スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<スタンドバイミー

12月16日

マチュピチュへ。
日本人男子じゅんやくんと、韓国人男子スーくんと一緒に行きます。
朝7時発のバスに乗るために、6時起きの6時半出発。

スー君は行動がいちいち早くて、無言のプレッシャー。。
でも、多分うちら2人だけだったら6時半出発は不可能だったと思う。。。(あたしが遅いから

バス停までタクシーで移動して、ばっちり7時発のバスのチケットを買えました。よし
席はばらばらだったんだけど、じゅんやくんとスー君はうちらに並んだ席を譲ってくれたよ。どうもありがとう。


昨日古布を見まくったせいか、窓から見える色んな大きさの四角の畑が、布のパッチワークに見える。
緑と茶色のしぶい色使い。いいねぇー
いくつも丘が重なって絵みたいだった。
IMG_0102.jpg



どこかの峠にいた、民族衣装の人達。小雨の中、何かを静かに待ってた。
RIMG3057.jpg



途中で止まったら、どこからかおっきい鍋を持ったおばちゃんたちが現れて、炊き出しみたいにお昼ごはん休憩になった。
一皿2ソル(≒60円)とか。すごいローカル。こういうのがあると、長い道のりも楽しくなる
RIMG3058.jpg



7時間かけてサンタマリア、ってとこに到着。そこからイドロエレクトリカってとこまでタクシーをチャーターした。
車一台分の幅しかない、すぐ隣が崖の道を行く
RIMG3063.jpg


運転手のおじさんはなかなか安全運転で、曲がり角では、対向車がいた時のためにクラクションを鳴らしてくれた。
けど・・・、もしここで落ちたら、ほぼ死亡だろうな、でも岩に当たりながら回転して落ちたら、遠心力で座席に押し付けられて、案外軽症ですむかとか考えて、全然眠れなかった


でもしかし、渓谷の向こう側の山が岩々しててかっこいい。
ネパールトレッキング、JMTと、西川はあたしを山好きにミューテーションするのに成功したっぽいよ




タクシーを降りて、そこから歩く。景色がいい所をやっと歩けたから、楽しかった

4人で。
RIMG3067.jpg


穴から出てる水の量がはんぱない。
IMG_0111.jpg


スタンドバイミーみたいに、橋を渡ったり
RIMG3085.jpg



でも、スー君はどんどん1人で先に行っちゃって、見えなくなっちゃったから、途中からは3人
日本人だったら、多分一緒にペース合わせるよね…?、怒ってるのか何なんだろうね??と話しながら。



線路沿いに11キロの歩き、って前情報だったんだけど、まず線路につくまでに1時間くらい歩いた。。
しかも、線路の入り口から2時間くらいだよ、って駅のおじさんに言われたのに、2時間歩いてもどんどん山奥に入ってくだけで、村なんてなさそうな雰囲気
IMG_0120.jpg



足が疲れてきて何度も線路の石につまづくし、一度線路にすねを思いっきりぶつけて少し流血したー



谷を歩いてたから日没と同時に暗くなってきて、最後は持ってきてたヘッテン(頭につけるライト)が登場。
道が合ってるのかもよくわからなくて、不安になってきた。。
RIMG3089.jpg


でも、このバス+タクシー+徒歩の組み合わせでマチュピチュに来るルートは、貧乏旅行者には有名らしくて、外国のグループもいくつかあったからよかった。
1人だったら怖すぎた






そして7時ごろ、やっとマチュピチュ村が見えたよーー
川沿いに並ぶホテルやお店の明かりが、日本の温泉街にすごい似てた。
あーん、温泉。。
浴衣着て、部屋に運ばれてくるおいしいごはん食べたい。。



出発から12時間。。。
超疲れてるのに、一度入った宿がホットシャワーが出なくて、違う宿に移動したりして、無駄にまた疲れたけど、やっとチェックイン。
先に行ってたスー君とも奇跡的に村で再会できた。


マチュピチュの入場券を買って(国際学生証で半額:63ソル≒1890円)、ごはんを食べて、明日に備えて寝た
あーーー、疲れた。疲れすぎて、いつ寝たかも覚えてない・・・
久しぶりに運動したから、あさって位筋肉痛だな・・・






明日は本番、マチュピチュに行きまちゅぴちゅ


$300!!!

