スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JMT 32 祝Whitney登頂 最後の夜

9月9日

day 32
Guitar Lake→Trail Camp

うおーーーー!!雪だよーー雪!!
RIMG0425.jpg

夜中寒かったわけだー、こりゃあ。シュラフ自体が冷たくて、よく寝れなかったもん。やってくれるねー、最後のクライマックスの日に。
バケツに汲んどいた水にも、厚い氷
RIMG0426.jpg

外に置いといたザックにも、雪(霜?)がびっしり。
RIMG0427.jpg

テンション一気に上がって目パッチリ。今はもう降ってないし、風もないし、今日は天気よさそうだし


西川は「足がかじかむー。」とか言ってめずらしくなかなか準備が進まないので、あたしはてきぱきとペグ(テントを地面に固定する杭)を外して、重石の石を外し、テンマをたたみ、テントのぽきぽき(骨組み)を取る。いったん外に出ちゃえば寒くても動けるもんだ



太陽の光が、近くの山を照らしてるのが見える。それがうちらの方まで移動してくるのを待ってた。太陽を浴びた瞬間、あったかくて思わず叫んじゃった。そしたら、近くにテント張ってた外人も「Sunriiiise」って叫んでたよ。目が合ってお互いにっこり



さぁ、Whitney山頂にアタック!!北から南へのJMTのクライマックス。この山はなんとアメリカ本土で一番高いんだよ。14491ft(4418m)!!


道は昨晩の雪でまだ凍ってた。でも、陽射しはあったかい。
RIMG0433.jpg

上りはもうほぼ疲れないぞー。逆に西川がへばってたぞ。



途中でとっても感じのいいカップルに会って、一緒に車で帰れる人探してるんだ、って言ったら、なんとその2人はサンディエゴ出身。
うちらと同じくJMTを終えるところで、今日Whitney山頂に登ったら、そのまま登山口まで一気に下るんだって。それで、登山口の駐車場に友達が置いておいてくれた車で、今夜徹夜で運転して帰るらしい。かなりの強行軍
「だから、今日あなたたちも登山口まで下りて来るなら、喜んで乗せてってあげるよ」って言ってくれた。
ほんとは下りでもう1泊して帰るつもりだったけど、じゃあ、がんばっちゃう?って一瞬思った。
そして、やっぱり考えて、あたし達には無理だ、と判断。「やっぱりやめとくね、本当にありがとう」って伝えたよ。
あー、でも残念。確かに、今日登頂して、そのまま今夜中にLAに着いたら余韻もなにもなくてあわただしいけど、キャラクターも場所もぴったりだっただけに、もったいなかったなー




まずは、Crestていう途中にある分岐点を目指す。急に冷たい風が吹き始めたけど、ユニクロのウルトラライトダウンで頑張る。いつも通り、もうちょっとかな?と思ってからが最後長かったけど、2000ft(600m)アップももう射程範囲内になったね、全然

どんどん上る。乾いた景色が美しい。
RIMG0434.jpg


最後は山頂までのピストンになるので、分岐でザックを置いて、パワーバーで腹ごしらえをしてさらに登った。もうすっかり山の体だぜ。分岐からの登り、もっかいやって、って言われても、もう1回できるくらいの余裕があった。

こんな岩もあった。なんか、すごい非日常感があった。
RIMG0439.jpg








そして、Whitney山頂登頂
なんか、アメリカ本土で一番高いところに来ちゃったなんて不思議。アメリカ本土にあるものは、ぜーーんぶここより下にあるんだよね
RIMG0454.jpg

山頂には非難小屋もある。これには写ってないけど、他にも人がたくっさんいたよ。日本でいったら富士山みたいなもんだもんね。
RIMG0451.jpg


風がすごく強かったけど、岩の陰に隠れてお祝い行動食を食べた。前半以来食べてなかったレーズンヨーグルトや、クッキーも、残りを気にせずばくばく食べたよ


そして分岐まで戻って、Whitneyの裏側をスイッチバックで下る。もうここからは下るだけ。
でも、なぜか気持ちが不安定。多分、まだ車に乗せてくれる人が見つかってないのが大元の原因。車目当てにニコニコみんなに話しかけるのも嫌になっちゃったし。英語は全部あたしだし。

JMT最後の夜は、そういうわけで、せっかく予備の行動食も開けていつもの2倍の夜ごはんだったのに、2人で黙々と反省会みたいに食べた。楽しくないと、うれしさも美味しさも半減。。
そしてその後は、浄化?除霊?のように泣きまくる。。
JMTが、悪い物をもったまま下界に下りないように、清めてくれたのか??すごい夜だった。。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くじら日記

Author:くじら日記
2009年12月23日に結婚しました。
だんなさんは鍼灸師、わたしは病院での研修医を終えて、1年間の休みを取っての世界一周新婚旅行。
日記を、人が見てもいい文章で書くのってどうやってやるのかな…?と思いつつ、旅の記録を残したくてやってみました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。