スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インドの人

5月24日


インドではみんながだましてくる、ぼられる、声をかけてくる人はみんなうそつきと思え、そう聞いてインドにはすごく身構えて入国した。

でも、少なくとも今のところ、そんな悪い人1人も見てない。

いい人ばっかじゃん、というのが感想です。




例えば、バラナシで。
ガンガーでチャイを売ってるおばちゃん。
あたしが横の日陰に座って涼んでたら、あたしの横顔を見て「what is this?」って。
何年も前から、あたしの耳の下あたりには、にきびの痕が瘢痕(ケロイド)みたいになってるのは、みんな知ってると思うけど・・・。
薬を飲んでも、超痛い注射をしても、なかなかよくならず、徐々におっきくなっている
「acne scarなの。病院に行ってもよくならないの」って言ったら、
「オリーブオイルを塗ったら良くなるよ。オリーブオイルにあと2つ何かを混ぜるといいんだけど、何だったかな・・・??」って一生懸命考えてくれた。
もうあまり気にしないようにしてるけど、どうしても鏡を見たり写真を見たり髪の毛をアップにするときは、残念な気持ちになる。あたしにとっての弱点であるこの瘢痕。
それを自然に指摘して、しかも治療を一緒に考えてくれるその気持ちに、涙が出そうになったのでした



それから、バラナシの道は蛇のように細く曲がりくねっていて、迷路のよう。
地図を見ながらきょろきょろしてると、必ず誰かが声をかけてくれる
大体は、ローカルガイドとか申すいかがわしい人か、自分の店に案内しようとする人なんだけど、事情をちゃんと説明したら、ぼったくられることも、商品を無理やり買わされることも全然なかった
目的の場所までしっかり案内してくれて、バイバイ、って。
もしくはお店で、納得いく値段まで交渉して買ったり。


あとは、こないだも書いたボートのおっちゃんでしょ


電車やバスでも、誰かがなんかお菓子とかくれるし。





インドは、いい国だと思う

一部のリキシャーの人とかが、高いホテルとか旅行会社とかにコミッション目当てで勝手に連れてったりするから、国全体の評判が落ちて、日本人観光客はこの5年減り続けてるらしい。


同じ人間だから、話せばわかる、と今のところは思っています。
これから何があるかな??








それから、物乞いの人たち。
今までいろんな国で物乞いの人たちは見てきて、お金はあげたほうがいいのかもしれないけど、あたしはほとんどあげたことはない。

今回のインドも同じで、目が合うとやっぱりすこし気まずいけど、無視してきた。
赤ちゃんを抱っこして哺乳瓶をちらつかせながら、ミルク代がない・・・と言ってくるお母さんらしき人。
(母乳は出ないの?と思ってしまった。。)
足や手がない人。
くしゃくしゃのおばあさん。
おそらく先天的に背がすごく小さい人。


あげてもきりがない、というのもあるし、正直ちょっと怖い、というのもあった。



でも、この間、全身にぼこぼこがある女の人がいた。。
ビー玉くらいのからピンポン玉くらいの大きさまで、ほんとに全身くまなく。
なだらかな隆起じゃなくて、ほんとにちいさいボールがいっぱいついてるような感じで。
脂肪腫だろうか。。
路地を歩いて店の人に物乞いをしては追い払われていた。
差し出す手もぼこぼこ、後ろから見える首筋にもぼこぼこ。
怖くて顔は見れずに、横をすっと通り過ぎた。



その後から、あの人にお金をあげればよかった。。。ってすごく後悔した。
あたしあんなになったら生きてられない。
足や手がない方が全然いい。




同じ日の夜、バラナシの駅のホームで、びっくりするくらいやせた男の子がいた。
背は10歳くらいだったけど。
気づいたら音もなく西川に手を差し出していた。
ぎょっとして、首を振っちゃったんだけど、思い直して、追いかけてお金をあげた。
昼間見たぼこぼこの女の人にあげられなかった罪滅ぼしじゃないけど。
2ルピーコインだけだけど。
その子はお金を見ただけで、あたしの顔は一目も見なかった。
お礼とか言われると勝手に思ってたあたしは、傲慢なんだろうか。
人からもらうのが当たり前になってるから、お礼なんて言わないんだろうか。



どうしようもなさそうな人には、少しだけでもあげる、というスタンスになりそうです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

手紙届いた!

今日、ナムチェからの手紙が届きました。
5000メートル超えお疲れ様でした。おかしょう、がんばりましたね。

実のところ、最近このブログの更新が待ち遠しいです。
いきなり旅のフィナーレ的なエベレストの麓。麓なのか!これで!ってな感じで、桁違いなスケールの写真にひさしぶりに脳髄揺さぶられました。
それからインド・ベナレスも懐かしい。10年前と変わっているんだろうか。

なんともはや、うらやましいかぎりですが、道中気をつけて。

ゆうたーーーーーー:)!!!

>実のところ、最近このブログの更新が待ち遠しいです。

死んでもいいようなお褒めの言葉。。。

勇太に会いたいよーー。



アップしたけど、西川が下痢で倒れてます。
ゲリー西川。



おかしょうは、いい妻になれるでしょうか。。。
プロフィール

くじら日記

Author:くじら日記
2009年12月23日に結婚しました。
だんなさんは鍼灸師、わたしは病院での研修医を終えて、1年間の休みを取っての世界一周新婚旅行。
日記を、人が見てもいい文章で書くのってどうやってやるのかな…?と思いつつ、旅の記録を残したくてやってみました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。