スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パイトレ 6  西川は奇岩フェチだよ

2月2日

day 6
Acampar Paine Grande→Refugio y Campamento Los Cuernos

朝は、今までで一番気持ちの良いお天気だった。イチロースパッツだけでも歩けそうな陽気。あったかくて、外でストレッチできた。

奇岩を見ながら歩きだす

雪を抱いたいかつい岩山。。
RIMG4265.jpg

これはプリン岩?アポロ岩?
IMG_1532.jpg

きれいに湖に反射した、鏡アポロ。
RIMG4274.jpg




途中、フランス渓谷っていう谷に入っていくトレイルにピストンで行くか迷う。Paine Grandeっていう大きな山と氷河が近くで見れる見所のひとつなんだけど、トレイルの入り口から見ると明らかに上半分くらいガスっててきれいに見えてないの
今までのフィッツロイの経験からしても、この雲/霧はとれないだろう!という判断で、入り口でお昼ごはん食べて、そのまま余裕のスルー。この適当さ、好き。



お昼は、今日からトルティーヤだったんだけど、トルティーヤすごいいい!!かさばらないし、なんか強力なジップロックに入ってるし、美味しいし(あたしはメキシカン大好き)、パテにもよく合う!!



食べた後、Paine Grandeを背中にして、また歩き始めたけど、山にはりついた氷?氷河?が、たまにくずれてすごい轟音が響く。こんなに離れてるのに、この音量?!ってくらい。
その音が聞こえるたびに、2人ともすぐ振り返って、ぼーーーっと落ちてく氷とそのまわりの雪煙を見てた。なんか気持ちいいの。病みつきー。
RIMG4282.jpg





今日のテン場も有料。今までで一番高い1人5000ペソ(≒850円、ふつうの街の宿代と同じじゃん・・・)なのに、敷地が小さくてうちらのテントがぎりぎり入るくらいだし、ゴミもたくさん落ちてるしで、ぶーぶー言ってたの。

こんなきつきつだよ
IMG_1554.jpg


有料テン場ははっきり言ってざるで、払わなくてもばれないとこも多いと思う。でも、うちらは『おてんとさまが見てる!』を心に全部ちゃんと払ってきたんだけど。これで5000はちょっとねって。


でも、先にシャワーを浴びてきた西川が、「だんな命令。ここのシャワーを浴びなさい。」と。すごいよかったらしい。5000ペソはこのために払った、らしい。
ので、あたしも入ってみたら、すごい水圧!!熱めのお湯じゃんじゃん!!滝に打たれるように、無駄に長時間浴びちゃったよ。確かに、最高だった。



ウシュアイアで出会った夫婦に交換してもらった本、「ブルーセーター」を持ってきてたので、読み始めた。アフリカでマイクロファイナンスなどの起業に取り組む、アメリカ人女性の実話。
こんなジャンルの本があったのか、って感じで、夢中で読んだ。
あたしも高校生のときNGOで活動してたことがあって、それで高1の時にアフリカ(エチオピア・ウガンダ)にも行かせてもらったんだけど、今となっては体に何も残ってない、といってもいい。情けない
大学受験、大学、と自分の生活が過ぎてく中で、世界のことはあまり考えなくなった。医学部に入ったのも、昔は無医村とか国境なき医師団とかに憧れてだったけど、結局大学病院の麻酔科に入るし。
この先、昔夢見てたみたいに、アフリカや中南米、紛争地区とかで医療に携わることは、多分ない。結婚もしたし、子供も生みたいし。


そういうのを考えながら読んでると、自分は、なんかどっかで、地球人として自己満足だけに終わるような生き方をチョイスしたのか、とか考えて、胸が少し苦しくなった。
一人ひとりが楽しく幸せに生きること、それだけでよりより世界の実現に貢献してる、という優しい考え方もあるけど(byオノ・ヨーコだったかな)、、、具体的な方法でなにかを実現する責任が、全員にあるんじゃないか、という気もする。


あぁ、ものすごく久しぶりに、こういう部分の思想を突かれたな・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くじら日記

Author:くじら日記
2009年12月23日に結婚しました。
だんなさんは鍼灸師、わたしは病院での研修医を終えて、1年間の休みを取っての世界一周新婚旅行。
日記を、人が見てもいい文章で書くのってどうやってやるのかな…?と思いつつ、旅の記録を残したくてやってみました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。