スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キューバ行きフライトと島耕作

11月8日

昨日聞きに行って、7時に開くよ、って行ってた旅行代理店があったから、そこに行くべく7時に宿出発!!

キューバ行きの飛行機は今混んでて、3日とか4日後しかチケット取れないだろうって宿で聞いて、土日はさんだから、今日の朝一でカンクンにいる外国人がみんな旅行代理店に押し寄せるような気がして(やや被害妄想)、なるべく早く行動を起こしたかったの。



そうそう、キューバに洋服を持ってって、代わりにキューバからは葉巻を持ってくる、っていう運び屋をすると、航空券代を肩代わりしてくれて、USD$15だけでキューバに行ける、っていうお店があって、それで行くことも最初考えてたのね。
今までこのシステムで行った人で問題が起こった、っていうのは聞いたことないし、実際に行って帰ってきた人にも会ったんだけど、でも、毎回クリーンな荷物とは限らないし、もし白い粉とか忍び込んでて、空港で所持現行犯とかでつかまったらどうなるかわかんない

2人でUSD$500くらいの航空券のためにそこまでのリスクを負うのはこわい、という西川の意見がもっともだと思って、今回は普通のチケットで行くことにした


5万円くらい、日本に帰ったら1日で稼いでやるぜ。片手で十分だ
(うそ。両手で丁寧にやります。)




で、確かに7時15分くらいにその代理店のシャッター開いたんだけど、まだ朝早くてわかんないから8時にまた来て、って言われて、で、8時に行ったらまだ航空会社が開いてないから9時に来て、ってなって、結局9時でした

フライトは12日(金)。1人往復$265(USD)。
265は悪くないけど、ドルは持ってないからペソで払ったら、レートが悪くて、だいぶ損してしまった・・・
しかも代理店のおやじが、クレジットカードは6%の手数料がかかるよ、っていうからじゃあ、って現金払いにしたのに、あとでもう一度航空会社に行ったら、3%だって!!
うそつき~~
3%だったらカードで払ったほうが全然安かったのに!!


フライトは金曜だからカンクンにあと4日いないといけないし、レートで損したし、予定が後ろにずれこんだから、キューバの後カンクンからメキシコシティーに帰るときは時間短縮のために国内線で飛ぼうと思ったら、そのフライトもなかなか高くって。。







色々うまくいかないな、ってまた落ち込んでたら、西川が「今日は何も悪いこと起こってないじゃん」と。

えーーー??!!そうなの!??
驚いた。まじで。
同じ物事でも、見方が違うと、180°感じ方も違うのか。。
じゃああたしのこの気持ちはなんて損なんだ


確かに、キューバに行けるチケットは手に入ったんだし、カンクンにいる時間が増えたから、チチェンイツァー遺跡とか、トゥルーム遺跡に行く時間もあるし。


あたし、『物事の良い方の面を見る』勉強中。。
これが幸せになれる道だ




宿ではまたネットと、あと『島耕作』を読みまくり。
昔、千駄ヶ谷の駅で、島耕作の漫画のコマを使った広告を見て、なんっってセクシー・・・って思って以来、はじめて読んだんだけど、
ほんっとに面白い

あたしが全然知らないサラリーマンの世界だけど、男だよなぁ・・・
かっこいいぜー






ここの宿の夜ごはん、シェア飯(みんなで材料費割って、一緒に食べるごはん)は毎晩超美味しいです。
健康的に太れそう
ここのとこずっとおでこにたくさんできてるぶつぶつも、これで治ってー!!

仕事の仕方でタイプ分けするとしたら

11月7日

11時ごろカンクンに到着
思ってたより、暑い!って感じじゃないけど、やっぱりカーディガンとダウンを脱げるのはいいね

前情報があるが故の思い込みかもしれないけど、海が近くにあるって雰囲気するなぁ



カンクンに来たのはここからキューバに行くため
キューバの間荷物も預かってもらいたいし、安心な日本人宿にチェックインした。
グアテマラのシェラで同じ宿だった人が何人かいた。すごいなぁ、日本人宿って。。



