スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エベトレ11 ごほうびday

5月9日


今日は朝からすごくいい天気
神様からのごほうびdayでした



59-1.jpg





宿には朝ごはん代すら払いたくなかったから(まだ怒ってる)、ミルクティーだけ飲んで、6:30には出発。

いったん谷底の川まで下がってそっからもう一回300mくらい上がって(きつかったけど、カラ・パタールの時に比べたら全然!)、上がりきったところのMongっていう小さい村で朝ごはんにした。
村って言っても、ロッジが数軒あるだけのところだったんだけど、ここは素晴らしかった。
かわいらしい場所で、景色はそれに似合わないくらいでっかくて美しい・・・。空は真っ青。


もしまたエベレスト街道に来ることがあったら、カラ・パタールもいいけど、もっと緑があるぐらいの標高で、かわいい村ばっかり泊まって、天気のいい日にきれいな風景をたくさん見たいな






本当に、今日があたしの中で一番いい1日だったかもしれない




59-2.jpg




太陽が少し雲に隠れると、山々が悲しいくらい美しくて、
ナウシカの、♪ランラン ランララ ランランラン ってやつを歌いたくなる
太陽がぱぁっと射すと、今度は堂々とした文句なしの絶景、って感じで、
ジュディマリの「自転車」とかを歌いたくなる

標高も下がってきてるから、あったかくて、太陽に照らされて乾いた土のにおいがする。



なんて平和な風景・・・
59-3.jpg





午後になると時間とともに霧がかかってきちゃったけど、ナムチェを上から見下ろせるところまできたら、霧がふぁーーーって流れてて、空中都市みたいで、宮崎駿の映画に出てきそうだった。
ロマンチック・・・ここもマチュピチュみたいに、500年後とかは遺跡で発見されたりして・・・とか考えてうっとりしてたら、西川に「石づくりじゃないから残らないんじゃない?」と水を差されました



空中都市、ナムチェ。
namche.jpg







ほんとに楽しい1日だった。
何よりもう、知ってるところまで下りてきたし、ほとんど終わった気になってるから、すごく気持ちが楽。
アンディーの宿で日本人のトレッカーの人に会ってお話したりして、へろへろ過ごしました



今の楽しみはなんていっても、カトマンズに帰ってからの日本食レストランと、露天風呂!!(←日本人オーナーがやってるとこがあるらしいのだ)。
持ってきた地球の歩きかたネパールを、なめるように西川が見ています
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くじら日記

Author:くじら日記
2009年12月23日に結婚しました。
だんなさんは鍼灸師、わたしは病院での研修医を終えて、1年間の休みを取っての世界一周新婚旅行。
日記を、人が見てもいい文章で書くのってどうやってやるのかな…?と思いつつ、旅の記録を残したくてやってみました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。