スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポンペイ

6月28日


ポンペイへ!!

電車で日帰りです。



あー、まさに世界不思議発見

いつかテレビで見てからずっと来たかったんだ。

特に、灰に閉じ込められた人達の像があるって知って、それがすごく見たかったあたし。
(火砕流で亡くなった人の体は有機物だから分解されて無くなったけど、その形に空洞が残って、そこに石膏を流し込んで人型をとったものがポンペイにはある。)



何体もあった。
大人も子供も。
火砕流は何百度もあるから、おそらく即死だったと思うけど、死んだその時の格好のままの人たち。



説明書きには、This is not art, this is not imitation.って書いてあった。

本当に、その通りだ。



さすがに悪くてカメラは向けられなかったけど、じっと見てしまった。
この人たちが、幸せな死後、来世を迎えたことを願う





でも、あたしはどうしてこういうの(= 残酷なもの?)が好きなんだろう??
負のもの、と言い切るのは、当事者達に悪いけれど、そういうものを自分から探して見てしまう。


例をここに列挙するのはあまり良くない気がするので書かないけれど、小さい頃からそうだった気がする。


あたしは、こういうのは人間の本質的欲求かと思ってたけど、西川はミイラもあんまり見れない、って言ってたしなぁ。



うーん。。
自分からわざわざマイナスを及ぼすものを引き寄せることはないんだ、ってわかってから、あんまり近づかないようにしてるけど、やっぱり変なのかなあ。








ポンペイの街は、どこもかしこも見どころ、て感じだった。
2000年くらい前の街だけど、今と変わらない、もしくはもっといい生活してたんじゃないか??

パン屋さん跡、お医者さんの家跡、スナックバー跡とかがしっかり残ってた。


パン屋さん。奥がかまど、手前のやつは穀物を挽くためのもの。
ポンペイパンや





スナックのカウンター。
ポンペイカウンター






お店の壁に書いてある文字もちゃんと読める
ポンペイ看板




この頃、今よりももっとこじんまりと、でもしっかりと分業して、人々は自分の役割をしっかり楽しく果た
してたんじゃないか、と思う。







道には轍のあともくっきり残ってる。なんか、ぐっときた。
ポンペイ轍





神殿跡。
ポンペイ神殿




西川が「沖縄を思い出すなあ」と言った道。確かに。
奥に見える山が、噴火したやつ。
ポンペイ沖縄







ただの遺跡と違って、人がここに住んでた、って想像できる場所だった。
ポンペイのP
ポンペイのP





おまけ。
帰りにナポリ駅の近くで食べたピザ:)
モッツァレラチーズってこんなに美味しかったんだ!
むおーー!!でっかい!!(でもぺろりと食べた)
IMG_2257ナポリのピザ、マルガリータとマリナーラ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

色付きの文字しょちゃん!
さっきはメールありがと!
すぐ返事したんだけどなんだか送れませんっていうメールが返ってきてしまって・・・。
aolは画像つきはだめなのかな?前も送ってみたんだけどお返事なかったから、もしかしたら届いてないのかなと思ってたよ。

それにしてもナポリのピザおいしそう!
もしかして、ダ・ミケーレ?
まだナポリにいるならぜひ行ってほしいお店があるよ!
Belliniっていうお店なんだけどね、そこのカルトッチョリングイネ
(紙でつつまれたリングイネね)が天国の味よ。
あっちゃんと私の世界一おいしかったレシピ。
あと、ディ・マッテオっていうピッツェリアのPizza Frittaもおいしいよー。

私、MSNのチャットできるけど、しょちゃんアドレスあるかな?
ログインしてるから見てみてね。

karino32@hotmail.com

プロフィール

くじら日記

Author:くじら日記
2009年12月23日に結婚しました。
だんなさんは鍼灸師、わたしは病院での研修医を終えて、1年間の休みを取っての世界一周新婚旅行。
日記を、人が見てもいい文章で書くのってどうやってやるのかな…?と思いつつ、旅の記録を残したくてやってみました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。