今日は、夜行で来たけどそのまま寝ずに、街をうろうろしてみた
早くチケット取りたいし、日曜日だけど、開いてる旅行代理店ないかなー、と思って。
シェラで一緒だった、20歳のじゅりあちゃんも一緒に行ったよ。さすが平成生まれ、名前が違うね。

なんか第3者が混ざると、いつもの西川と2人でいるときよりも丸くなれるのはなんでだろう

やっぱりチケットの詳細は明日月曜日にならないとわからないようで、また明日出直しになったけど、またスーパー見つけて自炊用食材を色々買いこんできた






ここの日本人宿、今まで泊まった日本人宿に比べて居心地がいい
なんていうか、ふつうの人が多い気がする。あんまりアクが強い人がいない。ほっとするなぁ。。



じゅりあちゃんも含めて何人かとしゃべって、あたしが育ってきた今までの環境が、いかに特殊だったかをやっぱり再認識。

大学に行って、なんか資格のある職業につくか、大きい企業に就職する、という道しか、ずっと知らなかった、というか考えてなかった。
「それだけが人生じゃない」みたいな言葉は知ってても、自分がそこから外れる、というシナリオは考えたことなかった。

旅行の途中で会う人達は、ワーホリで海外で働きながら暮らしてたり、もう何年もずっと旅行してたり
で、日本帰ったら季節労働でまたお金貯めて旅に出ます、とか。

へーー、そういう生き方もあったのかー、って28歳、医学部も7年(留学したから1年落ちた)、研修医も2年やった時点で気がつく。
そういう方向性もありだったのか、と。
もし、自分が高校生のときとか、そういう人が周りにいたらどうだったのかな
ちょっとはあたしの将来の選択に影響あったかな

それともやっぱり自分の家族や大半の友達が選ぶようなものを選んだか。
事実、あたしの周りの人は、いわゆるお堅い職業の人が多め。ばりばり進学校に行って、中高女子校だったからみんな女友達だけど、ほとんどみーんなキャリアウーマン。年収もすでに普通のお父さんレベルは越えてる、とかね(←これはもちろんごく限られた人達だけどね)。


もちろん、そのまま歳とって体資本の仕事がなくなったらその時どうするの?とか、健康保険は?とか、ずっと同じ仕事を継続してやってた人の方が結果的には絶対給料もいいよ(by西川)、っていうのもわかるんだけど、そういうことしてる人がいるんだ、ってことが驚きだった。
仕事の仕方で人をタイプ分けするとしたら、初めて会うタイプの人達だったから。
多分、仕事は探す気になったら日本でも海外でもどこでも見つけられるんだな。


あたしの友達にも、大学中退して何年かふらふらしたけど、その後先輩が勤めてたIT系の企業に普通に就職して、今も働いてる男の子がいる。
その子の場合は先輩やタイミングに恵まれた、っていうのはあったと思うけど、なんか最初それ聞いたとき、大学ってちゃんと行かなくても、就職できるんじゃん!ってびっくりしたんだよねー。
あたしはまだこつこつ医学生してたから、なーんだー損したー、じゃないけど、そんな感じ。

今回のは、それのもっとおっきいバージョンの衝撃。




これだけでも、旅行した甲斐があったってもんだ
日本に帰ったら、今までよりもっと柔軟な、大きな長い視野で物事を見れるようになるかな?なんて

体調がなんだか不安定だった

11月6日

昨日帰ってきたの夜中1時過ぎ。。。
今日カンクン行きのバス、夕方にしといてよかった~


9時ごろのろのろ起きて、12時のチェックアウトまであわただしかった。

起きてすぐ、顔も洗わず日焼け止めだけちょっとつけて、スーパーに朝ごはんのコーンフレーク買いに行った
牛乳が残ってたから、使い切らなきゃと思って。

で、ごはんのあとパッキングして、シャワー浴びてたら、途中でお湯が水になった・・
ちょうど泡ぶくぶくの時だったからそこでやめるわけにもいかず・・・

サンクリは今とっても寒いの!寝るときシュラフ(寝袋)で寝てるくらいなの

全っ身鳥肌になって、助けてーーーー!!って叫びそうになったけど、スペイン語で助けて、って何て言うのかわかんないし
まじでカゼひいちゃうよ


震えながら出てきて、髪の毛濡れたまま、昨日西川が作ってくれたかぼちゃの煮物を食べる。
こっちのかぼちゃは、ウリ科!って感じでちょっとしゃきしゃきしてる。日本のとは食感は違うけど、でもしょうゆとみりんと砂糖の味付けが美味しくて、おいしいの。
でも、残念ながら作った本人は嫌いだったらしい。おかしょう全部あげる、と言われたのでした。

