スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぺトラ2日目

6月8日


嫌なことがあった後、心がそれだけに囚われて、会話が途切れる時、ぼーっと景色を見てる時、気がつくとそのことばっかり考えてる
そういう時、あたしはすごく汚れていてきたない。
せっかくぺトラにいるのに、抜け出そうと思っても、なかなか離れられない。






そんな時、ぺトラの中で、日本からのグループのツアーガイドをしてる、女の人に会った


「日本人??食べる??」

すごく自然にそう話しかけてきて、すーっと近づいてきた。
クッキーをいただいた


すごい陽のオーラを持った人で、あたしの心は一気に明るい方に引き出されて、嫌な気持ちは光で消毒されたみたいだった。

ほんとに救われました



そのあとも、抜きつ抜かれつで、何回もぺトラの中で顔を合わせて、たくさんお話した。
ガイドさんなのに、「ツアーはめんどくさいお客さん多いよ」とか小声で言ってきたりして、とっても楽しい人。


西川とは毎日日本語で話してるけど、やっぱりガールズトークがうれしかった。
トルコ人の彼氏がいらっしゃるらしく、今年の夏トルコに1ヶ月住んで、この先その人とどうするか決めるらしい。
結婚するか、別れるか、の2択なんて、正反対じゃん、意味わかんないな・・・、と昔は思ったものだけど、今は、ふむふむ、よーーーーくわかるのでした。

他のツアー客の方々も、「世界一周してるんですか??ご結婚されてるの?え?27歳?へー、いいわねー。」と話しかけてくれて、なんか久しぶりにたくさんの日本人(しかも年配の)と話せて、なつかしかった。
何人かには、「一緒にお写真いいですか?」と言われて、記念撮影も。
その人たちが帰国した後、友達や家族に写真を見せながら、「この2人はね・・・」って話されるんだろうか?




そして、そのガイドさんは、最後はなんとツアーで宿泊してるホテルのロビーまで入れてくれて、日本から持ってきた、ジュースとかお菓子をたくさんくれたのでした。
「飲みきれないから、持って行って」と。
今のあたし達にとって、それがどれだけうれしいか、わかりますか


あぁ、素晴らしい出会いでした


日本に帰っても会いたい人が、こうやってどんどん増えていく




ぺトラでの思い出は、楽しい笑顔に昇華されて、心に残りました。
ありがとうございました







この日はなぜか、アンマンに戻ってからも、日本人の夫婦と夕食を一緒に食べたり、日本人になりたい日本の心を持ったサイードくんと宿の屋上でお話できたりして、人っていいなぁ、とあたたかい気持ちになって寝れたのでした。



人に救われた日。

あたしに誰かにこれをパスしよう




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くじら日記

Author:くじら日記
2009年12月23日に結婚しました。
だんなさんは鍼灸師、わたしは病院での研修医を終えて、1年間の休みを取っての世界一周新婚旅行。
日記を、人が見てもいい文章で書くのってどうやってやるのかな…?と思いつつ、旅の記録を残したくてやってみました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。