スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドクター

5月30日



また朝からうん水と腹いた・・・


行こうと思ってたアンベール城には行かず、もう医者にかかることにしました
車とドライバーは今日までの契約だから、なんかほとんどツアー中寝てたことになる。
もったいなかった。。
西川にも悪いことをしました。



でもだって原因わかんないんだもん。
症状が出るの1日おきだし、食べ物も道ばたで売ってるやつとか食べないようにしてるし、日中外に出るときは頭に日よけの布を巻くようにしてるのに、なんでなんで??






往診でホテルの部屋まで来てくれたドクターは、とてもいい人で、血圧や体温のバイタルチェック、腹部触診などもきっちりやってくれました。
そして、点滴7~8本/5時間で補液されました。
点滴の数々



opeですか?!ってくらいのすごい量&スピード(クレンメほぼ全開)。
でも、9時くらいにその点滴はじめて、おしっこちゃんと出たの14時だからなぁ。
どんだけ脱水だったんだ?



そして、各種抗生物質も。
グラム+菌用のは点滴から打ったのに、グラム-菌用のはおしりに刺された。
しかも、抗生物質を注入してすぐにあたしがすこし咳込んだら、すぐに呼吸音を聴診しておしりに抗ヒスタミンの注射1本。
行動が早い。
インドだから、針とかディスポじゃなかったら怖い、とか思ってたけど、大丈夫だった。



完全に病人。
病床







西川も、興味津々という感じで、「アンベール城よりこっちの方が面白い」って見ていたら、下痢してたことをドクターに知られて、おしりに2本刺されてた。へへへ。




およそ6時間、ドクターとナースはずっと部屋にいてくれた。
しかも、夜また調子を見に+もう1本ずつおしりに注射しに、来てくれた。

お代は$770と破格だったけど、保険がカバーしてくれるでしょう。
しかしインドで1日に$770も稼げる人はなかなかいないと思うぞ




ドクターマリオみたいな薬をいっぱいもらって、なくなるまで飲み続けなさい、と言われました。
それぞれの薬を飲むタイミングが指定されてて、朝6時から夜10時まで、芸能人のようなスケジュールです。
西川とお互いに忘れないように注意しながらやっていこう。





点滴はほんとにやだ
してるだけでそっちの腕に変な力が入るし、寝返りもうてないから、体がばりばりになっちゃう。
トイレとか行くときも超邪魔だし、なにより病人気分がすごい。
病院に戻ったら、患者さんにはなるべく左右希望の腕で、関節じゃないところに点滴してあげよう。。。と思うのでした。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くじら日記

Author:くじら日記
2009年12月23日に結婚しました。
だんなさんは鍼灸師、わたしは病院での研修医を終えて、1年間の休みを取っての世界一周新婚旅行。
日記を、人が見てもいい文章で書くのってどうやってやるのかな…?と思いつつ、旅の記録を残したくてやってみました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。