残したまま捨てちゃうのはあまりにもったいないから、急いで食べてたんだけど、作り立てでほくほくならもっと食べれたけど、冷蔵庫できんきんに冷えてたからさ・・・5個くらい残しちゃった。
ごめんなさい。




それで12時過ぎに宿を出て、チョコレート屋さんでバスまで時間をつぶすことにした。
内装もかわいくて前から目つけてたんだ。
そしたらチョコラテ超ーーーおいしかった。さすがチョコレート屋!。
RIMG2502.jpg


今日も小雨で寒かったから、体があったまった
Wifiもあるしね
IMG_0727.jpg



でもそしたらさ、すぐにお腹が痛くなってぐるぐる。
カカオって強すぎると下剤効果なの

お店のトイレにこもったら事件発生
汚いからここでは詳しく書かないけど、これであたしは将来西川の介護をきちんとしなければならない貸りができました。。




バスは、はじめはまわりの景色がきれいな森で、しかもバスの中の映画もスタンドバイミーで、買い込んで来たパンを食べながらご機嫌だったんだけど、すぐに2人とも悪路によりダウン・・・
あまりに気持ち悪いから、超短時間作用型の眠剤を飲んで寝よう!、と一緒にマイスリーを飲んだら、なぜか西川はお腹が痛くなって、しかも両手の指がぴんと伸びたまま硬直してる。。

こわい。なにこれ?副作用?なんか違う薬飲んだ

トイレに何度も行く西川。
バスの中暗いし、あたしもまだ気持ち悪くて動けないし、お互いに相手に構えず、つらかった。

西川の変な症状はだんだん良くなってきたんだけど、何だったんだろう?怖かったー





Elvaと遊ぶ!!

11月5日

こないだサンクリにいた時に仲良くしてたメキシコ人の女の子達。

「サンクリに帰ってきたらうちらの街に遊びに来てねー!」
「OK,わかったー!」
って別れたけど、ほんとに実現するのかな?と正直半信半疑だったあたし。
早くカンクン→キューバ行きたいしなぁ、って思ってたし


でもその後順調にFacebookでやりとりして(全部スペイン語よ~!)、今日の午後、彼女たちの住んでるTuxtlaっていう街で会う事になった。


宿でちょっとめんどくさい日本人のおじさんにつかまって時間ぎりぎりになったけど、いそいでサンドイッチ作ってブランチに食べて、出発!!
でも、お金下ろそうと思ったらATMでいつものカードがなぜか使えなかったり、バス停で明日のカンクン行きのチケットを買おうとしたらもう席が全然なくて他の便を探すのに時間かかったりして、1時に待ち合わせだったけど、Tuxtlaに着いたらもう1時半・・・

一応携帯の番号は聞いてあったけど、初めての街だし会えなかったらどうしよう・・・と思ってたら、ちょうど向こうからElvaが手を振りながら歩いてきた。
おーーー!!Elva--!!ひさしぶり~ほっぺにちゅうして抱き合った
向こうも今ついたとこだったんだって。さすが、メキシコ時間。こっちが時間通りに来て、Elvaが30分も来なかったらすごいあせってるとこだった。よかったよかった~




Tuxtlaに来たは来たけど、今日何して遊ぶのかな?と思ったら、まずChiapa de corzoっていう隣街に移動して観光案内が始まった。
移動で乗ったバスにたまたま乗り合わせたElvaの友達も一緒に付き合ってくれたよ。優しいね。

前にサンクリの宿にいた時、みんながインターネットでTuxtlaの写真とかビデオをたくさん見せてくれたんだけど、今日はそれに出てきたチョコレートととうもろこしのジュース飲んだり、教会や博物館連れてってくれたり。
RIMG2484.jpg


