スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マラケシュに着いたよ

7月13日

まだ暗いうちにマラケシュに到着。
ねぶい。。

でも、今回のバスはよく寝れた
体とバスとの一体感が感じられた





宿にチェックインして、お昼までお昼寝。
西川は朝ごはんで飲んだコーヒーのせいでぎんぎんになってて眠れなかったようだが・・・。


夜行バス、いいね
お昼寝から起きたら元気いっぱいに戻ってて、時間とお金(宿代)節約できた~






さっそく事件がありました
洗濯したら、いつもはいてた紺色のパンツをブリーチしてもうた・・・
宿の洗濯場に、おっきい洗剤が置いてあって、いつも石鹸で洗ってるから久しぶりに洗剤使っちゃおうかな、と拝借したら、まさかの漂白剤でした。
白いシャツがピッカピカ!みたいな絵がかいてあったから、「アタック」みたいなのかと思ったんだもん

そのことを同じ宿にいたイギリス人の兄妹(カップルだと思ってたら、ブラザーシスターだった。一緒に旅行なんていいね)に言ったら、
「うちらも使おうかと思ったけど、人の物を盗むのはよくないね、って話してやめたの」
だって。


はい、バチあたった。。。
RIMG1487.jpg



でも、もはやよれよれだったから、また新しいのを買う良い口実か








そして、西川は床屋さんにも行きました
cut.jpg


shower.jpg


切り始めてから値段を聞いたら、150ディラハム(≒1650円)とか言ってきた!
ちょっと仲良くなった近所のサンドイッチ屋さんの兄ちゃんが連れてってくれたとこだったから、ちょっと油断してた。。
切り始める前に値段交渉するのが、鉄則でした・・・


あわてて兄ちゃんを呼びにいって、事情を話したら、「150は高い!」と。
回りの人も、「俺が行く時は50くらいだよ~」と言ってる。


ので、「じゃあ100だ」とか言ってる床屋さんに、無理やり48ディラハム+1ユーロ(≒640円)を渡して出てきた。





出来上がりがこちら。
cut後






ぷぷぷ
中国の近未来、ってかんじ
いちおうセットもしてくれたの。
違う人みたいで面白いね。






夜は、同じ宿の日本人と先述のイギリス人兄妹とで、ビールを買いに長旅に出た。

ここはイスラムの国だから、ふつうの店ではお酒が売ってない。
よって、タクシーでおっきいスーパーまで行こうと思ったけど、タクシー代が高いのです。。
それで、色んな人に聞きながら歩いて探してたけど、なかなかなくって・・・。
やはりあきらめてタクシーをつかまえたけど、運ちゃんに「スーパーでお酒が売ってるのは8時まで。それ以降はバーで買うしかないよー。」と言われてしまった・・・。その時8時24分
しかたなくバーまで連れてってもらったんだけど、330mlのちっさい瓶が16ディラハム(≒176円)!
けっこうするなぁ~
しかも、あたしは超ばかで、残金のことを考えずに、目先のビールに目がくらみ、タクシー代を残さないでビールを大量に買ってしまったため、支払いの時にタクシーに待っててもらって、ATMを探しに行くことになった。
でも、新生銀行のカードがATM達と相性が悪くて、なっかなか下ろせない!!
30分くらいしてタクシーのとこに戻った時には、人の良かった運ちゃんはキれて、タクシー代としてビール2本と1ユーロを持って行ったあとでした・・・(←かなり高いが、しょうがない・・・)。





超しょんぼり



酒は全ての元凶だね(by西川)




外人らしく(?)、「お腹すいてきたから、ビール買いに行くなら自分達の分も買ってきてくれない?」と先に帰ってたイギリス人兄妹にこの顛末を聞かせたところ、mission almost impossibleだったね、と。
その通りだわ。

羊の脳みそサンドイッチを宿の屋上で食べながら、同じ宿の超面白い日本人の人とお話して、気持ちを切り替えましたとさ。



色々あるね!



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くじら日記

Author:くじら日記
2009年12月23日に結婚しました。
だんなさんは鍼灸師、わたしは病院での研修医を終えて、1年間の休みを取っての世界一周新婚旅行。
日記を、人が見てもいい文章で書くのってどうやってやるのかな…?と思いつつ、旅の記録を残したくてやってみました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。