12月15日

買っといた朝ごはんだけ食べて、エルプーマ、っていう宿に移動。
昨日一緒に来たじゅんやくんも、同室だった韓国人のスーくんも一緒に移動した。
みなペンションには愛想をつかしましたとさ

エルプーマは、1泊15ソル(450円)で朝ごはんつき、タオルも有
Wifiもあって、やっとネットにつながれた。
今日15日は弟の誕生日だから、おめでとうメールしたかったのに!ペンション八○め!!
日本はもう16日。2時間遅れでやっと送れたよ。ふう。
おめでとう



明日から1泊でマチュピチュに行くことにした。
ほんとは往復電車で行くと早いんだけど、なんせ高い・・・(クスコ-マチュピチュ片道USD$50くらい)、ので、行きは乗り合いタクシーと徒歩で行くことに決めた。
帰りは時間がないから、徒歩の分だけは電車に乗ろう、ということで前もって駅に電車のチケットを買いに行くことに。
値段が$表示だから、アメリカで下ろしといたドルも持って行こうか、ってことでポーチを開けたら、$500入ってるとずっと思ってたポーチに、$100しか入ってない。
あれどっかに移したっけ
キューバに行く前に、$100と$400に分けてどっかにしまっといたような気もする。。

違うお財布から$60だけ出てきたけど、残りがない。
ザックの中全部探したけど、、、ない!!!


?え


ほんとにない??




ショックで放心。。。



$300って、大金よ?
節約してる旅中において、$300って目がくらむ大金なのに・・・


西川に、「ないのはしょうがないから、とりあえず出かけようか。」って言われても、動けない。。




なんてばか。。。
泣きそう。。。
確かに、けちなくせにお金の管理はずさん気味な私。しばらく使ってなかったバッグから1万円出てきた、とかたまにあるし。
でも、でも、今回のはひど過ぎる・・・


のろのろ立ち上がって出かけたけど、マックスうじむしになってるあたしに、西川は「その落ち込みは無駄だ。」と。
「落ち込んでどうなるものでもないじゃん。」って。



うん、そうだけど・・・
こんな大金無くすなんて信じられない。。
ばかしょう。
ごめんなさい3万回。
「ごめんなさい!!」と何回も叫びながら歩いたよ。





この先も普通に楽しんで旅行を続けていいか、てか今日このあと普通に振舞っていいものか、西川に聞いた。
これはつまり、あたしが逆の立場だったら、そうされたらイラっとする、ってことなのかな・・・
でも西川は、「いいよ。むしろ$300で済んでよかったじゃん。」って。



うちのだんなさんは、ずいぶん器が大きいみたい。
へへぇぇぇぇーーー





結局電車のチケットは、現地じゃないと買えないと言われたのであきらめた。




その後はおみやげ探してぷらぷら。
西川は、緑のストール(12ソル≒360円)を買ったよ。
あと、へんな小銭入れも買った。はまぐりさん、と命名。
ころっとしてかわいい。4ソル(≒120円)だった。
RIMG3205.jpg



そしてあたしが何より心魅かれたのは、手織りの布
ぼろぼろで色褪せたようなやつが古布みたいで気に入ってたくさん見てたら、それはmanta antiguaだよ、とどこかのお店の人が教えてくれた。
manta antigua=古いブランケット、って意味。まさに古布でした
手作りだから難しいし作るのに時間がかかりすぎるし、機械織りが発達してからはほとんど作られなくなったらしい。
60年前とか70年前のものだ、と言ってた。
歴史がある、っていうのもとってもいい~~~


このmanta antiguaで作られたバッグを探して、すんごいたくさん店を見て回ったけど、なかなかこれ!!っていうどんぴしゃなのがなくて・・・
柄はいいけど、なんでこのデザインで縫っちゃったの?!とか、サイズが大きすぎたり小さすぎたり。
でもそれがかえって、次の店にはいいのがあるかも!!と思わせて、延々見て回っちゃった。
今日は出会えず。残念


