スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

欧米人の恥の意識

6月29日


イタリアに来てから、日本では普段あんまり見ることが出来ない、いわゆる”外人さん”のファッションがたくさん見れて面白い

足が長くて、肉付きがよくて、顔が小さくて、頭の形が良くて、髪質もふわふわしてる、っていうアジア人とが全然違うスタイルのおかげで、何気ない服装がとってもおしゃれに見えたりして、観察してて楽しい。

ELLEとかの海外のおしゃれスナップを見てるみたいな感じ。



女性が肌をほとんど露出しないイスラムの地域からイタリアに来たから、露出しまくりの服装が刺激的でもある。
着いた時、ローマ駅前に女の人の上半身裸の広告がどかん!とあるのを見て、ちょっとどきどきした。。







でも、わくわくどきどきさせてくれるならいいんだけど、げんなりするのが、欧米人(特に米人!)の女性の服装

欧米人と日本人では、『恥』を感じる部分が明らかに違うなぁ、と思う。




マッチョタンクとかチューブトップにも普通のブラしてるから、ブラの肩ひもが見えるのは当たり前

ノーブラもけっこういるので、そういう人は乳首の位置までわかる

薄いコットン一枚のパンツやスカートの下に、何も考えず下着をはくから、形や色まで透けて見える

ワンピースの背中から、ブラがホックのとこまで全部見えてることもしょっちゅう

ビーチでは、胸垂れてようが三段腹だろうがセルライトぼこぼこだろうが、ビキニ
(おばあちゃんのビキニは逆にかわいらしいんだけど。。)




10代のぴちぴちちゃんとかスタイルいい人ならまだしも、けっこう歳いってても、そしてデブでも、気にしないんだよなぁ・・・
一言で言うと、下品なのです


ショールとかで隠す、モカ色の下着をはく、ヌーブラ/ひもが取り外せるブラを着る、という考えはないのだろうか。


そして、痩せる、という考えは







あたしはデブが嫌い
それは、体型があたしの美意識に反する、というの以外に、自己管理できない=スマートじゃない、という理由で。
(ほんとのデブだけね。日本であたしの知り合いにデブはいません!)






欧米人は、自分がこれをしたら恥ずかしい、という『恥の意識』よりも、自分がこれしたいから、という欲望の方が勝っているのだろうか。。


個性を尊重する、とかうんぬん以前に、自分を客観的に見れない、という部分で、デブと共通するところがあるような気がして、あたしはダメだわ。。




辛辣すぎ?
ご意見ご感想お待ちしています。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くじら日記

Author:くじら日記
2009年12月23日に結婚しました。
だんなさんは鍼灸師、わたしは病院での研修医を終えて、1年間の休みを取っての世界一周新婚旅行。
日記を、人が見てもいい文章で書くのってどうやってやるのかな…?と思いつつ、旅の記録を残したくてやってみました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。