いつもと比べると、信じられないスピードでお金が飛んで行くけど、今日はElvaにおまかせだ。特別な日だから、と楽しむことにした


そして、Tuxtlaに帰って、モールで軽食をつまむ。メキシコ来てからはじめてブリト-食べたよ。
美味しかったけど、これもあたしと西川2人で66ペソぽーーんっ!と飛んでった。
でも、こんな事がないと、外ではちゃんと食べないもんね。今日は体も心も栄養つけて帰ろっと



そしたらモールに、Elvaの友達のルイスが車で迎えに来てくれて、みんなでスミデロ峡谷っていうとこに行った。ここ来たかったんだー。わーい
ここも、前にElvaがインターネットで見せてくれた場所のひとつ。徹底的にエンターテインしてくれます。ありがと
しかも、入場料1人25ペソ、ルイスがおごってくれた。なんて親切なんだ、さっき初めて会ったばっかりなのに・・・。日本に来たら家に泊まってねー!!


車でどんどん山の方へ上ってく。
途中で見下ろしたTuxtlaの街。
RIMG2487.jpg



今日は天気悪くて、小雨も降ってたけど、それがますます渓谷の迫力を増してた・・・
なんかアバターに出てきそうな光景。
RIMG2488.jpg

RIMG2491.jpg



ヨーロッパ人が開拓でこの土地に来たとき、先住民の人々はつかまるよりも崖の上から川に身投げすることを選んだらしい。川の底には今でもワニがたくさんいるんだって。。そのことは彼らも知ってただろうに。
強い意志と誇り。
そんな話がすごく現実味を持って感じられる場所だった。


そしてあたし、JMTを終えて、本当にすごく自然が好きになったみたい
今日も渓谷の展望台で車を降りるたびに、雨に濡れた木の香りが濃くて気持ち良くて、深呼吸するだけで幸せだった


帰りはもう暗くてTuxtlaの夜景が見えた。
東京育ち!夜景好き!!
RIMG2492.jpg



今日は家でお母さんが美味しい料理作ってるから、食べていってね、とElva。
お母さん、弟、おばあちゃんにすごく歓迎してもらって、ありがたくご馳走になった。
人の家だから、ってちょっと緊張して写真がないのが残念だけど、とっても美味しいご飯と、愛にあふれたとってもきれいな家だったよ





そしてElvaとの時間はまだまだ続く。
夜ご飯のあとは、マリンバ公園ってとこに踊りに行った。Erikaっていう友達も合流。
ここは毎晩マリンバの演奏してて、みんなその回りで踊るんだって。
ほんとに老若男女かまわず、みんな好きな踊り方で踊ってて、すごく幸せな場所だった
あたしもElvaと2人で踊ったぞ~~
RIMG2496.jpg


Elvaの笑顔につられて、なんかすごく楽しかった
司会の男の人に、Elvaがあたしと西川の名前を教えてるなぁ、何かな?と思ったら、
ちょっとして司会の人が、「Shoko y Toshi de Japan, bienvenidos!!」(日本から来たShokoとToshi、ようこそ!!)って。
みんなが注目してくれたので、ちょっと踊ってやりました。へへー


なんでも楽しんで、周りの人も楽しませちゃうElva
舞台にあがろうよ!って言われて、一緒に上がったら、奏者の人とすぐに仲良くなって、ボンゴを叩かせてもらったりもした。
RIMG2498.jpg



Elvaといると何でも楽しい
これってすごいことだ
こういう、人間の中に混ざった遊び好きの神様、みたいな人たまにいるよね。


踊った後は、茅葺の天井にブラックライトのおしゃれなバーでビール
みんなで日本人のまね。
RIMG2500.jpg


西川は、日本でもこんなところ来たことないよー、って言ってた。そうだよね。こんなとこでこのメンバーで初体験だ
途中でElvaのお姉ちゃんも加わって、BGMに負けないくらい大きな声でたくさんおしゃべりして、最終の11時55分のバスでサンクリに帰ってきたの。




一緒にいる間、Elvaが何度も、
「私の家はあなたの家だからね、メキシコにまた戻ってきたらいつでも泊まりに来ていいんだからね」
って言ってくれたのがほんとにうれしかった

今日は会えなかったお父さんも、わざわざElvaの携帯にメールをくれて、
「宿泊費もかからないし、ぜひまた来たときは泊まって行って下さい」って。
うわ~ありがとうございます



ほんとに1日楽しかった。Elvaありがとう。日本にも遊びに来てよー

良いごはんの日

11月4日

夜行でまたサンクリに帰ってきましたー。
なんかこないだと違って、すごい寒いぞ。どうしたサンクリ?