古布そのものもとても魅力的。
アルマス広場に面した、museo(博物館って意味)っていうお店では、膨大な数のmanta antiguaがあって、まさに博物館並みだった。

あ~ん
RIMG3052.jpg

あたしも西川も布好きなもので
RIMG3053.jpg

ほんとにすごい数のコレクション。地下にもこんなに
RIMG3054.jpg


1枚何百ドルとかのもある、って。
ひえ~~~
でも、それくらいの価値はあるのかも。いつか何枚か欲しいものです





夜は、急いで明日のマチュピチュ行きの準備。
部屋がドミトリーだから盛大に散らかせなくて、なんか忘れ物ありそうだなー・・・と思いながら持ってくものを選別してたら、今度はJMTでもアリゾナでもずっとかぶってた緑の帽子がない。。

AIGLEのお気に入りだったのにー!!
なんで大事な物ばっかりなくなるの

とかいうかなくなったことに立て続けに気づくの??!
これもいつなくしたかわかんないし・・・




はぁぁぁ

クスコ・ホルヘ

12月14日

標高が高いとこを通ったから、バスの中夜結構寒かった~
座ってない席のブランケット1枚盗んで使っちゃったよ。

夜中寒くて目が覚めて、寝付けなかったからipod聞いてた。
最近JPOPばっか。暗い中で聞くとなおさら日本への想いが高まるわ。
帰ってからの仕事のこととか色々考えてしまった




午後3時くらい、クスコに到着。
アメリカ留学中、ペルーに1人旅したんだよね。
その時もクスコに来たんだけど、昔来たことある街にまた来るのっていいね
相変わらず、山に囲まれた、石畳が感じいい、素敵な街だ
RIMG3036.jpg
きれいな壁の家。
RIMG3039.jpg



ただ3000m越えてるから、歩くだけで相当息が切れる。
ネパールでの5000m越えも、もう7ヶ月前だもんなぁ。。
同じバスでクスコについたじゅんやくんと3人で宿探ししたんだけど、重いザック担いだまま石の階段を歩き回るのは、かなりしんどかった
心拍数200/分以上
高山病なりませんように。もう嫌だよー。
RIMG3037.jpg



3軒くらい見て、情報ノートもあるしWifiもある、日本人宿に決めた。
1人1泊20ソル(≒600円)、素泊まり。



うちらは宿に荷物置いて、そのままホルヘさんっていうおじいちゃんがやってる靴屋さんを訪ねた。
色んな人のブログで紹介されてて、日本人旅行者にはとっても有名なとこ
オーダーメイドで、安くかっこいい靴が作れるって評判なのだ

建物のおくーーの方、こんなとこ知らなかったら絶対わかんないよ、ってとこにホルヘさんの仕事場はあった。来るまでは、ほんとに作るかどうか迷ってたんだけど、ホルヘさんがとてもいい顔してるし、出来上がった超かわいい靴たちを取りに来る日本人の人5人くらいと会って、うちらも作ること決定
皮の色や布の種類を決めるのに、2人して迷いまくって、色々見すぎてよくわかんなくなったりして、たっぷり1時間半くらいかかったよ。

選ぶ西川。
RIMG3040.jpg


足のサイズもばっちり測ってくれたよ
RIMG3041.jpg


ちょっとだけディスカウントしてもらって、1足100ソル。3000円以下でオーダーメイドの革靴が作れるなんて、素晴らしいわ
頼んじゃった、頼んじゃった。出来上がり楽しみー


出来上がりは金曜日、ってことになった。今日は火曜日。けっこう時間が出来たので、マチュピチュにも行くことにした。
あたしは1回行った事あるし、2人とも遺跡はもうけっこうお腹いっぱいだったから、先を急ぎたいし行かなくてもいっか、って話してたんだけど、靴も作れるし、マチュピチュも行けるし、いい流れいい流れ






