰ゲームみたいだね」とか言ってたら、ABBAだったよ。ちょうど運転手さん世代なのか?
あたしが切ったほうがうまくできるよってくらいじょきじょきの変な髪形のギターの人とかいたけど、あたし達の結婚式のケーキ入刀のBGM、ABBAだったな~、そいえば。
dancing queen~ってやつ。音楽は会場に全部おまかせしたらそうなったのだ。
あー、なつかし。悪口言ってごめんね。でも、あの衣装と髪型は、本人達が今見ても絶対恥ずかしいと思う。




チリ・アルゼンチンの国境付近は、きれいな森とか山に囲まれた湖がたくさん見えた。花も咲き乱れてて、美しい夏の姿だったなぁ。
陸路での移動は、旅してる!って感じがしていい

今回も含めて、チリ・アルゼンチンの国境は全部で4回越えるんだ
西川的今回の旅行の最後のハイライト、パタゴニアやパイネが2つの国にまたがってあるからで、行ったり来たりするの。




夕方、アルゼンチンのバリローチェに到着。アルゼンチンは、今回の旅行最後の国です!!16カ国目
西川は早く南下してトレッキングしたくてしょうがないので、今日このまままた夜行バスに乗って進むことも考えてたんだけど、なんとあさってまでバスが満席
もともと「バリローチェには、するとしても1泊だね」と話してたので、2泊足止めは完全に予定外。だったらもっとプエルト・モンに泊まって、海鮮三昧すればよかったじゃん!とへこむ

でも仕方ない、他に選択肢はないので、そのあさってのチケットを買うことにした。
そしたら、バスのチケットは現金でしか買えなくて、しかもATMは町のセントロにしかない、と。
長距離とはいえすごい高くて(1人456アルゼンチンペソ≒9500円)、昨日両替したアルゼンチンペソじゃ全然足りないよーーー

バスターミナルは町のはずれにあるから、セントロまではまた市内バスに乗っていかなきゃいけないのだ。超不便。。

でも、今日中にまた戻ってくるから、と窓口のお姉さんと約束して、席は確保しといてもらうことにした。




セントロに移動して、まずは宿探し。
いくつか目星をつけてたとこはあったんだけど、そもそもバリローチェには泊まらない予定だったから、予約とか全然してない。
ホステル5軒くらい、満室(満ベッド)です、と断られた。。
後で歩き方見てみたら、ここバリローチェは、アルゼンチン最大のリゾート地らしい。しかも、今は夏のハイシーズン。安い宿ほど早く満室になっちゃうのね。。
しかし、ここまで空いてないか、ってびっくりしたよ。。

重いザックをずっと背負ったままで、坂を上がったり下がったり。
疲れるし、どんどん候補が少なくなっていって、最近の宿探しで一番きつかった。折れそうになっちゃった。

ここが空いてなかったら、どうする・・・?っていう最後のホステルで、奇跡の2ベッドあり。向かいのホステルで、「アミーガ、満室だよ」と断られた後だったから、どうせここもだめだよね、とあきらめ半分で入ったのに、はじめてベッドが空いてるって言われたから、逆にびっくりしちゃった。
しかも値段も今までで一番安い一人55ペソ(≒1150円)で、朝ごはん付き!!


あ~~~、ほんとによがっだよ~~~
荷物を置いた後、近くのスーパーでパックのグレープフルーツジュース買って乾杯した。


で、ATMで現金をゲットして、またバスターミナルに戻ってチケットを受け取りました。
ターミナルでは、汐見荘@チリ・ビーニャデルマルで一緒だった、日本人夫婦にまた再会。南米は広いけど、みんな通るルートが似てるから、ちょこちょここれからも色んな人に会える気がするよ。
東京に居たって、知ってる人と街中で会うことなんてそんなにないのに、旅の途中で出会った人と、違う町、違う国でまた会うなんて、すごいよね。
同じ年、同じ時期に世界一周してる人って、みんなどこかしらでつながってて面白い。実際には会ってなくても、友達の友達だったりするの。




夜は、生ハムパスタ!
これまたゆきちゃんみきちゃんが作ってくれたレシピですね
アルゼンチン入国祝いでワインも買ったよ。汐見荘以来、お酒が身近
RIMG3733.jpg


でも、今夜はパックされてる生ハムを使ったんだけど、やっぱり、その場で切ってもらうやつの方が美味しいね。ヨーロッパで散々生ハムを食べたので、生ハム舌が肥えちゃった





そして、残念なこと。宿にはWifiあるのに、なぜかうちらのコンピューターでは使えず。。どうしてーー。こういうことたまにあるんだよね。接続に『相性』ってあるのSEの人、教えて!!
どんなに設定をいじくってもつながらず嘆いてたら、宿のセニョールが、すごく気にしてくれて何度も声をかけてくれたよ。いい人。ありがとう

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くじら日記

Author:くじら日記
2009年12月23日に結婚しました。
だんなさんは鍼灸師、わたしは病院での研修医を終えて、1年間の休みを取っての世界一周新婚旅行。
日記を、人が見てもいい文章で書くのってどうやってやるのかな…?と思いつつ、旅の記録を残したくてやってみました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。