それでまた同じ宿にチェックイン。
前回部屋の鍵を持ったままオアハカ行っちゃったので、謝ってそれを返して、今度は2人部屋にチェックインした。
でも料金は同じの1人70ペソ≒490円
ここほんと激安なのに、キッチンもあるしWiFiも無料だし浄水器もあるしシャワーもまぁまぁだし、いいよー
Posada Juvenilってとこ。おすすめ




オアハカの宿にはキッチンがなかったから、あったかい手料理に飢えてたあたし達
2度寝のあと市場に行って、大量に食材を買ってきた!!


きゅうり1本        5ペソ≒35円
ブロッコリーひと塊    6ペソ≒42円
小さめのかぼちゃ1個    5ペソ≒35円
サンチュ(?)1個    5ペソ≒35円
トマト6個  20ペソ≒140円
玉ねぎ大1個  3ペソ≒21円
アボガド小2個   10ペソ≒70円
卵10個  20ペソ≒140円
グレープフルーツ5個  6ペソ≒42円
サンドイッチ用のパン4個 6.5ペソ≒45.5円

あとスーパーでも
牛乳1リットル      10ペソ≒70円
チョリソー1切れ    10.14ペソ≒71円
(肉は市場で買うのはちょっと怖かったから、スーパーにした。)




はい、どんっ!
あー、食べ物がいっぱいあるとそれだけで安心して幸せ。。
RIMG2479.jpg




おみやげもいいけど、市場での買い物もとっても面白いよー
市場でサンチュ見つけたときはテンション上がった~
あと、西川はかぼちゃを目ざとく見つけて、すごい喜んでた

野菜は大体安いけど、卵だけは日本と同じくらいの値段なのはなぜ
卵も肉としてのカテゴリーなのか



昼は、ますますパワーアップしたサンドイッチ。もう分厚すぎてかぶりつけないくらい。うーん、幸せ
写真撮り忘れたー


その後、またパソコンぱちぱちしようと思ったけど、こないだオアハカで会った日本人夫婦の奥さんのブログをちょっと読み始めたら、面白すぎて過去の記事も全部読んじゃって、全然はかどらなかった。。
毎夏高校の同級生でキャンプ、とか、結婚式には来たい人を募集して全員を招待した、とか、新年を京都のゲストハウスで迎える、とか、まじ楽しそう
あー、またどっかで会いたいなー。
そして、あたしも日本の友達が恋しくなったなぁ。
帰ったら色々して遊ぼうよねー!!誘うからみんな来てね






夜ご飯もまた力作。
セドナのキャンプ場で会ったアリゾナファミリーが教えてくれた、チョリソーの炒め物を作った
チョリソーとトマトと玉ねぎをみじん切りにして炒めて、最後に卵をからませる。
それを、お好みでサンチュに巻いて食べるの。うまい
あと、ほかほかごはんと茹でブロッコリーとトマトのサラダ。
RIMG2480.jpg





また言うけど、食べるものがたくさんある、って本当に幸せなことなのね
神様、ありがとうございます、ごちそうになりました


あー、寒い。
夜はシュラフがまじで出動。
「スキー場くらい寒い」って言ったら、西川に「そこまでじゃないでしょー」と言われた。。
プロフィール

くじら日記

Author:くじら日記
2009年12月23日に結婚しました。
だんなさんは鍼灸師、わたしは病院での研修医を終えて、1年間の休みを取っての世界一周新婚旅行。
日記を、人が見てもいい文章で書くのってどうやってやるのかな…?と思いつつ、旅の記録を残したくてやってみました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。