でも・・・
宿に帰ったら、Wifiが12月3日から使える、ってことだったのに全然使えないし、玄関のベルを押しても、だれーも出てくれなくて、人通りのない暗い道でずっと待たなきゃいけない。
オーナーに苦情を言ったら、インターネットのことはわからないの一点張り、玄関のベルは聞こえなかった、基本的には泊まってる人同士で開けてもらうことになってるんで、と。
30回くらいベル鳴らしたし、もしその時他の宿泊者が寝てたり誰もいなかったらどうしたらいいのか。
すごく感じが悪かったので、明日即出ることにした。
ペンション八○ってとこです。ブブーです。

むきー!となって寝た。
部屋はとってもきれいで雰囲気もいいだけに、残念。

ごめんねゆうタンク

12月13日

朝起きて、中華街に朝ごはん用のyucaを買いに行った。
前おかゆ食べたときについてきた超もちもちパン。4個で1ソル(≒30円)。

和菓子売ってるとこもあったから(628番地だよ)、大福とかも買い込んじゃった。1個0.8ソル(≒24円)!!
この紙の箱も超癒し~
RIMG3032.jpg



yucaを食べながら帰ったんだけど、美味しくて4つ連続で食べたら、2人とも気持ち悪くなった
やっぱりこの揚げパンは、おかゆと食べるのがいいバランスみたい。。さっぱりのおかゆとすこし油のyuca。。計算されつくした食べ合わせだったのねぇ・・・
好きな物を気持ち悪くなるまで食べれて本望だけど

ぐったりしながらもパッキングして、12時のチェックアウトまでベッドで動けなかった。。




そう、パッキングしながら、そういえば最近日本から持ってきてお気に入りのタンクトップ(ゆうタンク)と、
ベネチアで買った子供用Tシャツ見ないなぁ・・と思って全部ひっくり返して探したんだけど、ない・・・・!!!!

ないのーーー!!

どっかの宿に忘れてきたのか??全然思い出せない
ベネチアTはいいとしても、ゆうタンクは自分で手作りしてもう6年以上使ってた大切にしてたやつだったのにーー!!
なくしてすぐ気づかなかったなんて、ごめんね。日本帰ったら2代目を作るからね







チェックアウトした後も宿の中にいさせてくれたから、ブログを一生懸命アップしたよ。ほぼリアルタイムになった。うっほーーい
その間西川は、チベット潜行十年、っていうサンディエゴのブックオフで買った古本を読んでチベットに行ってた


パチパチしながら大福とゴマがついたお餅を食べたんだけど、これがほんっっとに美味かった!!!!
やっぱりあたしの体は日本食で出来てるみたい
同じ浸透圧のものが体に入ってきた!て感じがしたよーー。
自分を食べてるようだ。



yucaショックから立ち直ってきたので、お昼ごはんはまたスーパーの2階のブッフェを食べに行った。
今夜は高級バスCruz del Surに乗るから、中で出る夜ごはんをちゃんと食べれるように(卑しい・・)、ちょっとつまむだけにしようね、って言ってたのに、ばかだから結局いっぱい取って食べちゃったー
だってけっこう美味しいし、野菜もいっぱいとれるし、量り売りだから結構安いしさ
そしてなにより、スーパーの2階、っていう立地がなんか落ち着く
うちらのお気に入りでした



宿に戻ってそのままタクシーつかまえてバスターミナルまで。渋滞で結構時間かかった。
高級バスだけあって、ターミナルも別格。
トイレもきれいだし、手洗うとこの水もじゃんじゃん出るし、気持ちよかった。



バスは、、、確かにBGMもお上品なジャズだったし、座席もふかふか、あったかいブランケットもあって、食事もベジタリアン(ちゃんと大豆の肉だった)とかチキンとか選べて良かったんだけど、、、期待が超高かっただけに、座席180°フラットにならないし、ごはんも結構普通(むしろ朝ごはんは手抜きでパンだけ)で、まぁもう乗らなくていいかな・・・。1人152ソル(≒4500円)は高いような気がするー


道がくねくねで気持ち悪くて、映画HACHIやってたけどちゃんと見れなかったー。

現実に帰還しました

12月12日

朝7時半、バスがリマに到着。
18時間で着いた。早かったな

バスの預け荷物にしてたむらさきの大きいザックが、なんか「汚」にまみれて出てきたー
泥?うこ??
くさくはないけど、他の荷物で、箱に入った生きてる七面鳥とかも一緒に出てきたからそいつらの糞??
生き物一緒に入れないでよーー



荷物を預けてあったInkasiaっていう宿に帰った。
バスターミナルから宿までけっこう遠いんだけど、ザックが汚れててちゃんと背負えないから、西川が左右の肩に交互にかけて持ってくれた。
部屋で荷物の中身を出したら、なぜか天袋に入れてたタオルとか濡れてるし、服も変なにおいがついてる。。
ずーーーっと冷凍庫の中にあった氷みたいなにおい。何ーー??おえーー。七面鳥か!!!



夜行明けだけど、なぜか2度寝するほどあたしは疲れてなくて、そのままパソコンパチパチ。
振り返りながらアヤワスカのことを書くのが楽しくてしょうがない。
こんなに書き甲斐のある出来事はなかなかないね。まさに、いい経験、だった(と今なら思える)。




お昼までパチパチして、またか!て感じだけど中華街へ。
沖縄のソーキそばを食べたよー
RIMG3029.jpg


1人10ソル(≒300円)で少し高めだったけど、うまいーー!!
生姜最高


アヤワスカを飲んだ後約1ヶ月は、禁忌がいくつかあって、アルコール、豚肉、牛肉、その他赤身の肉、レモン、セックスは禁なんだって。
でもさっそくソーキそばに入ってたチャーシュー食べちゃったあたし達・・・
だってすごい美味しかったんだもん。

タマラは、
「アヤワスカのおかげで、体が今すごくきれいでピュアな状態になってるから、そういうものを食べたり、(アヤワスカを飲んでない他人と)セックスをしたりすると、汚いエネルギーが入ってきちゃうからやめたほうがいい。何がよくて何が悪いかは人によっても違うけど、悪いものに接したときは、自分でもそれがわかると思うよ。」
って言ってたけど、チャーシューは普通に美味しかったからいいのかなぁ

確かにサンフランシスコ村での食生活はかなり質素で量も少なかったから、胃がすごく縮んで、小食にはなったけどね




そして、明日のクスコ行きのバスチケットを買う。
ペルーはバス会社がすごくたくさんあって、バスやサービスのグレードによって料金もピンきりなんだけど、Cruz del Surっていう、かなりいいバスで行くことにした。
もうしょぼい夜行で疲れるのはやだ、との西川さんの意見。

安いのだと一人80ソル(≒2400円)とかの会社もあったけど、Cruz del Surは、150ソル(≒4500円)もするんだよー!!
たっけーーー!!ほぼ2倍よ??!

よーーし、どんだけ豪華なのか見てやろうじゃないの
バスターミナルまで行かなくても、Metroっていう宿の近くの大型スーパー内に、チケットぴあみたいなのがあって、そこでチケット買えたから楽でよかったよ(teleticketっていうとこ)。


あとね、スーパーの中のモニターでそのteleticketのCMをやってて、今月10日~19日まで、ペルー国立バレエ団がドン・キホーテやってるんだってー!!
久しぶりに、おなじみバレエの音楽と、振り付けを見れて、テンション上がったわ~~
ペルーにも国立バレエ団があるなんてちょっと驚き。
ちょっと見に行きたいな、と思ったけど、正装持ってないし、結局宿に帰ってネットいっぱいやったから、行きませんでした。




胃袋ほんとに超縮小したらしく、夜も全然お腹すかなくて、結局夜ご飯はバナナ一本でだった。
今お腹ぺったんこだよ。





あ、あと、こないだメキシコで買ったジーパン、これ
ふつうに日本でもはくと思う
RIMG3030.jpg
プロフィール

くじら日記

Author:くじら日記
2009年12月23日に結婚しました。
だんなさんは鍼灸師、わたしは病院での研修医を終えて、1年間の休みを取っての世界一周新婚旅行。
日記を、人が見てもいい文章で書くのってどうやってやるのかな…?と思いつつ、旅の記録を残したくてやってみました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。